FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2012年08月19日(日) ◇ 微笑みのプルサーマル (考えたこと)

 ツイッター見てたら、「微笑みのプルサーマル」って見えて、どんなプルサーマルだよ、福島第一原発3号機かよと思って、「微笑みのプルサーマル」で検索したら、田村ゆかりさんの「微笑みのプルマージュ」だった、、って書いてみて、ツイッター見た時点で空目に気づいてて、「プルマージュ」って何だ?と思ったんだ。

 3号機の爆発でプルトニウムやらセシウムやらが飛散する様を見ながら微笑みかい、、どんな悪魔だよっていうのと、田村ゆかりさんの微笑みが脳内で混ざって、でも2号機の方が放射能の飛散量は多いんだよなぁっていう。

 プルサーマルって難しいよなぁ。プルトニウム利用炉って言えばわかりやすいのに、わざわざ難しい用語にしてわかりにくく抽象的にして市民の関心を減らそう隠そうっていうのが、アリアリとしてるよなぁ。
 じょしらくで絵にするにしても、ドカーンって爆発する3号機の方が引きが強いだろうしなぁ。2号機は動きがないからタイトルバックでしれっとへーベルハウスみたいなのが出てきて、それだけでいいのかなというね。
  1. 2012/08/19 (日) 13:56
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年08月18日(土) ◇ キーレスエントリー 紛失 (考えたこと)

 キーレスエントリーの車が出てきた時、随分不便な車が出てきたと思った。

 ショッピングセンターやサービスエリアでキーを落とした時、差し込み式のキーなら拾った人が駐車場で全部の車にキーを刺して回る事はできないけど、キーレスエントリーの車のキーなら、ポケットに入れて開のボタンを押しながら駐車場内を歩くだけで、どの車のキーなのかすぐわかっちゃう。で、車を持って行かれる心配がある。

 キーを落としただけでは、どの車のカギかわからなかったのに、なんでキーレスエントリーなんていう事にしたのか、セキュリティ上ダウングレードしたとしか。車のキーを落としたら、ずっと見守ってキーを変えるしかないという不便。「キーレスエントリー 紛失」で検索する人がいるんだろうか。

 あと、キー中の電池を1~2年毎に変えなきゃいけないのも不便。なんで、そんな事にするのか。全く持って理解できない。大トヨタ様、大ニッサン様、大マツダ様のやる事なんだから、マスコミも広告料もらってるから批判しないし、悪くなってるのに利用者が我慢してるだけ。

 これって、ひょっとして、キーレスエントリー車ってメーカー毎にマスターキー(どの車でも開けられるキー)があって、地震の時に路上に放置された車を移動できるようになってるのかなぁ。利用者としては、差し込みキーに戻してもらいたい、選べるようにして欲しいです。
  1. 2012/08/18 (土) 16:48
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年08月18日(土) ◇ 原発地下活断層は大した問題じゃない (考えたこと)

 M9巨大地震が周期的に来て、20m級津波も来る国で、原発直下の活断層で引き起こされる地震の規模なんて大した事ない。実際に地震で壊れた原発は、直下の活断層の地震で壊れた訳じゃない。

 中越沖地震しかり、東日本大震災しかり、原発より離れた場所で、より大規模な地震が起きて壊れた。

 もっと言うなら日本中どこだって、ずっと小さな規模の地震を起こす活断層がある。これをある・ない言う意味はない。どうでも結論を変えられる議論に原発安全性の議論をすり替えてきたという事です。

 直下に活断層が無くても、中越沖地震で柏崎刈羽原発が壊れたし、東日本大震災で、東京電力福島第一原発、東京電力福島第二原発、女川原発が壊れたのが事実。原発直下の活断層の有無には意味がない。

 炉心から冷却水が失われた時に、ベントして海水注入なぜできなかったのか、なぜしなかったのか。原子炉は地震で壊れる事を前提にして、ベントと海水注入を炉心融解前に注入できるのか、あと臨界を止める制御棒を入れられるかに議論を集約するべき。
 原子炉が地震で壊れるという前提自体を認めたら、今までの安全神話と辻褄が合わなくなるから、あえてそこから論点をずらしてる国のやり方は、東京電力福島第一原発事故前と何も変わらない。そういう意味では、何も反省出来てないし、同じ事を繰り返すつもりがあると言われても仕方ないだろう。
  1. 2012/08/18 (土) 16:10
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年08月16日(木) ◇ 何で飯舘村の人は、帰れないのか。 (エコ)

 福島第一原発の1.2.3号機の冷却装置が止まってから、燃料棒が溶けるまでの約1時間より前に一次冷却水(蒸気)をベントして海水を注水しておけば、今頃飯舘村や原発周辺の土地は、ほとんど人が帰る事ができただろう。

