<< 前の記事 | ◇ |

2013年08月30日(金) ◇ 死なないで (考えたこと)

 ふとした就活で 挫折にぶつかる
 不採用(ふさいよう)の悔しさ 覚えているでしょ
 ブラック企業の誘いに応じた
 馬車馬のように 働いてる
 あなたでいてね

 死なないで 派遣社員で
 年収200万以下で
 結婚できなくても
 それが君の実力
 追いかけて 負け犬の夢

 空洞化した後 仕事が減ったら
 追い出し部屋サと おどけてみせるの
 無職じゃ正社員と一緒に遊べない
 前は そんな事言ってた 
 忘れないで

 死なないで 無職でも
 ゴールは近づいてる
 どんなに死にたくても
 いづれは そうなるから
 感じてね 貧しい老後

 死なないで 派遣社員で
 年収200万以下で
 結婚できなくても
 それが君の階級
 追いかけて 負け組の夢

 死なないで 無職でも
 コールセンターがある
 そんなに死にたいなら
 お薬を 増やしましょう
 感じてね 遥かな夢を
  1. 2013/08/30 (金) 18:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年08月26日(月) ◇ 中畑 謝罪 菅野 酷い (スポーツ)

 菅野投手酷い。6点差だっけか、点差が離れてるのに、投手が二塁打を打って追加点を取るってどういう事。相手投手だってカッカしてるんだから、次の打席でぶつけられるんじゃないの?。

 DeNAの中畑監督は、7点取られても10点取られて負けても一敗は一敗、1位巨人相手に投手をつぎ込んで戦うより3位以下の(DeNAとクライマックス進出の3位を争う)チーム相手に投手をつぎ込むために温存する、という事で、投手交代をしないのに、狙いが分かってないです。

 DeNAは巨人戦に手を抜いてるんじゃなくて、他の3位以下のチームと全力で戦う事が、万年6位、DeNA中畑監督のプロ野球の戦術としてより正しいんだから、中畑監督のメンツを潰さない程度の点差で勝つのが、プロの戦い方だろうに。

 あれじゃDeNAも巨人相手の負けゲームでも投手をつぎ込まざるを得なくなって、結局、他のチームとやる時に戦力が落ちるんだから、DeNA相手に点差をむやみに広げる事は、巨人のためにならないのです。
 プロがリーグ戦を戦うんだから、相手投手や中畑監督、ファンのメンツも立てて戦力も温存させて見せ場も作りつつ勝つのが自チームのためになる、プロらしいリーグ戦の戦い方です。
  1. 2013/08/26 (月) 16:45
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年08月26日(月) ◇ スマホの使い方 (PC携帯ゲーム)

 スマホの使い方、というか、携帯電話会社の狙いは、パケット代や機種代を含めたユーザ1人の1ヶ月の支払額が、4500円とか7000円いう状況に対するユーザの不満をいかにして封じ込めるかだろう。
 その為に、大多数のユーザに、スマホを1台7万円位で販売して、24回ローンを組ませて1ヶ月に3,000円位の支払いをさせて、その分パケ代を割り引いて、合計でMNPなら月5千円弱、機種変更なら月7千円位の支払いをさせる。
 納得してスマホを契約してもらうため、ブランド力の高い機種を導入して、スマホを中高生に一気に普及させて、未成年世代にとって、みんなが持ってる必需品にしてしまう。

 また情報に詳しい層(ガラケー時代からモバイル通信を使ってた層)には、ドコモMVMOなどで、980円/月で通信できるSIMを投入して、料金の不満を吸収する。
 2013年初春に東海で見られたXperiaZのMNP一括0円セールや、何ヶ月かに一度みられる型オチ機種の在庫セールでのMNP一括0円CB4~5万円というのも、一部情報に詳しい層の料金の不満を吸収する効果があるだろう。

 要するに、メディアには、広告費をばら撒き、情報に詳しい層には、限定した店舗と日時のCBで、現金をばら撒き、料金の不満が上がらないようにする。
 そして、中高大学生(や、その親)からは、高い通信料金、または機種代金を毎月ローンで支払わせるのが、ビジネスモデルという事になる。

 学生が持つには、スマホの1ヶ月の支払代金が高すぎるんじゃないの?っていう議論を新聞やテレビやネットメディアでさせないために、学割キャンペーンを打つ。大した割引になってないけど、広告主がついているので、新聞テレビラジオネットメディアは言わない。そういう情報はスルーして、みんなが知らないようになる。

 でもって、既存のガラケー、というか、メールで済みそうなLINEとかのアプリの流行や、ただ課金してガチャを回すだけの課金ゲーをソシャゲとか言って、各種メディアは流行を黙認する。

 スマホの使い方で、毎月4千円とか7千円とか払ってまで必要なスマホの使い方なんてない。ガラケーで十分。ばっさり言うとそんな感じ。それを言わせないためのメディア・ネット戦略というか、メディア・ネットの扇動の仕方というか、広告費を使った未成年世代の扇動っていうのか、それは、とっても凄い「スマホの使い方」だなって思うけど。
  1. 2013/08/26 (月) 14:03
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年08月25日(日) ◇ 宇宙戦艦ヤマト2199 第7章 ネタバレ (アニメ、声優)

 ヤマトを見ていたつもりが、デスラーが逆襲のシャアになってて、ガミラス星から宇宙空間の「新たなる帝都」にデスラー艦で脱出して、ガミラス星の総統府、帝都にアクシズを落とそうとして、それをヤマトがガミラス星側から総統府もろとも波動砲で壊していた、、。何を言ってるか分からないかもしれないけど。

