<< 前の記事 | ◇ |

2012年05月31日(木) ◇ AKB総選挙は、誰のファンが一番お金持ちか (考えたこと)

 AKB総選挙。えげつない遊びである。1人1票で投票なら、アイドルとして「どれだけたくさんの人に愛されているか」=「人気」を争う投票だけど、CD1枚を買えば1票は、誰が一番「商品価値」が高いかを争う遊び。
 誰が一番「商品価値」が高いかは、要は、誰のファンが一番「お金持ちか」という遊び。
 100人がCDを1枚買って1票を投じても、1人が100枚CDを買って、100票を投じても、同じく集計される。AKBのCDが100万枚売れても、一人で20枚とか買ってるから、およそ10~5万人位が参加してる遊び。
 一つの住所(名前)に1票の投票用紙、電子投票権を郵送するシステムなら、簡単に1人1票にできます。

 AKB総選挙は、今の芸能界の収益構造と密接につながってて、昔の「アイドル」は、100万人とかいう「大衆」相手にアイドルのブームを盛り上げて、みんなからちょっとづつ売上を得る、いわば薄利多売だけど、今は10~5万人位の「一定の」ファンを相手に、できるだけたくさん売り上げる構造になってます。
 アニメのコンテンツも同じで、1タイトルで6000円のBDが、3000枚づつ1巻~6巻まで売れればいいという。
 6000円×3000枚×6巻=1億800万円という。1人のファンが、アニメ12話に3万6千円貢ぐんです。

 大衆相手の商売は移り気でブームが去ったら売り上げが落ちるのも早いけど、少ない人数に多くのお金をつぎ込ませれば、多くお金をつぎ込めばつぎ込む程、そのアイドルがよく見えてくる心理的効果、原価をかけたモノに価値があるという錯覚が惹き起こされて、より熱が上がる効果もあり、売上の安定性が高いようです。

 AKBは、自分の「商品価値」=「お金」はファンの「愛」と訴えています。いうなら金権主義アイドルです。
 「アイドル」は、人々の理想をどれだけ具現化したモノかの尺度で測られるもの。それを維持するための集金システムが自己目的化してるのは、本末転倒と言わざるを得ません。
  1. 2012/05/31 (木) 21:02
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2012年05月20日(日) ◇ 津波と地震の関係性 (考えたこと)

 東日本大震災を契機に、津波と地震は全く別物と考えるべきです。
 津波は、地殻変動によって急激に海底の地盤が上に移動して海水を大量に持ち上げる現象によって引き起こされるのであって、「地震=揺れ」が津波を起こすのではないという事です。

 よく、「この地震による津波の心配はありません。」という字幕を見ますが、あれは正しい記述じゃありません。
 「津波」の副作用で地震が起こるのが、正しい「津波」と「津波による地震」の関連です。
 正しく書くなら、「この地震は、津波による地震ではありません。」と書くものです。

 東日本大震災でも揺れましたが、地震自体は津波の規模に比べると大した事なかったのが、正直な感想です。
 東日本大震災は地震が津波の規模ほど大きく無く、地震の規模から津波を推測する誤りがあります。

 で、大規模な津波を正しく観測できるのは、海上のGPSブイだけです。記録によると揺れが収まって数十分後にGPSブイで大規模な津波が観測されました。
http://www.mlit.go.jp/common/000139231.pdf
 およそ、揺れが収まってから15分後に緩やかな海面上昇が観測され、20分後に急激な海面上昇が観測されます。
 この様子を見ると、揺れが収まってから大津波観測まで15分から20分のタイムラグは逃れないと思われます。

 大津波の海岸への到達が揺れてからおよそ30分~でしたから、15分後に大津波をGPSブイで観測して、すぐに大津波警報を出せば、その15分後の海岸への大津波到達は、ほぼ間違いなく警告できると考えられます。
 逆に言うと、今の地震直後の地上の地面の揺れから観測されるマグニチュードや大津波警報は、とても精度が低いモノと考えられます。

 そうして見ると海底が震源のある程度大きい地震の場合、数十分以上かけてGPSブイのデータを見て、津波が観測できない場合、「この地震は津波による地震ではありません。」と言える事になります。それまでは、「津波による地震かは、GPSブイによる観測中です。」という事になります。

 揺れてから15分後のGPSブイの動きしか大津波を正しく測定できる計器はない、「大地震=大津波」という概念を見直す事が必要です。
  1. 2012/05/20 (日) 17:28
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2012年05月20日(日) ◇ 東日本大震災の津波被害を繰り返さないために (考えたこと)