 海の汚染もほとんど問題にならなかっただろう。浜岡原発5号機の海水流入事故は、トン単位で原子炉内に海水が流入してる、って事は、一次冷却水が同量外に出てるけど、フクシマの状況を見ると燃料棒さえ溶けなければ、環境汚染は、桁が数十も少ないとわかります。
 原発で環境が汚染される大事故を防ぐには、「絶対に」燃料棒を溶かさない事が必須になります。

 1、圧力容器の安全弁を開く。
 2、格納容器をベントする。この際、ドライでもウエットでもいい。
 3、圧力容器に消防車で海水を注水する。
 4、上記の3つを冷却装置が稼働しなくなってから1時間以内、燃料棒の溶融前にする。

 の4つが満たされれば、中越沖地震時の柏崎刈羽原発事故や、2010年の福島第一原発2号機事故や、今回の福島第二原発事故の様に、3.11の福島第一原発事故の巨大汚染は起きませんでした。
 地震で配管が壊れたとか、全交流電源喪失とか、津波襲来とか、色々言われてますが、最終的には燃料棒が溶ける前に上の4つの事をやらなかった事が、福島第一原発の事故を「巨大環境汚染」にした最終的な原因であり「人災」たる理由です。

 それにしても、今もって謎なのは、メルトダウンまで一番時間がかかった2号機ですら、なんでメルトダウン前にベントができなかったか?です。1号機がメルトダウン後の水素爆発を起こして後、「3号機、2号機の冷却系がまだ動いているうちに」ベントをして炉内に大量に海水を投入しなかったのか?という事です。

 http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/111222p.pdf
 を読むと、「2号機、3号機の冷却系が動いているうちにベント」という発想がなかった可能性が高いです。

 要は冷却系が生きているうちは、圧力容器の安全弁、格納容器のベントを閉じておく。そして、冷却系が止まったら、ベント作業に移る。そしてベント作業に時間が1時間以上かかり、燃料棒が溶けてからベントが成功したり、ベントに失敗したりと、3号機、2号機と同じ事が繰り返され、燃料棒を溶かしました。
 口ではベントをすると言っても、実際は、圧力容器の安全弁解放、格納容器ベント、海水投入を東電が最も優先して行わないという東電の事故処理方針が、3つの炉を次々とメルトダウンさせました。

 冷却系が動いているうちに故意にベントすれば、明らかに東電の意図的な放射能汚染ということになりましたが、放射能汚染量は今回の事故よりずっと少なくて済んだでしょうし、地元の人はもう帰れたでしょう。ですが、東電は意図的な放射能放出による賠償責任を逃れえない事になったでしょう。

 東電が会社が潰れても原子力を失っても、地域の人を、というか、日本の国土の汚染を最小限に食い止めるつもりがなかった事が、今回の大規模汚染を引き起こした原因です。
 3.11福島第一原発事故について、人災として最も糾弾すべき点は、東電が自社の賠償責任が明確にならないように対応した点です。
  1. 2012/08/16 (木) 23:13
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年08月15日(水) ◇ 柔道オリンピック金メダルで1億円報奨金 (考えたこと)

 野球ならドラフト1位で契約金1億円。ケイリンだって何億も稼ぐ選手がいるのに、柔道にプロはなく、お金にならないから才能のある子供に親がやらせない。サッカーは、Jリーグがあるし海外移籍すれば億単位もありえます。

 日本柔道を強くするなら、オリンピックで金メダル取ったら税金取っ払いで、1億円報奨金を国が本人に出せばイイ。女子はまともなプロスポーツが、ゴルフぐらいしかないから色んなスポーツに散らばって、女子柔道もそこそこ強いけど、男子柔道なんて金にならないスポーツを一生懸命才能のある子はやらない。

 銀メダルなら、5千万円。銅メダルなら、2千万円位かな。メダルの価値をお金で換算するなと言われそうだけど、アスリートの価値はメダルの価値で、それに見合った報酬を出すべきです。報酬を出さなきゃ、誰もやらないだけ。
 男子マラソンもそう。実業団に入って肩身の狭い思いしながら広告塔扱いされて、駅伝なんかやらされて、マラソンにコンディションを合わせられないんじゃ、才能がある人はケイリンをやるだろうな。

 男子マラソンとか男子柔道の金メダルを取れば、1億円の報酬が得られる。そういう夢がなきゃ若い男子は必死に汗まみれになってやらないです。オリンピック柔道で金メダルなら1億円報奨金を出せば、競技力強化効果があるでしょう。
  1. 2012/08/15 (水) 13:59
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads