| ◇ |

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

2012年12月30日(日) ◇ 老朽化対策 (考えたこと)

 中央高速道路の笹子トンネル崩落事故。一報をニュースで見た時に、トンネルが崩落?と思いました。

 天井版が崩落する事故でわかったのは、トンネルを作ってみたけど、30年後に老朽化してトンネルがどう壊れるのか、未知のままという事です。
 福島第一原発事故もそうだけど、作ったものがどう老朽化して、何年後には廃棄して作り直さないとならない、老朽化→メンテ→廃棄・作り直し、のサイクルがないのが、最も重大な問題です。

 特に、老朽原発なんていう厄介なものは、設計時点の耐久年数より長く使うのは、言語道断、非常にやってはいけない事です。
 冷却装置の金属管がいつ破断するのか、管自体の熱による内部強度の劣化・浸食は、外から見た検査や打音検査では、100%わからないものです。ましてや、巨大な地震が来た後に原子炉が緊急停止して一気に冷やされて、強い蒸気圧力が普段使われていない緊急装置に何日も続く状態のちに冷却装置がぶち壊れた2号機、3号機の有様を見ると、最低の最低でも、原子炉の耐用年数はメンテナンスで延ばすものじゃない事がわかります。

 原子炉は例外なく稼働から25年で廃炉にする、で、最新の原発に置き換えてゆく、そういうプロセスを経ていれば、福島第一原発の巨大事故は起きなかったと考えられます。原発自体が例外なく大事故を引き起こすのではなく、人的な管理で防げたはず、福島第二原発や、女川原発を見ても、東日本大震災の津波や地震に襲われたのに、破滅的事故にまで至りませんでした。

 40年前の新幹線車両は既に走ってません。それと同じで事故を起こす前に、使えるうちに新しいインフラを作って、古いものは処分してゆく。原子炉などは、素人が見た目わからないブラックボックスだし、設計した人ですら絶対的な安全な耐用年数がわからないのに、後からそれのメンテナンスで耐用年数を延ばす評価するのは、言語道断と言えます。

 ある一定の年数が経った原子炉は、目に見えない、認識できない不具合が既に生じていると考えて廃炉にし、新しい設計で一から作り直す事の方が理にかなっていて安いのです。
 この様なごく当たり前の発想が出来なくなる電力会社の仕組みの方が、より大きな問題と言えます。

 事故が起こる前に事故が起こる事を察知して、それを前提にして対策をする部署、組織、それがあったら疎まれます。何故かというと、「事故が起きない」というのは「結果」が目に見えないからです。
 何も起こらないので、「対策」と「原子炉は爆発しない」「トンネルは崩落しない」という「結果」に因果関係が証明できないのです。「対策」をやったから起きなかったのかもしれないし、「対策」をやらなくても起きなかったかもしれないのです。逆に「対策」をやっても不十分なら、事故は起こります。
 で、安全マージンが削られて、事故に至る、このロジックから組織が逃れるには、どうすればいいのか。明快な答えは、わかりません。

 金属の熱劣化、化学物質の経年劣化を含む巨大構造物の管理で、日本の大きな企業組織、官僚組織ががありとあらゆる事態を想定して対応しておく事ができなかった事は明らかになりました。メンテには向かないのです。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/30 (日) 19:50
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年12月17日(月) ◇ 野田総理には危機回避って考え方がない (考えたこと)

 公約違反の消費税を増税しといて、衆議院選挙に勝てると思ってた節すらある野田総理。

 来年まで民主党政権を引っ張る、野田が内閣総辞職して、総理と民主党首を細野に換えるかすれば、来年まで政党助成金っていう温かい飯が食えた民主党議員がたくさんいたろうに、民主党議員も見捨てて、自民党との約束の「近いうち解散」という約束を守って解散。
 国民とのマニュフェストでも民主党内でも第三極でもなく、自民党との約束だけを守る野田が、選挙に勝てるわけもなく惨敗。

 調べたら堀江メールでも危機管理がなってなかった野田。騙そうとかいいように動かそうとする勢力に、コロッと騙される危機回避のなさ。こんなのを総理にした民主党の酷さに唖然です。
 一見正論に見える話に含まれるリスクを値踏みする能力、それを評価する学問はないのかと思いました。

