<< タモリ | ◇ | 北京オリンピック開会式の感想 >>

2008年08月08日(金) ◇ 反町康治 (スポーツ)

 反町ジャパン。アメリカ相手に負けました。予想してましたが、予想通りになると、嬉しくないものです。

 サッカーファンは、どう見ているのか知りませんが、私個人としては、9月のワールドカップ最終予選バーレーンでのアウェイ戦のために、オーバーエイジ枠を温存して臨んだ北京オリンピックと理解していまして、最初から、この年代はオリンピックじゃ勝てないだろうと協会も踏んでいて、その通りの結果だった訳で、ゴールキーパーの脇をスルスルとすり抜けていった決勝点が、川口だったら捕れてたんじゃないかとか、大久保がダメなら、佐藤隼人とか、他にもフォワードがいたんじゃないかとか、中澤とかヘッドの強い選手もいたんじゃないかとか、そういう事は全て意味ないと思います。

 たぶん、反町ジャパンは3連敗して予選リーグで敗退するんじゃないかと予想していますから、まぁ、それでも、バーレーンでのアウェイ戦に勝ってくれれば、というか、そこに勝つ為に全部を集中するためなら理解できる話と思ってます。
 むしろ、俊輔とかが、ちゃんとバーレーン戦に間に合ってくれるかということが、本当に気になってますから、なんか、こういう話をすると、オリンピックムードはぶち壊しなんで解説者の方も言えないんでしょう。
 そんなチームを率いる反町康治監督の心中を察すると余りあります。もし、反町康治さんが、ブログを書いてたら、どんな内容なんでしょう。私はサッカー自体は素人ですが、こんな感想を持つ訳で、いつか反町康治さんが、北京オリンピックについてブログに書く日がくるのでしょうか。

 いや、反町ジャパンを応援してない訳じゃなくて、バーレーン戦に臨むフル代表に影響がないメンバーで戦っている北京オリンピックな訳で、オーバーエイジ枠を投入してアメリカ戦勝つか引き分けで、残り2戦負けて予選落ちという結果になるよりは、バーレーン戦に影響が及ばない分、この方がいいのかなと思うだけで、反町ジャパンを応援しています。
 サッカーは何が起こるかわからない訳ですから、反町ジャパンのメンバーで勝てたら勝てたでいいわけですし、負けても参加した選手にはいい経験になる訳です。

 がんばれ、反町ジャパン。がんばれ、反町康治さん。
  1. 2008/08/08 (金) 09:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< タモリ | ホーム | 北京オリンピック開会式の感想 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads