<< 前の記事 | ◇ |

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

2013年01月31日(木) ◇ 体罰と時代 (考えたこと)

 30年前、私が中学生だった頃は、当然のように体育教師が生徒にケツバットなる事をしてた。
 いろんな場面で体育教師が罰として木製のバットで生徒のお尻を叩くという(怪我しないように力の加減はしてただろうけど)今のから見たら、体罰で先生は首になるだろう。
 当時は、ケツバットも別に問題になるわけでなく、ごく普通のよくある出来事だった。
 体育教師が剣道の竹刀持ってても不思議じゃなく、アレ痛そうだなと思ったから、覚えているというだけ。

 なんだかなぁ、体育会系の部活で普通に叩かれて育ってきた人が、指導者になって生徒や部員を叩いたらクビってのは割にあわんだろうなと思います。
 昔は生徒とか部員が指導者に叩かせたら、機嫌を損ねて叩かせた部員の方が悪い感覚があるかな。
 今は、生徒や部員に気持ちよく努力していただくよう指導者がお願いする時代かな。
 指導者が生徒や部員を不快に思っても、手を出したら終わり、サービス業です。

 なんていうのか、どんな手段を講じてでも勝てば、その過程の暴力はどうでもいいというか、そういう不条理を経てでも、勝つ事や結果・富が伴えばいい信仰があった時代なのかなと。日本中の富が増え続けた時代が背景にあって、暴力を振るったから富が増えたわけじゃないけど、増え続ける富を少しでも多くかき集める事が価値として求められて、少々の不条理や暴力は、手段として許容されるという。

 今は、日本中に満遍なく富が増える時代じゃないから、というか、富を偏って集中させるシステムを構築する事でないと、Jリーグをやるような、そういう事でないとスポーツが強くならない時代になってます。
 女子柔道はプロがないから割に合わないんです。だから素材が集まらないから強くならない、むしろ弱くなる。昔は、日本が満遍なく豊かになっていったから、スポーツをして体罰を受けても、それも強く豊かになる過程の一つと勘違いできたという。

 高校世代の指導者が何やっても、プロになれる子はなれるだけで、プロになれない子はなれない。高校生になった時点で世界と戦える子じゃなきゃ、高校でスポーツやってもプロになれないからスポーツをやっても豊かになれない。プロになれない多くの子にスポーツをやらせる事の無意味にみんな気がついた結果が、体罰への評価の変化につながってます。
 もっと言うと遺伝子レベルの才能の差でどうにもならないのがプロスポーツ。夢のない時代というか合理的というか。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/31 (木) 19:39
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年01月29日(火) ◇ 福島の真実 (考えたこと)

 美味しんぼ、福島の真実か。そもそも会津と磐城が福島県ってのが、おかしいんだな。戊辰戦争に負けたから、廃藩置県で県庁所在地を持つ独自の「県」でなく、中通りの「被支配地域」にされたという所から見直さないといけないという。そもそも磐城県、会津県、福島県、に分かれるべきだったという。

 藩時代は独立してた地域が、廃藩置県で被支配地域になったから、県の公的機関がなく独自裁量の行政ができない、だから県レベルで磐城県~浜通りの独自の主張が通らない、独自の磐城県だったら、その地域のエゴがしっかり反映するものなのに、中通り、会津の意見が大きく県の意見に反映するものだから、浜通りに原発が押し付けられた、そう見ていいと思います。

 本来3県であるべき3地域がお互いにけん制しあうから、中央の介入がやりやすい、で、福島県が残されてきました。原発事故で中通りに浜通りの避難地域になった場所よりもたくさん落ちて、それでも避難地域にならなかったのは、皮肉と言えば皮肉。
 プルト知事が仮設住宅を福島県内に建てて福島県民を逃がすまいと必死に、中通りに放射能が落ちてないと2011年の4月にNHKニュースで言って、事実まで捻じ曲げるのかと。で、仮設住宅ができたら、あっさり除染利権を欲しがるために放射能の存在を認める変身ぶり。県が県民を利権を集める道具として扱って、泣く三文芝居をする県知事。

 県は3地域の分断、町は住民が少ないから、東電関連企業が人と金を送りこめば、町議会を掌握できる。
 町と県、どっちも簡単に「民主的に」「飴と鞭で」国が操作できる、それが福島の真実です。
 地域分断と被支配の末に、磐城県(か相馬県)になるべき(だった)浜通りの北半分は死の町となり、文字通りいづれ核のゴミの集積地となるしかないのが、浜通りの真実。
 食べ物で福島の真実なら、会津の未検出の米でなく、文字通り福島市のある中通りのコメを食ってからにしないとです。
  1. 2013/01/29 (火) 02:37
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年01月28日(月) ◇ 八重の桜と福島県民 (考えたこと)

 戊辰戦争モノ。綾瀬はるかが民放の「仁」で時代物で高視聴率を出したので、大河ドラマに持ってきました。

 で、福島震災枠なので、戊辰モノにして、女性主役で無理やり主役になる実在の人物を探したって感じ。日本史を勉強したけど、こんな人知らないです。

 NHKの狙いとしては、正しいんだろうな。福島県民の方は、喜んで見てるみたいだし。

 でも、見ててつらいな。戊辰戦争に負けたのは、会津が山国で直接黒船の武力と接せられなかったのが、西洋軍制を敷き遅れて、政治的にも幕府側について時代を読み違えた最も大きな原因と思うし、藩の上層部の民度が低くて、封建制が強くて西洋軍制が遅れたとか、そういう見た目の描写とはちょっと違うと思うんだよな。

