<< 桂ざこば | ◇ | あのアニメにプロの実況と解説を付けてみた >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2009年04月18日(土) ◇ 超人ロック (アニメ、声優)

 ドラゴンボールZのビデオを見返してみたんです。Youtubeで公開されてた「ベジータ編とか、フリーザ編、セル編、魔人ブウ編をテンポ良くした」をダウンロードして保存してた物を。

 で、気が付いた事というか、思い出した事がひとつあって、スーパーサイヤ人を最初に見た時に、これって超人ロックからインスパイヤされたキャラじゃないかなぁと、ジャンプに連載されてた当時思ったのを思い出したのでした。超人ロックは髪の毛が緑色だし、スーパーサイヤ人は黄色(金色)。でもあの髪の毛のカクカクした感じを見て、スーパーサイヤ人って超人ロックっぽいキャラだなぁと思ったのでした。
 そんな事を考えてたら、同じドラゴンボールの天津飯を最初に見た時に、これって手塚治虫先生の「三つ目がとおる」じゃないかと思ったのも思い出して、そうそうと懐かしい気持ちになって、そもそも孫悟空っていうキャラ名も、「西遊記」のパクリだよなぁと思ったのでした。
 いや、この記事では、ドラゴンボールのこういう事を「パクリ」だと書くつもりじゃないんです。リスペクトだし、十分許される範囲だと当時から思ってましたし、よく見ると、天津飯もスーパーサイヤ人も、鳥山明先生の画力で、オリジナルのキャラとして描かれています。それは、みんな納得してる事じゃないかと思うのです。

 で、鳥山明先生の絵、というかデッサンの特徴っていうのは、キャラとの距離感をきちんと描いている所が漫画デザインの一番の進化と思ったのです。どこにもいないスーパーサイヤ人孫悟空っていうキャラを描く時に、右肩と左肩の大きさの違いとか、手や足や頭髪、表情の大きさの違いや歪みというのが一番わかりやすいんでしょうか。そういうキャラの描き方で、遠近感、キャラとの距離をデッサンできちんと見せる、その距離感をきちんと演出する映画的な、そこにキャラが存在している感をきちんと表現する、そこが、鳥山明先生のデッサンの特徴と思うのです。

 もっと言うと、鳥山明先生自身のデッサンの進化と、悟空とライバルの強さの進化がシンクロして、ものすごい強さとかありえないスピード感を表現していったのが、ドラゴンボールの歴史というか魅力と思うのです。
 筋肉の描き方が、Zになった辺りから変わった事や、キャラの表情の豊かさはよく聞きますが、デッサン力で、視点とキャラの距離の自在な操作、キャラの視点から見た相手キャラの表現などが、極限まで高められてゆくのが、ドラゴンボール(Z)の魅力と思ったのです。悟空が大人になる前のドラゴンボールが、イラスト的、平面的な、視点が客観的に一定の距離に定まっている感じだったのと大分違うと思ったのでした。
 そうやって見ると、イラスト的→劇画的に変化させてゆく過程と悟空が強くなる過程をシンクロさせるのがドラゴンボール流の表現だったし、ドラゴンボールの「終り」っていうのは、画力で表現できる強さの終りかなと思ったのでした。

 そうやって見ると、GTだと鳥山先生が、直接絵を描いている訳でないので、デッサンが過去のドラゴンボールZの焼き直しという感から抜けられないのは、まぁ、鳥山先生がこれ以上の強さを描けないという所以上を表現するのは、他の画家じゃ難しかったという事なのかと思いました。
 全然、タイトルの「超人ロック」とは外れてしまいましたが、鳥山明先生のデッサンていうのは、それまでのキャラのリスペクトでも、全く次元の高いデッサンでキャラを表現していたし、それはハリウッドの映画技術でも、なかなかそう簡単には太刀打ちできないものだろうなと思ったのでした。


  1. 2009/04/18 (土) 00:37
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 桂ざこば | ホーム | あのアニメにプロの実況と解説を付けてみた >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。