<< 渡辺恒雄 | ◇ | 太田雄貴 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2008年08月27日(水) ◇ 大野豊 (スポーツ)

 大野豊投手コーチ、広島カープ出身、アテネ、北京と投手コーチとして手腕を振るった方です。
 また、野球の話、しかも、終わった北京オリンピックの話で恐縮です。たぶん、これで終りと思います。

岩瀬、決勝弾献上…炎上ブルペン大混乱 「北京五輪・野球、韓国6-2日本」(22日)
> その裏ではブルペンも混乱していた。岩瀬が金東柱に中前打を許したところで、ベンチは涌井への交代を決断。だが本人は一度、肩を作って休憩していたところだった。
> 「金東柱のところでダルが行く予定だったけど…。スンヨプに打たれて涌井ということになったけど、ダルが投球練習をしていた」と大野投手コーチ。準備不足の右腕は、失策も重なり決定的な2点を奪われた。

 しかし、このデイリーの記事を読むと、星野監督がダルビッシュ投手を投入する予定で、大野豊投手コーチに指示を出してたのを、急遽岩瀬投手に変えたっていう風に読めます。
 同点の時点で、大野豊コーチがダルビッシュ投手投入を準備していて、星野監督は、岩瀬投手を投入したのか。これ、大野豊コーチのせいじゃなくて、星野監督のせいじゃん。
 というか、準備させてたダルビッシュ投手を投入せず、岩瀬投手を投入した星野監督が悪いんじゃん。

 年末のスポーツ特集とか、、、あぁ、星野監督続投じゃ語れないな。
 その後の北京秘話みたいな話になるのかな。「大野豊コーチが語る、北京オリンピック惨敗の真実」みたいな本での話になるんでしょうか。「大野豊 ブログ」で検索しましたが、大野豊さんのブログは見つかりませんでしたし、まぁ、大野豊さんの公式ブログがあっても、ブログに書くような話じゃない、本のネタになるプレミアムな話でしょう。
 やっぱり、星野ジャパンの癌は、星野監督。WBC監督続投に進んでるみたいですが、こんな采配を経験したコーチ陣、選手はどう思ってるんだろう。思うところがあっても、今の状況じゃ何も言えないなぁ。こんなことでいいんでしょうか。
  1. 2008/08/27 (水) 06:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 渡辺恒雄 | ホーム | 太田雄貴 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。