FC2ブログ
| ◇ | 次の記事 >>

2013年08月20日(火) ◇ 夏休みの自由研究のテーマ (PC携帯ゲーム)

 夏休みの自由研究のテーマって、今も悩みの種なのかな。小学生が理科系の事をなんか調べて研究しなきゃいけないっていう夏休みの自由研究。

 今や調べようと思えば、大概の事はネットで調べられる時代だから、夏休みの自由研究もネットに色々なテンプレがあるんだろうなぁ。スマホを安く買う方法とか、そんなのは自由研究にならんか。あんだけ中高生がスマホ持ってるのを見ると、みんな2年で十万も支払って買ってるんだろうなという感じ。

 ドコモでまともにツートップを機種変更で買うと諸々毎月7千円かかり、2年で16万8千円にもなるという。これじゃキャッシュバックいくらか貰っても、基本料が千円位毎月割引になっても、2年で1万2千円位か。焼け石に水。
 ならドコモからソフトバンクのiPhone5にMNPして、本体一括0円で毎月5千5百円位でも、安く見えるというマジックが起こるんだろうな。

 本気でスマホを安く買って使うなら、ドコモガラケー持ちなら、タイプ2in1(840円/月)をつけて3カ月放置して、ドコモのカムバック割を手続きして、2in1のB番号でMNPして、au一括0円キャッシュバック4~5万円のスマホを買う。
 で、auでパケット定額を切ってネットワーク契約を解約して、端末のモバイルネットワークも切って3ヶ月以上放置、いわゆる寝かせた状態にしてから、ドコモのスマホにMNPする。
 カムバック割で1万円、できればセット割でもう1万円引かせて、端末購入代金で2万円位の割引を確保。

 ドコモの一括0円のスマホでキャッシュバック数万円の機種なら、au解約違約金とかMNP費用とかdocomoの新規加入費用は捻出できてプラスもあるかも。
 で、ドコモのスマホを手に入れたら、タイプXi にねんだけ残して、あとのオプションは解約。SIMは日本通信とか、DTIの980円simを刺せば、データ専用の端末の完成。これなら月維持費用が、1000円。12か月以降は、基本利用料がかかるから、2000円/月。+ガラケーのメアドはそのまま使えて、ガラケーのパケットは、2段階定額でimode300円+タイプシンプルバリュー780円の1千円/月。

 とまぁ、こんな感じにすれば、月3千円程で、ドコモガラケーとドコモスマホの2台持ちを作れるけど、ここまでwebで調べて情報を纏められる小学生がいるならやった方がいいし、下手な理科系の夏休みの自由研究のテーマより、web上の情報を総合的に調べて生活に役立てる能力は役に立つ情報収集能力だなぁと。

 実際、twitterとかやってる小学生は何をしてるんだろうかと。こういう情報処理系の価格情報集めにパソコンを使わないで、何に使うんだろうかと。まぁPerlだのJavaだのJavaScriptだの言語、Excel VBAだって、Cだってパソコンで使えるんだろうに、で、それらの情報は、全部webに落ちてるから夏休みなんて調べ放題ですが、、。
 夏休みの自由研究でやるには、1ヶ月でMNP弾から作って結果出さないとだから、ヨドバシで日本通信のデータsimを3千円で買って、即ドコモにMNPで1万円の違約金払うのが手っ取り早いか。ちょっと高いか。
  1. 2013/08/20 (火) 18:31
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年08月15日(木) ◇ どうして始めた戦争を止められないのか (考えたこと)

 どうして始めた戦争を止められないのか。どうして老朽化した原発を止められないのか。
 安全神話、神国日本。どっちも神なる文字で例えられるなぁ。
 太平洋戦争なら沖縄戦の前に、原発なら25年で止めるべき。
 主観が入り込むのか。サイパン島、硫黄島が陥落して本土に直接空襲が止められなくなった時点で、いや連合艦隊が機能しなくなった時点で、ただ撃たれるだけの死に体なのに、沖縄、東京、全国が空襲され、広島、長崎まで。

 原発、日本軍に対する正常な批判・論評が行われないブラックボックスになってた事が大きな問題。
 NHK、朝日読売毎日のメディア寡占に、それらのラジオテレビ支配が追加されただけか。
 NHKは国に従ってれば受信料を取ってくれるし、民放は電通博報堂がくれる広告をたくさんの人に見せるための放送、広告主のための放送だし、新聞は寡占だから広告主に嫌な顔されないように、読者に広告主批判の情報を与えない。

 どこも国民のための情報を流す媒体じゃないんです。嘘じゃない情報の中から広告主のために、国のために取捨選択して流す媒体と言えます。アハハオホホの娯楽はそれでいいかもしれない。
 しかし戦争や原発のように、国と地方、都会と地方、国と国民、大企業と国民で利害が相反する事象については、情報を流せない媒体。それが戦争を止められない原因であり、原発を止められない原因です。
 よって、NHK民放新聞連合を解体すべき、というか、日本人が情報の収集でこれらへの依存を解体するべき、というのが処方箋になるのです。
  1. 2013/08/15 (木) 09:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年08月03日(土) ◇ 東電福島第一原発高濃度放射能汚染水問題はなぜ解決しないのか (考えたこと)

 まず、いわき地元の人達、汚染水で言えば、漁協、漁民に対する補償が十分でない、これは、国が警戒区域を作って追い出した人達への国の補償も。だから国や東電の主張する事に漁協、漁民が耳を貸さない。

 まず、こんな環境汚染を引き起こして、いわきの魚のブランドが無くなり、漁業権が失われた(未来においても)も同然の状況について責任を取って1人当たり何千万円も払うべき話。
 その社会的責任を放置して地下水を汲みたいです。海に捨てたいです。って東電が言っても、順序が違う話。

 警戒区域で追い出した人や近隣の漁協、漁民で事故によって失われた資産・収益は希望者に国と(東電が)弁済する話。
 まず国(と東電)は、近隣の人とのお金の問題を決着させなさい。それで初めて東電が地域の人にそこに居続けて事故処理を続けられるかの判断を仰げます。
 周りの人への取るべき金銭的責任すら(お金をケチって)取らない東電が環境に配慮すると言っても、社会的に順序が違うので成立しません。

 環境を戻すのか、お金で保障するのか、の二択に住民を分裂させて、結果、お金で保証しない事を長続きさせようとする国の手法は酷いです。放射能は除去できない死の町、死の海(ブランド的にも)と認めて、個々人にお金で保障、そして戻せないのに戻すという欺瞞(お金を一部業者にばらまいて住民を分裂させる除染)を止めるべきです。

 で、これらのロジックの一番最初の部分、浜通りの大部分がは死の町・いわきの海は死の海の事実を扱わない、大臣がそう言った事を叩いたり、そう見せない扱わないマスコミ。これはヒドイ。
 問題の起点を知らんぷり、見ないふりで伝えないで、多くの人に結論に辿りつかせない情報操作、空気作り。
 少数マスコミ、NHKを筆頭とする少数テレビラジオ新聞の寡占体制による情報操作は糺すべきガンと言えます。
  1. 2013/08/03 (土) 11:03
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
| ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads