<< 前の記事 | ◇ |

2014年03月25日(火) ◇ U-NEXTがヤマダ電機と提携、格安SIMカード、1GB/月まで680円→1GB超/月1980円、3GB/月超128kbps (PC携帯ゲーム)

 U-NEXTがヤマダ電機と提携、格安ドコモMVMO SIMカード。
 1GB/月まで680円→1GB超/月1980円、3GB/月超128kbps、SMSオプション100円/月。

 680円/月「おっ安い。」と思いきや、1GB超えたら1980円。ライトユーザやスマホ初心者には、この契約が十分かも。

 これと、MNPで一括0円CB有りで買ったHW-01Eを組み合わせたり、今ドコモで売ってるMNP一括0円CB有りの複数台iPhone5sとか組み合わせたら、すごく安くなりそう。

 なるべく安くイニシャルコストとランニングコストを抑えて買うのも、ネットのお得な使い方です。

 端末を一括0円で買った場合も、パケ代がかかるから、パケットはこっちに乗り換えて、パケ代を抑えるのも手。
 メインの回線は、XiからFOMAのメール放題に戻したりして、ガラケーとスマホの2台持ちにするのがいいかな。
  1. 2014/03/25 (火) 10:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2014年03月13日(木) ◇ 高齢者のPCセキュリティ意識が薄い事が問題にならない風潮 (PC携帯ゲーム)

 今、日本のPCセキュリティ意識が薄いPCユーザー(特に高齢者)が、世界中のハッカーから狙われている、、こう言って言い過ぎじゃないだろう。
 是非以前に、WindowsXpのサポートをマイクロソフトが2014年4月で止める事自体を知らなかったり、そもそもOSが何かすら知らなかったり、Webを見るのに使ってるソフトが何なのかも知らない高齢者ユーザがたくさんいる。

 嘆かわしい事に、プロバイダは光回線を高く売る事にご執心で、パソコンメーカーは新しいパソコンを売る事に熱心で、ポータルサイトは、自分のサイトにユーザを集める事に熱心。マイクロソフトは、拡張子を隠して見栄えを良くして、ファイルの種類を理解しないユーザを増やす事に貢献してます。ケイタイ会社は、パケット上限料金の高いスマホ普及に夢中で、テレビ広告をバンバン打つから、テレビは、スマホのパケ代上限や、スマホ機種分割代金が高い事に批判的な番組内容は放送しない。
 で、そんな結果、実行ファイルが何かすら認識しないPCに無知なユーザーがネットを使う状況になっています。

 PCが普及すれば、誰もがPCスキルを磨く機会を得る事になり、みんなのPCスキルが上がる、、、なんて事にならず、地デジテレビのリモコンを押す位の知識で、みんながヤフー検索をする事になってます。
 今、全くの初心者向けのPC雑誌があるのか調べたけど、見つかんなかった。ファイルって何?OSって何?Windowsって何?拡張子って何?実行ファイルって何?パソコンとインターネットってどう違うの?。iPhoneとスマホって何が違うの?。っていう人が、続々とPCでヤフー検索をして楽しむという、恐ろしい状況になってます。

 パケ代上限の高いiモードで、PCを何も分からなくてもインターネットメールやインターネットモドキができちゃうから、ユーザのPCスキルが伸びるのをスポイルしたろうなというのもあり。で、PCについて何も知らないまま、iモードから何も知らないでも使える、もっとパケフラ上限代金の高いiPhoneへ横滑り。
 初心者が一からPCを学ぶ動機もなく、学ぶ機会が結局訪れなくて、PCが買えて、高い月額費用を払えばケーブルテレビの会社がLAN設定を全部してくれるもんだから、バカばっかりになる。
 高齢の今だにPC初心者は、PCから去れ、自分で一から勉強しろ!と言っても、それらしい書籍も売れないので、書籍も見つからない。