 薩摩、長州が先んじたのは、藩の領土が海に接してたから直接黒船を見て戦争をやって負けたから、会津は、海がないから直接黒船を見なかったし、戦わなかったから遅れて、その間に薩摩、長州が強くなってた事を認識できなかった、「目に見えない」国内にいた会津の敵を認識できなかった事。
 で、「目に見えない」巨大なリスクを認識出来なくて対応できないのが敗因なのは、今の原発リスクと同じ構図。

 福島県民なら、というか、福島の歴史を知るには、まず原発誘致施設に行って、そこで「原発巨大リスクを目に見えなくする」実地を見る事であって、重要な「観光」施設だけどな。福島県民に原発誘致施設に案内された事は無かったから、アレの本質を知らないのか、、。
 で、同時に国による「飴と鞭」で福島に放射能リスクを押しつける図があるわけです。

 千葉なんか、成田闘争とか言って、有益施設の空港を作るのに反対して過激派が働いたり、考えられない図でした。今なら羽田の埋め立て技術が進んだから、成田に空港なんか作らないです。
 なのに、福島に原発を作るのに大きな反対運動があっただろうかと思うと、地域に「見えない巨大リスクを見る目がない」というか、民度が低いのか?と悲しい思いもあります。地域の人が原発安全神話で喜んで、原発に賛成に回ったら、学生運動でも過激派でも、運動できないのかと。それとも学生運動や過激派に見る目がなかったのかと。

 この辺が、戊辰戦争モノと現代につながって見えて、全然喜べないというか、気持ち悪いんだよなぁ。つか、福島県民は、見てて喜べるのかな、、。単純に会津が舞台で綾瀬はるかが出て、ってんで楽しめるなら、民度低いっていう感想もあるなぁ。

 大量に放射能が撒かれて、土地が劣化した今さら反原発とか言っても後の祭りです。白虎隊で負けたのと同じ。目に見えない巨大リスクを押しつける側についてたプルト知事は、お前も国に乗ったんだろうっていう。
 目に見えない巨大リスクをきちんと判断する理性、、知性っていうのか。いや、福島県民が土民で知性が乏しいから、こうなったっていうのが戊辰戦争と原発事故で重なる教訓に見えてくるようで、来ないようで、の番組を楽しめるのかという感じです。

 福島県民が、沿岸に巨大地震と巨大津波のリスクがある事を知ってたんだろうか、、。そこん所から不思議。副読本とかで、そういう知識を持っててもおかしくないけどな。そこら辺は、教育委員会は中通り中心だから、僻地の浜通り沿岸のリスクを扱わない、、って事かなぁ。
 そう考えると、会津が戊辰戦争に負けて、中通りが会津と浜通りを支配するっていう廃藩置県の歴史は今につながってるんだよなぁ。
  1. 2013/01/28 (月) 18:41
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年01月28日(月) ◇ 国が「民主的」に「合法的」に国民をコントロールする「飴と鞭」 (考えたこと)

 国が「民主的」に「合法的」に国民をコントロールする「飴と鞭」

 飴。利権分配。原発でいえば、交付金、マスコミに撒く広告費。原発事故が起きた後は、除染事業の分配。具体的には、中間貯蔵施設に賛成する地元議会の議員が経営する業者に除染事業を回すよ?、どうする?賛成しないの?とやってるんだろうか。

 鞭。法律を厳しく決め、通常は黙認する形で運用して、国の意向に沿わない活動をする人を狙って取り締まる。(出る釘を打つ。法の下の不平等。)
  具体的には、鞭は、「ダウンロードの処罰」とか。誰も捕まえないのに罰則規定だけ厳しくしとけば、捕まえるのが簡単になる。
 「政治家への寄付」で反原発をした元の福島県知事を捕まえたり、小沢を検察審査会に持ってって、裁判やった事で民主党が政権にある時に干した事なんかそうだろう。

 この「飴と鞭。」は、国が国民をコントロールする手法として、民主的で合法的で非常に強力です。民主的で合法的でお金もたっぷりある国と戦うのは、厳しい戦いです。

 学者も政治家も企業も、飴を欲しがり鞭を恐れる、それが原発安全神話が独り歩きする事です。
 ブラックボックスの中のメンテナンスが疎かになり、老朽原発が動き続ける事に異論が唱えられなくなる、で、福島のような政治的敗者の地(戊辰戦争で負けた事からに由来する)に作れば、放射能リスクを押しつけられる、地域間の政治対立に由来する経済格差、政治格差、民度格差、その果てに福島原発の巨大事故がありました。
  1. 2013/01/28 (月) 16:54
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年01月28日(月) ◇ 佐倉予想図~ダークネス~ (アニメ、声優)

 焼き肉を一緒に食べてる所がYoutubeに上げられる。で、事務所が削除する。佐倉さん、おっとな~~~。ふぅ~~~~。

 同じ一眼デジカメ、Tシャツを使ってる写真が上がる。佐倉さん、おっとな~~~。ふぅ~~~~。

 浦安のマンションに配達証明郵便が投函される。佐倉さん、おっとな~~~。ふぅ~~~~。

 「安心してプライベートの悩みを相談した方です。」とブログに書く。佐倉さん、おっとな~~。ふぅ~~~。


 「佐倉予想図~ダークネス~」は、絶対にパイセンは読まないわ。作家レベルで自主規制かける内容だな。
 これをパイセンが読む図を想像したら、あいなまとの動画の因縁もあるし、そういやあれからパイセンとあいなまの対談とか見たことないわ。

 どういう風に佐倉さんの交際の話が出るんだろうか、出ないんだろうか。こういう話題が出るのは、売れてる声優の証だよなぁ。佐倉さん、おっとな~~。ふぅ~~~。
  1. 2013/01/28 (月) 02:34
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。