 東日本大震災の津波被害を繰り返さないためには、どうしたらいいか。
 まず、津波で襲われた地域のがれき処理を止める事です。

 東日本大震災の津波で襲われた場所には、400年後にまた同規模の津波が来ます。人間の力で地球の津波を起こす地殻変動を止める事は400年経っても無理でしょう。よって津波でがれきになった場所に再び建物を建てる事は、子孫が津波で財産を失う様に仕向ける事に他なりません。

 東日本大震災の津波が来た場所の瓦礫が片付けられて田んぼとなり畑となる。何十年か何百年か過ぎたのちに、田んぼや畑が宅地となる。その世代間を超えた無責任の連鎖を断ち切るには、瓦礫を積んでおき使えない土地にしておき、津波の記憶を風化させないのが最良の選択です。

 東日本大震災の津波が来た場所に再び住もうという人から津波に呪われた土地を遠ざけるには、瓦礫を片付けちゃダメなんです。瓦礫を片付けたいという地域愛に満ちた民の意識と、津波を避けるための正しい政策の乖離が甚だしい状況は再び悲劇を呼ぶ事になります。
  1. 2012/05/20 (日) 16:29
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:1

2012年05月14日(月) ◇ 原発再稼働の是非が問題を解決するための方法じゃない (考えたこと)

 巨大事故を起こしたのは、東京電力福島第一原発。老朽原発の最たるもの。
 再発防止を第一に考えるなら、「どの原発を廃止するか」のロジックを立てて実行するのが筋道。
 事故を防止するには動かす原発を決めるのでなく、どの原発をどういうスケジュールで廃炉するかを決める話です。

 最終的に止める原発を先に決められないのは、事故の反省、対策ができてないのと同じです。
 原発を動かす政治的流れを作って、あわよくば今ある原発を全部再稼働させて儲けたいっていう。
 原発をいつ廃炉にするか決めて、使用済核燃料の最終処分地を決めない限り、事故の再発は免れない話です。
 東京電力福島第一原発事故から1年経って、反省・対策できない日本の経済産業省、電力会社。

 廃炉スケジュールを決める政治枠組みを作ったら、ウチの原発も廃炉しろという政治的流れが起きて止められない、そうならないようにする狙いがあるのでしょう。そうなる位なら、本当は原発なんかできないんだけどね。

 あと、原発再稼働の是非を議論する事で、マスコミにそれを追いかけさせて、原発議論の重要な「論点」が「原発を動かすかどうか」と国民に思わせる事、洗脳するって言ってもいいでしょう。原発再稼働を議論する最も重要な理由、役割は、これであると思われます。
  1. 2012/05/14 (月) 14:54
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2012年05月09日(水) ◇ 猫ひろし 帰化 (スポーツ)

 国際陸連が資格を認めなくて、猫ひろしさんのロンドンオリンピック出場が消滅したというテレビ、新聞報道を見て、なるほどなぁと思いました。
 猫ひろしさんはカンボジア国籍を取ったという事ですから、カンボジア人としてオリンピックで活躍したいという強い思いがあったのでしょう。そして、カンボジアのスポーツ界に尽力したのは想像に難くない所と思いました。猫ひろしさんは、WAHAHA本舗なので創価学会か。学会は、政治力やお金があるんだろうなぁ。

 結果的に、カンボジアのスポーツ界としては潤っただろうし、猫ひろしさんが出れなくても、より記録のいい人が出れるようなら、カンボジアのスポーツ界に貢献できたと思いました。

 今回初めてオリンピックに挑戦して、あと少しで出場できる所まで行ったのだから、実力は十分にある猫ひろしさん。猫ひろしさんはカンボジア国籍を取ったのですから、4年後のオリンピックを目指して欲しいと思いました。猫ひろしさんは、これからもカンボジア人としてカンボジアのスポーツ界に貢献して欲しいと思いました。

 「猫ひろし 帰化」で検索したら、日本に帰化できる可能性があるようですが、カンボジア人の誇りを胸にしてオリンピックに出ようした猫ひろしさんが、カンボジア人の誇りを踏みにじって日本に帰化する事はしないでしょう。
 次のオリンピック出場を目指して、ガンバレ、猫ひろしさん。
  1. 2012/05/09 (水) 07:01
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads