FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2012年11月20日(火) ◇ 儀武ゆう子 エヴァ (アニメ、声優)

 みんなの妹、儀武ゆう子(31)がエヴァ声優になってた。

 エヴァQのエンドロールで儀武ゆう子って。

 みゆきち妹はバレで知ってたけど、みんなの妹(31)儀武ゆう子が、全部持ってった、、。

 フリーでエヴァのオーディションの連絡が来るのかなぁ。どっかの事務所に委託してるのかな。

 マジアニラブでも、みんなの妹(31)儀武ゆう子ひとりだけエヴァ声優だもの。実績も貫録もが違いすぎる。

 文化放送の窓に置いてあるギブさんがニュースで全国デビューしたりとか、今年は、みんなの妹(31)儀武ゆう子が大ブレイクだなぁ。

 ネットで検索したけど、みんなの妹(31)儀武ゆう子がエヴァQで何の役をやってたのか、wikiにも書いてなかったし、どこにも書いてなかった。劇場でQを見たけど、どこにもギブ臭はなかったし全然わからなかった。一番最初のナレーション?あそこにギブいたっけ?
  1. 2012/11/20 (火) 10:31
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年11月20日(火) ◇ ヱヴァンゲリオン 新劇場版Q ネタバレ (アニメ、声優)

 途中、シンジとカヲルの乗ったエヴァ13号機が頭骸骨らしきものを踏んでるんだけど、あの頭骸骨、エヴァの縮尺からしたらものすごくでかくないか、、エヴァの足の半分くらいあったような、、何の頭骸骨なんだ、、あれ。

 シンとか新が好きなんだな、、庵野監督。新世紀エヴァってのも別に新世紀は要らなかったと思うし、主役はシンジ、で、新劇場版のfinalは、「シン・ヱヴァンゲリオン:||」らしい、、。もう、どこがシンなんだかさっぱりわからん。

 Qでエヴァよりでかい宇宙戦艦を描きたかったんだなぁ、、庵野監督。最初は、護衛の自衛艦を周りに浮かべて、宇宙戦艦の大きさをひき立てたり。あの護衛の自衛艦、巨大宇宙戦艦と一緒に飛んでなかったっけか、、。

 あと巨神兵は、日テレ⇒電通⇒レインボーブリッジ⇒フジテレビで壊せばよかったのに。いまさら名のある建物で壊すのが、東京タワーかよ。東京スカイツリーを壊してこそだろ、、。スポンサーへの配慮か、、なんか観客から金とって見せる映画なのに、スポンサーに配慮ってないだろ。

 宇宙から落ちてくる2号機改とマリ、、破のオープニングを思い出すなぁ。けど、画面の切り替えが早すぎて、2号機があんまりかっこよくなかったような気も。

 14年後設定は巨大戦艦を出すためだろうけど、声優さんが年取ってるから、若い時の声と違うし、ちょうどいいんだろうな。
 シンジくんの話的には、ヘタレ要素の理由が、破で綾波を助けたと思ったら綾波はいなくて、世界を壊しちゃったからってのか。で、世界を元に戻すためにエヴァにカヲル君に誘われて乗るという、、。

 カヲル君がくちゃってなるのも、グロくなかった、、ただ一瞬でケチャップになるだけ。ケチャップカヲルか。
  1. 2012/11/20 (火) 01:36
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年11月11日(日) ◇ ハマテレビジョン 終了 (アニメ、声優)

 ツボンジュ~ルが始まって、ゆるゆりごらく部でソロラジオやってないのは、津田ちゃんだけになったなぁ。

 青二ジュニア女子の育成プログラムとして始めたハマテレビジョンだから、原ズバとあと一人はジュニアから大人になれなくても、3人のうちの1人大人に育成できれば、目的を果たしたしな。

 ゆるゆり3期もありそうだし、みかしーも今春大人になったし、来春辺り津田ちゃんが青二ジュニアから大人に昇進して、A&Gでソロラジオもアリな流れ、、。あやねるDKみたいにマリンエンタテイメントに津田ちゃんの一人ラジオを持ってかれる前に、A&Gとしても津田ちゃんソロラジオは確保しておきたいだろうな。

 ハマテレビジョンで津田ちゃんの大人への育成ができたから、次クールからは、津田ちゃんのソロラジオスキル育成が始まります~って、はっきりしこりを残すのが、ハマテレビジョンの面白い終わり方かな。
 「ハマテレビジョン終了のお知らせ」からの「津田美波のハマテレ2」が来週から始まります、って原ズバに読ませたいなぁ。で、マジギレする原ズバとあと一人とか、見たいなぁ。

 あかりって津田ちゃんがハマテレビジョンで言うたびに、あっかりーんの事が思い浮かぶから、原ズバもハマテレのあっかりーんとか開き直っていいんじゃないのかなぁ。そうやってハマテレ内で不祥事を起こして、原ズバとあと一人が自滅して消えてくのが、一番面白いか。