 ヒトラーとか諸々の独裁者でも、戦況がそれほど悪化してないのに首都から脱出して自分で首都を壊す大量破壊兵器を投入するってのは記憶にないなぁ。その意味で旧作ヤマト以上に訳のわからない話になってた。
 大体ヤマトは単騎でガミラス星に突入してきてるのに、なんでデスラーが正面から迎え撃たないのか、まるで想像のつかない話だった。旧作は、一応ガミラス星の濃硫酸だったかの海にヤマトを沈める戦略だったような。
 アクシズがガミラス星に落ちるまで、20分もかかる、、対艦兵器じゃない。

 イスカンダルに向かうヤマトを磁力粒子兵器かなんかでガミラス星に引き込むのが旧作だったけど、いきなりデスラー砲でヤマトを狙うけど当たらなくて、、、ん、、、平和主義のイスカンダルと仲良くするのに、ガミラス星の国民をたくさん殺すっていう今作のデスラーの理屈は全く理解不能。

 ガミラス星を波動砲でヤマトが滅ぼすってのは、スターシャの平和主義と合わないって事で、デスラーのキャラクタを逆襲のシャアをモデルに?というか只の狂人に変えて辻褄を合わせたんだろうな。

 にしても、イスカンダルの港でコスモリバースシステムをもらえるかどうか待ってる間、おっぱい要員のミコトとかが水着回・海水浴回でイスカンダルの海でヤマトのカタパルトから飛び込んで泳ぐとは思いもよらなんだ。ヤマトに海水浴回があった事ってあったっけか。水着回も記憶にない、、この辺のサービスがいいのが萌えアニメ全盛の2013年のアニメらしいな。

 あとイスカンダルから地球に帰る時、波動砲発射口を何かふさいで武装解除?したヤマトはかっこよくなかった。コスモリバースシステムを動かす核が波動エンジンっていう設定はいいとして、波動砲発射口をいかにも黄色でふさぐ必要あったのか。

 そうそう、ヤマトの地球への帰り道に亜空間ゲートを使うんだけど、デスラー艦が亜空間の中で待ち伏せしてて、デスラー艦がヤマトに接触してガミロイドが大量に乗り込んできて白兵戦が始まって、デスラーも一緒にヤマトに乗り込んで艦長と話をしようとして撃たれてデスラー艦に帰るってのが、さらに渾沌とした話だったなぁ。
 旧作では、「ヤマトの諸君~」とか言って何度かデスラーがヤマトの艦長にに映像で話しかけてたけど、一回もそんなシーンは無かったな。あれをリメイクしようとしたら、白兵戦中に総統が直接ヤマトに乗り込んで来るっていう話に、、ならんだろ。どういう発想で考えたら、ああなったのか謎です。

 そのオチがコンピュータウイルスを放ってガミロイドのコンピュータを壊すってのは、モーパイで盛んに電子戦をやってたのを思い出しました。死んだ雪がコスモリバースシステムで生き返るのは、ヤマトのお約束だから微笑ましく見てたけどな。、、、あれ?コスモリバースシステムが万能ならガミラス星もコスモリバースシステムで直しちゃえばいいんじゃね?になるんだけど、死人が生き返るのは、ヤマト限定って事で。
  1. 2013/08/25 (日) 01:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2013年08月23日(金) ◇ 高校野球で最も弱いチーム (考えたこと)

 夏の高校野球の全国の頂点が決まったわけで、逆に地方大会1回戦で負けたチーム同士に試合を設定して、さらに負けたら負けたチーム同士で試合を設定して、の要領で負け残りトーナメントをやって各県代表を決めて、全国大会をやって、全国で最も弱いチームを決めたらどうなるんだろうか。

 野球は四球や死球を故意に出せば、わざと負けられるから、フォアボールの連発でわざと負けるチームが出てくるんだろうなぁ。なので、1試合に出せる四球と死球の数は、5つまで(1イニングは、2つまで)に限定して、それ以上四球と死球を出したら、来年の夏の大会が終わるまで対外試合禁止にする。
 故意四球死球禁止ルールに抵触した場合、勝ちにするか、負けにするかが悩ましい。勝ちにしたらそこで終わりに出来るから、負け残りトーナメントを終わりにしたいチームがわざと勝ちにして、来年の出場権をフイにしてもやるかもしれない。負けにしたら負け残りでわざと負けるチームを排除できないな。

 やっぱり、故意四球死球ルールに抵触したら「勝ち」にして、そこで負け残りトーナメントは終わり、で、来年は出場禁止が合理的だな。故意四球死球は、フェアプレー精神に反するものな。で、故意四球で負けるチームと四球しか投げられない投手しかいない位弱いチームを排除して、負け残りトーナメントを実施する。
 また、部員が試合に来ない場合も同様で「勝ち」にして来年の夏の大会が終わるまで対外試合禁止にする。

 すると試合に「勝つ」事でチームにとってのトーナメントが終わる事になる。勝ち残りトーナメントでは負ける事でチームにとってのトーナメントが終わる事の逆になる。もっと言うと、夏の高校野球のトーナメントでは、半分以上のチームが1回も勝たないでトーナメントを終えるのに、負け残りトーナメントをやれば、最後の1チームを除いて全てのチームが勝利の歓喜でトーナメントを終えられる。
 また、去年は3回負けたのに、今年は1回しか負けなかった、っていう順位付けもできるようになる。
 実際、どんなチームが全国一弱いチームになるのか、一応ストライクは取れるんだろうから、ゲームにはなるだろうなぁ。誰も見た事のない全国一弱いチームを争う高校野球の戦い。

 というか、あのクソ暑い中、連戦で肩を消耗して学校のために試合をやらされるのって、罰ゲームに見えたんで、勝ったら終わりにしてあげて欲しいと思いました。
 大体、準々決勝位まで勝ち残ったチームは、大して違いないだろうなぁ。
  1. 2013/08/23 (金) 16:16
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads