<< マクドナルドのコークグラス | ◇ | セルジオ越後 >>

2008年11月11日(火) ◇ 新語流行語大賞 (考えたこと)

 新語流行語大賞の候補の60語が発表されたようです。候補に漏れた言葉があるようです。きっと、本人が嫌がったり、不謹慎だろうという自粛で候補にしなかった言葉を拾い上げてみたいと思います。

 「わしが悪い。わしのやり方。」 (星野仙一北京オリンピック野球代表監督)
 これ、なんで入ってないんでしょうか。ブログライブの北京オリンピック関係の話題だと、北京オリンピック以降は、「星野監督 批判」、これ一色になってます。北京オリンピック3エラー、GG佐藤選手の「キモティー」が入っているのに、北京オリンピック惨敗の張本人、星野仙一氏が入ってないのは、おかしいなと思いました。

 「小室哲哉容疑者」 (マスコミ) 「小室桂子」(Keiko)
 もう、面白すぎ。加山雄三、和田アキ子ら芸能界からも叩かれまくる小室哲哉容疑者。可哀想でもあり、自業自得でもあり、ロックスターの転落、逮捕は、見ている第三者としては面白すぎです。「小室哲哉容疑者」がノミネートできないなら、「小室桂子」(Keiko)という新語を、ノミネートすると面白いです。

 「介護は恩返し」 (長門裕之、南田洋子夫妻)
 芸能人お宅訪問のボケ老人版。人気女優がボケた姿をテレビに映すことで、「あの南田洋子がああなっちゃったの~」と大衆の興味を引き、22.9%という高視聴率を上げたテレビ朝日の報道ドキュメンタリー番組。今やこの夫妻は、テレビ朝日のキラーコンテンツじゃないかと思います。次は、年末2時間スペシャルかもしれません。

 「五反田9800円のラブホ」(山本モナ、二岡智宏) 「9800円の所に行くな」(王元ソフトバンク監督)
 まだ、謹慎中のフリーアナウンサー山本モナさんと、日ハムにトレードが決まりそうな巨人選手会長の二岡智宏選手。この二人を扱う言葉が入ってないのは、不思議。あれだけ話題になったのに、なんで無視するんでしょうか。

 今年最も暴落したのは、二岡選手と、小室容疑者だったような気がします。二岡選手にしてみれば、坂本選手の台頭と同時に、モナさんとのオイタで「一晩で」大暴落、お気の毒でした。
  1. 2008/11/11 (火) 11:10
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



野久保直樹ご愛用のRALPH ROCKS

「羞恥心」野久保くんご愛用の香水をご紹介しています。
  1. 2008/12/01(月) 21:41:36 |
  2. 有名人ご用達ナビ新着情報
<< マクドナルドのコークグラス | ホーム | セルジオ越後 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads