<< 富石薫 | ◇ | 明治チョコレートソルティープラリネ >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2008年09月22日(月) ◇ クローン人間 (考えたこと)

 いや、ふっと、イチローのクローン受精卵が売り出されたら、どんなに便利かと思ったんです。
 うまく育てれば、というか、野球をちゃんと教えれば、イチローに育つんです。
 自分の遺伝子より、イチローとか、松井秀とか、中村俊輔のクローン遺伝子を持った子の方が、幸せになれそうな気がします。むしろ、イチロー本人が自分のクローンを育てたら、やっぱりイチローに育つのかとか、よく自分の遺伝子を残したい的な事を言うじゃないですか。そしたらイチロー本人がイチローのクローンを育てたら100%イチローな訳です。

 そしたら、「イチローに育つ」ってわかってる分、オリジナルのイチローより、いつ病気になるかとか、怪我するかとかわかる分、イチローよりイチローらしく育つと思うんです。
 たくさんのイチロークローン受精卵が発売されたら、プロ野球のどのチームもイチロー一色、センターもライトもレフトもイチローなんてことになりかねません。で、みんなメジャーに行きたがって、今度は、メジャーがイチローラッシュに、、、、。
 そうなると、どのイチローがよりイチローに育ったかっていう育成の勝負になるんでしょう。

 ピッチャーだと、松坂クローンが席巻して、抑えは、佐々木クローンと、藤川クローンがいい勝負。バッターは、松井秀クローン、キャッチャーは、阿部クローン、内野手は、長嶋クローン。非クローンが頑張っても、いい選手に育つかわかりませんが、クローンは必ず努力が報われるわけですし、球団も学校も親も安心して育てられるわけです。そりゃ、イチローになる選手と、それ以外になる選手のどちらを野球選手に育てるかを考えれば、答えは明快です。
 で、野球選手は、クローンがなる職業になる。

 まぁ、大体、これと似たようなことが、政界では起こっていて、二世議員ばっかりです。カバン、地盤、看板、この三つを引き継ぐ二世が政治をやるんですね。
 野球の世界は、遺伝子的にクローンじゃないと、野球の実力までは完全には引き継げないみたいで、ミスター二世、野村二世というだけじゃ、親の様には大成しないようです。そういう意味じゃ、野球界は、実力の世界なんでしょうが、政治の世界は、実力のあるなしより、カバン、地盤、看板の構造がクローンなら議員になれるし、そういう議員ばっかの中じゃ総理大臣にも代表にもなれるんでしょう。

 あ、麻生自民党総裁就任ですか、小沢民主党代表就任ですか、そうですか。
  1. 2008/09/22 (月) 14:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 富石薫 | ホーム | 明治チョコレートソルティープラリネ >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。