 野田総理は「いい人」だけど、それじゃ国のかじ取りはできないという。まぁ検察審査会まで使って、小沢を総理にさせなかった闇の力がもっと怖いっちゃ怖いわけで、被告人でいて総理になれなかった不利益なんて弁償できないものなぁ。闇の力か、、、。外国人献金問題とか、よくも重箱の隅をつつく話が出てくると思ったら、それが野田が総理になった頃から出てこなかったから、闇の力に従った結果だろうな。民主党の敗北をもたらしたのは、闇の力って事になるのか。
  1. 2012/12/17 (月) 16:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年12月06日(木) ◇ エヴァのテーマ (アニメ、声優)

 エヴァのテーマは、現実にない「エヴァンゲリオン」という巨大ロポを現実にあるモノっぽく表現するって事。

 エヴァQのQは、ウルトラQから取ってきたんだろうなと、劇場でエヴァQ本編が始まる前のウルトラマン変身の効果音で思った。要するにゴジラのような特撮映画として、ありえない大きさのロボをあり得るかのように描く、撮る、訳のわからないロンギヌスだとかゼーレだとかの宗教っぽいカタカナ用語、父親と息子のやり取りとか、それら全部見てて気持ちいい?すっきりするのは、エヴァが既存の宗教の表現だったり、宗教になろうとしてるのでなく、あくまでそれっぽい衣として、エヴァンゲリオンを大きなロボとして見せるための舞台装置として機能しているからです。

 要するに、宗教をテーマに依存しない、文学もテーマに依存しない、人間ドラマもテーマではない「特撮映画」の舞台装置として、いかにそれっぽくあるかが重要であって、アニメである事すら主たるテーマではない、「巨神兵 東京に現る」で語られたのは、巨大な「エヴァンゲリオン」が東京をぶち壊す図だったけど、まだエヴァンゲリオンが東京を壊すのは、時期尚早(スピード感が実写特撮には足りない)という判断で巨神兵を選んだんだなって事。

 エヴァQのテーマは、巨大なエネルギーやスピードのアニメ的な表現だなって事。フライホイールなる言葉が出てきた時は、ヤマトになかったっけかと思ったし、あのウィレの巨大戦艦を描くのが、エヴァQのテーマ、巨大ロボをカッコよく描く意味じゃ、破でやりきったし、何やろうかと思った時に、デカイ宇宙戦艦を描きたいな、、と庵野さんが思ったんだろうなって事。

 そうやって纏めてみると、それまでの特撮になかったエヴァの魅力ってのは、巨大なロボが超スピード感を持って動く事、アニメならではのエヴァの世界という。エヴァの形が今の新幹線のはやぶさみたいな曲線系を大量に用いたデザインなのもそうやって考えてみると、フィギュアの金型の進化で、ああいう曲線が表現できるようになったのと重なって、スピード感の表現に尽きるんだろうという事です。

 しかしながら、過去のエヴァの筋書き、Qで消化すべき課題(カヲルくんと地下に行って、なんかそれらしいものを見て、カヲルくんが死ぬ事、エヴァが殺すか、ウィレが殺すか)を見ると、エヴァがゆっくり地下に潜ってくだけの単調さ。スピード感を表現するには足りないので、エヴァ初号機奪還作戦なり、巨大空母なり、マリ・アスカVSシンジカオルというエヴァ同士の戦闘シーンなりを組み入れたんだろうなという。

 フツーに考えると、大事な虎の子の初号機を宇宙に打ち上げるより、地上の何処かにおいてアヤナミエヴァで守る方が適切だろうという。
  1. 2012/12/06 (木) 11:08
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年12月05日(水) ◇ 東野幸治 歌舞伎 (考えたこと)

 「東野って歌舞伎の子に似てるよなぁ。」とうちの家族が言ってた。

 「中村勘九郎 (6代目)と東野幸治が似てるのか。東野は歌舞伎顔なのか、吉本なのにな。通りで司会とかしてるの見てても、シンスケよりは品があるような感じがしてたな。」と答えた。

 中村勘三郎さんがそういえば、今朝亡くなったんだなぁ。残念というか、早すぎるよなぁ。

 東野って最近司会業で、全然面白くなくても画面映えするのは、そんな歌舞伎顔のせいかと思いました。

 「東野幸治 歌舞伎」で検索したら、東野本人も歌舞伎の中村勘九郎さんに似てるって言われて、ブログに書いてるらしいです。
  1. 2012/12/05 (水) 12:04
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。