 で、セキュリティに穴だらけのWindowsやjava、FlashPlayerが跳梁跋扈してても問題意識もない。子供でもパソコンを使えるので、世界中のハッカーと相互につながる(ことが容易な)情報機器を扱う意識がない。逆なんだよなぁ。むしろ、子供の方が全然しっかりしてるというね。
  1. 2014/03/13 (木) 16:52
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2014年03月11日(火) ◇ 危険料を払うから、故郷に住めなくなるリスクを抱えなさい (考えたこと)

 NHKの「あさいち」を見てたら、福島県大熊町から会津若松に避難してきた高校生が、「原発は恨んでいない。」って言ってました。NHKは、大枚をかけて取材して、国にとって都合がイイ高校生、都合のいい事実を探して編集して放映する。たくさんの大熊町の人が原発を恨んでるだろうに。それは映さない。
 人間あまりにもひどく騙されると騙された事自体を騙されたって受け止められなくなる。
 多分、この高校生の親や親せきはたくさん東電からお金をもらったか、原発で仕事をして、たくさんお金をもらったんだろう。
 本人がした訳じゃない親とかがしてきた事や歴史の結果、暗澹たる現実に、まともな判断が出来ないんだろう。

 要するに、原発安全神話とお金と仕事を掴まされて、代償に故郷を奪われた損得勘定。家族丸ごと一族丸ごと国や東電に騙されたのが実態です。だから大した反対運動もなかったのでしょう。
 故郷に住めなくなるリスクって、お金で購えるものじゃないけど、それをお金で売らされた大熊町の住民たち。民主主義と拝金主義じゃ故郷は守れないという例と考えます。

 福島は、藩時代の支配地域の会津、郡山、いわきに県を配置すべき所を、戊辰戦争で負けたそれらの地域を弱体化するため、彼らの意向を県レベルで汲みあげない様に、福島市に福島県庁を置いて支配した、その政治システムを利用して、原発を配置したのです。
 浜通りのいわき市に県庁所在地がある「いわき県」があったら、住めなくなった土地が県の面積に占める割合は、今よりずっと多い比率になっていた。そうやって「いわき県」の住民の利を貫く力を弱めた結果です。

 危険料を払うから、故郷に住めなくなるリスクを抱えなさいっていうのが、原発稼働という歴史。
 そこを直視しないで、3.11の直視もないし、風化なんてありえない。
 NHKによる情報操作って、こんなに高校生レベルで着実に成果をあげてるよ!っていう暗澹たる番組でした。
  1. 2014/03/11 (火) 11:43
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2014年03月09日(日) ◇ セキュリティ意識(知識)の薄い(無い)高齢者を狙ったWEB攻撃 (PC携帯ゲーム)

 セキュリティ意識(知識)の薄い(無い)高齢者を狙ったWEB攻撃 への対策2014

■Google、ヤフーなどの検索サイトの「広告」をクリックしない。

 検索サイトの「広告」は、詐欺サイトやフィッシングサイトへのリンク(そこから手動で実行ファイルをダウンロードさせる。)を紛れ込ませることが出来るので、クリックしない。

■あらゆるサイトのGoogle「広告」をクリックしない。

 Google「広告」にも、詐欺サイトやフィッシングサイトへのリンクを紛れ込ませることが可能。
 これをセキュリティのために推奨すると書いてるサイトやブログって、ほとんどないんじゃないか。
 多くのサイトがGoogleアドセンスを入れてるから、自分のサイトにあるGoogle「広告」はクリックしてもらわないと金にならないので、常識として思ってても書かないことかも。

■あらゆる所(銀行、ショッピングサイトなど)から来たメールに書かれている「URL」をクリックしない。

 ショッピングサイトから「○○特別セール!」とかメールに書いてあって、メールに書かれたURLをクリックすると、偽サイトにリンクしてる可能性がある。
 偽サイトでは、「IDとパスワードのほかに、「特別に」クレジット番号を再認証するので入力してください。」なんて書かれてあれば、容易にクレジット番号がフィッシングされるのが、想像できる。

■セキュリティ意識の薄い高齢者は、インターネットを使わない。または、Windows系OSを使わない。

 上に書かれてあることを読んでもちんぷんかんぷんな、というか、そういう高齢者は、こんな記事読まないだろうけど、管理者の側としては、インターネットを高齢者から遠ざけるのが一番の対策。

