<< GG佐藤 | ◇ | 星野仙一批判 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2008年08月25日(月) ◇ 野村ジャパン (スポーツ)

 「野村ジャパン」というタイトルで、記事を書くことにしました。いや、星野仙一北京オリンピック日本代表監督続投でNPBが動いていると記事にされててビックリして、星野仙一氏には、次のWBCの監督をして欲しくないと思ったのです。
 「野村ジャパン」の可能性を記者に聞かれて、野村監督は、「俺にはスーパースターは束ねられない。」って言ったそうですが、ある意味、大正解です。最も否定的な面をすっと掬い上げるいかにも野村監督らしい分析です。
 日本代表の勝利のみを考えた正確な代表選考と采配が求められる短期決戦では、その分析力を生かして選考と采配をしてもらいたいんです。

 日本代表の野球はどうあるべきなのか、短期決戦はどう戦うべきなのかを、リーグ優勝5回、うち日本シリーズ優勝3回の経験を生かして見せてもらいたいのです。確かに、集金力や人気では、野村監督は、星野監督にかなわないかもしれませんが、監督としての選手を見る目や采配、実績では、野村監督は星野監督の数段上を行ってると思います。それに、目の前の勝負に徹した采配をしてくれると思うのです。今回のGG佐藤が準決勝でああだったのに決勝でも使った事をみるにつけ、星野監督の采配以下になることだけはないと思うのです。
 古田ヘッドコーチなんていう身内で固めないで、色々な意見を持ったコーチを集めて、野村監督とぶつかりながら、正しい選考と采配をしてもらいたいと思うのです。「守備コーチカツノリ」とかやって代表を私物化しなければ、優勝できるできないでなく、日本野球のレベルにあった選考と采配をして、納得のゆく結果と成績を残してくれると思うのです。

 そう、星野監督は、「一番光り輝けるものを持って帰る」って大口叩いたのが、まず、間違いだったんです。まさに、星野ジャパンは、「驕る平家久しからず」っていう諺が当てはまりました。
 野村ジャパンなら、謙虚に月見草の様に、地味だけど、着実に成績を残してもらえると思うのです。野球日本代表の再建には、もっとも相応しい人物と思います。
 あと、落合ジャパンとか、原ジャパンとか、梨田ジャパンも考えたんです。この方々はどなたもいずれ、代表監督をされると思います。年齢経験実績から、野村克也さんが最も上だし、年齢的に今しかないと思うのです。あとは、広岡ジャパンも考えましたが、年齢的に、無理だろうなと。中畑ジャパンは、ある意味長嶋ジャパンとして、アテネで結果は銅メダルで堂々たるものと思いますが、今じゃないと思います。高田ジャパンは、日本一っていう実績がないからなぁ。
 楽天の監督も3年で契約が切れるし、今年3月のWBCには、丁度タイミングがいいと思います。

 野村克也氏が、WBC監督になった「野村ジャパン」を見たいと思いました。
  1. 2008/08/25 (月) 10:42
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< GG佐藤 | ホーム | 星野仙一批判 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。