<< 小室桂子 | ◇ | マクドナルドのコークグラス >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2008年11月09日(日) ◇ 尾花高夫 (スポーツ)

 うーん、納得いかなかったなぁ。西武ライオンズの逆転勝利というより、7回まで1点リードしての逆転負けだから、巨人の継投ミスで逆転負けといった感じが大きかったです。
 8回の越智投手の続投から疑問が残ったし、シーズンと同じ様に、八回山口-九回クルーンで繋ぐべきだったんじゃないかなぁ。後付ですけどね。日本シリーズ第5戦での尾花高夫投手総合コーチの継投が素晴らしかっただけに残念です。
 8回の越智続投、同点にされても続投っていうのが、理解できなかったです。片岡の死球から盗塁、送りバント、内野ゴロで同点っていうのは、やっぱりショックが大きかったという所で、同点の時点では最悪でも、越智投手を代えないといけないと思いました。
 まだ、同点なんだし、山口投手を投入してなんとしても、同点で踏ん張って欲しかったです。

 やるべき事、つまり、中継ぎ陣を投入して負けたって事なら、今年の巨人の勝ってきたパターンだし、負けても納得いったと思うんです。最後に、継投ミス、というか、投入するべき山口投手、クルーン投手を投入できなかった、投入時期を逸したのは、尾花高夫投手総合コーチのミスとしかいえないんでしょう。
 この伏線をいうと、土曜の第6戦で、3点負けている所で山口投手を2イニング登板させた時に、「ここで山口?バーンサイドじゃないの?。」って口走りながら見ていたのを思い出しました。ここで、負けゲームなのに、勝ちパターンの山口投手を投入したのが、第7戦での山口投手の投入をためらわせた事は、十分想像できます。

 逆にいうと、昨日の西武の岸投手、中二日中継ぎ投入から始まって、今日は、石井投手、涌井投手がシリーズで3回目の登板まで見せて、一点差でピッタリ迫って離されない投球に、巨人のコーチ陣も微妙に判断を狂わされたのかなと思います。

 にしても、シーズン通して見ると、これだけ素晴らしい中継ぎ陣を調整してきた、尾花高夫投手総合コーチの手腕は見事と思います。
 巨人の中継ぎ陣で、西村投手、越智投手、山口投手と、何人も育ってきたので、日本一にあとアウト6つまで迫れた訳だし、今年のこの経験をバネにして、是非、来年こそ、日本一を奪回してもらいたいと思いました。
  1. 2008/11/09 (日) 22:24
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 小室桂子 | ホーム | マクドナルドのコークグラス >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。