 なんにしても津田ちゃんが青二大人に昇進したら、ハマテレビジョンが今のまま続くのは不自然だし。ハマテレから津田ちゃんだけ卒業して番組継続、、ってならないだろ。青二はあの二人じゃ今後見込みないって考えるんじゃないかな。

 津田ちゃんのソロラジオのタイトルは、「津田ちゃんのひとりラジオ」でいいんじゃないかなぁ。最近「新番組」とか、業界用語をそのまんま使うのが流行ってるから、「新人女性声優の一人喋りの登竜門」をやらなかった津田ちゃんがやる一人ラジオが、「ひとりラジオ」っていう。
  1. 2012/11/11 (日) 18:34
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年11月11日(日) ◇ あってはならないけど、ありうる事に備える事 (考えたこと)

 あってはならない事だけどありうる事を、可能性が無い=起きない事にみんなで仕立てあげて、事前の準備をしないのが、日本人の欠点かなぁ。

 理路整然と考えれば可能性があって、それによる危険が巨大な事を「無い」事に考える事。

 仙台の中心市街地が東日本大震災(2011年)津波に襲われなかった事を考えると、慶長三陸地震(1611年)、貞観地震(869年)の経験を踏まえて、市の中心部を津波の遡上高より高く都市計画したのだろう。相馬市の中心部、いわき市の中心部も、津波の遡上高より高く、津波が来なかった所に設置したのだろう。

 その逆をやったのが、福島第一原発、福島第二原発、女川原発の設置です。要は、東京より200km以上離れている過疎地であって、東京より東、本州の東端に近く位置するから、原発事故が起きて放射能が漏れても、偏西風の気象により被害が最小限度に収まるだろう、、と考えたのだろう。

 が、そこが僻地、過疎地になった歴史は、400年ごとに巨大津波が襲来して、町も人も呑み込む地ゆえ。
 世界的な視野で見れば、原発を設置する場所としての不適性は明らかでした。
 今は人が住めない程、放射能で汚れた場所だから、最終処分場として、これ以上ない適性を持った場所です。

 東北400年津波と、3連動地震と巨大津波。日本人はその危険性と同居していて、それを直視しない心性。
 あ、東北400年津波っていう言葉はなかったなぁ。今、自分で考えました。
 貞観、慶長三陸、東日本大震災の3つの巨大津波の400年周期説を簡潔に表す言葉が無い事が大きな問題です。

 端的に言うと、太平洋沿岸の標高10m未満の地域は、近いうちに津波で海の中に沈みます。そこに建ってる建物は、全て財産価値が無くなるんです。それなのに、そこに住んでる人が逃げ出さない不思議。この不思議を言語化すると、一番最初の文言に辿りつくのかなぁ。

 アメリカは、合理的に住む場所を選び、知識と産業で得た力と富で人工的に作り上げた国。何よりも、それらを優先するのが国是。
 それと比較すると、日本人には、それらを全てに優先させる能力が、きちんと備わってないと思いました。

 東京電力福島第一原発事故でいうなら、原発を作る時に、全外部電源が無くなった時にどう対応するのか決めておくべき話。何百回と炉心の緊急停止の水注入を行って、加熱した状態で震度7の衝撃を与えて、それでも耐えられる炉の設計にすべき話。で、運用時には、その1/10の劣化で補修でなく廃炉にすることを決めておくべき話。
  1. 2012/11/11 (日) 00:36
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2012年11月07日(水) ◇ 関係ないよねっ (考えたこと)

 「30代の17歳だけど、演技力があれば関係ないよねっ」

 「35歳独身美少女声優だけど、老人ホームさえあれば関係ないよねっ」

 「放射能が落ちたけど、東京だから関係ないよねっ」

 「がれき焼却だけど、もう放射能が落ちてるから関係ないよねっ」

 「下請けが大量に放射線を浴びたけど、次の下請けが見つかれば関係ないよねっ」

 「内部被ばくだけど、因果関係が分からないから関係ないよねっ」

 「セシウム米だけど、国の基準以下だから関係ないよねっ」

 「廃炉費用だけど、国の支援があれば社員には関係ないよねっ」

 「原発事故だけど、政権を持ってなかったから関係ないよねっ」

 「財政赤字だけど、消費税を上げれば関係ないよねっ」

 「失業者だけど、生活保護を受ければ関係ないよねっ」

 「人気芸人の親だけど、生活保護を受ければ関係ないよねっ」

 「円高だけど、海外に製造拠点を移転すれば関係ないよねっ」

 「マニュフェストだけど、検証すれば関係ないよねっ。」

 「スカイツリーの電波障害だけど、国の補助金があれば関係ないよねっ」

 「景気悪化だけど、公務員には関係ないよねっ」

 「年金破たんだけど、金さえあれば関係ないよねっ」
  1. 2012/11/07 (水) 16:31
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads