<< 平岡拓晃 | ◇ | 野口みずき >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



稲場 政司:盗聴器発見マニュアル

一般的に、個人宅を業者が調べる時に、一度の調査料金で、3万円~10万円くらいの費用がかかりますしかし、実は、まったく盗聴調査の経験もない、ごく普通の主婦でも、素人でも、盗聴器を簡単に発見することはできるのです。
  1. 2008/10/14(火) 15:19:02 |
  2. お悩み解決web

2008年08月11日(月) ◇ デスノート (考えたこと)

 デスノートの漫画を読みました。今さら感が漂うネタでしょう。もう2年前に完結していたのですが、全く見たことがありませんでして、週刊少年ジャンプで連載されていたこととか、アニメになってたこととか、よく知りませんでした。ニコニコ動画で、ネタで死神とか、Lらしき人が時々出てきて、この絵不健康そうだなぁと思いながら見てたのでした。

 で、デスノートの感想です。何で、主人公の夜神月(やがみ らいと)が、FBIの捜査官を何人も殺したのかが、よくわかりませんでした。あれが、不思議、、、。
 最初に、このシーンを見た時に、別に尾行されているくらいで、殺す必要もないでしょう、、、と思ったし、その後、夜神月の自室にLに盗聴器、盗撮器を仕掛けられた時に、すぐ見抜いていたりとか、デスノートの隠し場所で二重底で開けると火の付く机の引き出しを作ったりとか、行動力があったり手先がとても器用で、頭の良い事が披露されるにつれて、夜神月が犯罪者以外の人間を殺すにしては動機があっさりしすぎで、理解できませんでした。

 まぁ、あそこで、デスノートを使った大量殺人者としての夜神月=キラと、正義の探偵Lっていう構図を作らないと、マンガとして話が進まないという事なんでしょう。普通に、夜神月が尾行されているのに気が付いて放置していて、尾行から逃れたら、Lから夜神月への接点が存在しなくなる訳ですから、その後のマンガ的な展開も何もないわけです。

 あそこからの展開は、ラッキーマン作者のガモウひろし先生が、デスノート原作の大場つぐみさんと言われるというのを聞いて頷けたのですが、夜神月が捕まらないように、でもLの捜査が進むようにという微妙な線で、夜神月と、Lの双方に緻密な「ラッキー」が起こるという展開になる訳です。
 FBI捜査官が、尾行相手に身分証明書を見せるのも「ラッキー」だし、FBI捜査官のフィアンセが夜神月に名乗るのも「ラッキー」と言えると思います。

 Lを殺すトリックでは、死神レムが弥海砂(あまね みさ)をLから助けるためにLを殺してくれたという「ラッキー」があったから、夜神月が勝てたわけです。
 ここがひっかかった部分の一つです。死神レムは、最初から最後まで、弥海砂の寿命がずっと見えている訳です。目の交換をした後は、レム視点で見てると、レムがLを殺さなかった場合の弥海砂の寿命(これをX歳とします。)が見えているはずです。
 そのX歳は、Lに逮捕されて死刑になるかするわけで、比較的近い時点の寿命が見えているはずです。じゃなければ、死神レムがLを殺す動機もなくなるわけです。
 とすると、X歳は、25歳とか30歳です。眼の取引をする前は、X歳の倍だから、60歳とかです。
 25歳とか30歳とかに寿命がなったのは、目の取引をしたから夜神月(キラ)を見つけることが出来ることになって、Lに捕まることになったという因果関係の出来も良いと思います。

 その前、遡ると死神レムが、ヨツバ火口にノートを渡したのが不思議で、要は、夜神月がキラ同等の誰かを作って逮捕してノートと記憶を取り戻す筈というのはミエミエな訳で、死神レム自身が適当に犯罪者をキラ同様に殺してればいいと思ったのでした。これも、「ラッキー」以外の何物でもないでしょう。
 弥海砂と夜神月の記憶がなくなり監禁されていた時点で、レムが火口にノートを渡さずキラ裁きを行いつづければ、キラ=弥海砂という疑いは晴れることになるはずです。
 その時には、弥海砂と夜神月のデスノートに関する記憶は消えたままという事になる訳です。その方が、弥海砂、夜神月ともに、デスノートとの接点を失う訳で、レムにとって、夜神月の為に目の取引をしようとする弥海砂の寿命を延ばす為なら良い選択の筈です。

 ただ、この場合、弥海砂は、25歳とか30歳で死ぬという事をレムは知っています。弥海砂を逮捕までしたわけですから、Lがその死のキーになってることは容易にレムにも想像がつく筈です。
 やはり、その後、レムがLを殺して、Lが弥海砂の死の鍵になっている場合は、弥海砂の寿命が伸びてレムが死ぬし、そうでない場合は弥海砂の寿命が伸びずレムは死なない、そして、レムは、弥海砂の寿命まで、弥海砂の寿命を延ばすためにキラとして殺人を続けるというエンディングになるでしょう。

 まぁ、このシナリオじゃ、ここでエンディングですから、レムがキラ裁きをしようと考えなかった、死神はあまり頭がよくないっていう「ラッキー」を入れないといけなかったんでしょう。そもそも、Lを殺して話が続くために、死神レムが弥海砂に好意を持っているっていう、夜神月は知ってて、Lの知らないロジックを持ち込んだのでしょう。
 しかし、ノートを交換して、捜査本部にレムが入るようにして、レムにLを殺させるっていうトリックは、よくできてます。
  1. 2008/08/11 (月) 14:07
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



稲場 政司:盗聴器発見マニュアル

一般的に、個人宅を業者が調べる時に、一度の調査料金で、3万円~10万円くらいの費用がかかりますしかし、実は、まったく盗聴調査の経験もない、ごく普通の主婦でも、素人でも、盗聴器を簡単に発見することはできるのです。
  1. 2008/10/14(火) 15:19:02 |
  2. お悩み解決web
<< 平岡拓晃 | ホーム | 野口みずき >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。