 最近の経験上、高齢者ユーザーの多くは、セキュリティの問題を言われても理解できないし、すぐ忘れる。
 また、ネット上から最新のセキュリティの情報を自ら入手することも、とても少ない。

 高齢者ユーザーの周りが、Windowsなど狙われているOSから、まだ狙われる頻度が少ないAndroidのタブレットに移行させるのも有効。
 Androidタブレットは、Googleアカウントを削除して、マーケットに接続してダウンロードできなくする。
 本当は、アプリのアップデートだけ自動で出来て、Androidマーケットから新たにアプリをダウンロードできない設定が必要。

■高齢者向けのパソコン教室は、通わない。

 何々ができる!という内容ばかりで、WindowsPCを使う上で欠かせないセキュリティ対策の内容がほとんど見つからなかった。何かが出来るようになるより、何も出来なくても、ネット、PCでは多数いる攻撃者から自衛する方法をまず覚える必要があるのに。

 何かを覚えてできるようになって、それがゆえに攻撃者から攻撃される状況になりかねない。未然に防ぐには、高齢者向けのパソコン教室には、通わない。
  1. 2014/03/09 (日) 17:45
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2014年03月09日(日) ◇ 福島県産米がスーパーにない (考えたこと)

 もうすぐ3.11から3年。それっぽい番組がテレビでやってます。相変わらず都合の悪い事は、言わない方式。
 福島の事を津波の事を風化しないよう、にとか言ってますが、最初からテレビは直視しない訳で、ずっと最初から風化してたのと同じです。

 福島県産米が相変わらず、首都圏のスーパーにない事も言わないし、理由も言及しない。売れれば、スーパーは入荷するんだから、福島県産米が売れないから、スーパーは入荷しない。福島県米は、おそらく外食産業やお菓子の原料に安く買いたたかれているんでしょう。
 外食産業は、レジの後ろに福島県産米とかA4コピー用紙に10ポイントで小さく書いてあっても、まぁ大多数の消費者が気にしないで食べてる状況でしょう。

 東電福島第一原発事故前の基準(1ベクレル未満/kg)で見れば、セシウム米で食べられない米が出荷されてる現状ですから、それは、福島県米の「商品価値」が他県産より劣っている理由になり、福島県産米を買わない消費行動の理由になります。

 お歳暮やお中元に、福島県産のコメやモモを送りますか?。

 風評被害言ってるけど、「商品作物」ですから、東電福島第一原発事故前の基準での「セシウム米」と(西日本産の)セシウム米じゃないのが店にあれば、両者は比較対象になり、前者を買わない消費者の判断には、セシウム含有の「有無」という「科学的根拠」があります。これを合理的に払拭するには、事故前の基準、セシウムが1ベクレル未満/kgに戻すこと。そうすると福島の大部分で米が作れなくなる、それ位の環境汚染です。福島の農地の土を全部入れ替えるのは、莫大な費用がかかって不可能なのでしょう。

 それを直接言及出来もせず、復興復旧言っても現実を直視できない奴をまたテレビはやってるなぁという感じです。もっと何年も何十年もたって当事者も責任者もいなくなってから、初めて皆さんご存じのように的に言い出すんでしょう。

 今さら福島原発の残骸の所に行ってリポートしてる人を見かけますが、そこは被害を受けた場所じゃありません。画面に映る鉄骨や建屋を映してもほとんど意味ありません。有毒でナカナカ片づけられない瓦礫が東電の敷地にあるから、周りの人が苦しんでいるわけではありません。

 環境汚染は、本来事業者が責任を持って元に戻さなきゃいけないのに、それをしない、それが莫大な費用がかかって事実上不可能な事が問題です。さらに、事故の補償が十分でない事が問題です。移住せざるを得ない人、戻らざるを得ない人、仕事を失った人、農業を続けざるを得ない人、農業を止めざるを得ない人。
 どんな選択でも自由にできるべきで、失ったものを全部保障される必要があります。
  1. 2014/03/09 (日) 11:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads