FC2ブログ
| ◇ |

2012年03月27日(火) ◇ 老朽原発を残した事 (考えたこと)

 東京電力福島第一原発事故の最大の原因は、金を惜しんで老朽欠陥原発を残した事です。
 新幹線で言えば、開業当時の車両を、「走るから」って、そのまま使い続けて大事故になった様なものです。

 福島第一原発は、40年を超える老朽原発であり、アメリカと同じ基準で造った地震国にとっての欠陥原発。
 実際、少し新しい女川原発や福島第二原発でも、地震と津波で事故が起きたものの、炉心溶融、水素爆発という最悪の所までは進みませんでした。

 古くなってダメな原発や、構造的に問題があってダメな原発すら止められない=廃止できないという、原発を管理する人間組織の問題が最も大きな原因です。今でも電力会社や経産省は、その問題を全く解決するどころか、反省すらできない状況です。
 まず、原発再稼働の是非以前に、どう考えてもダメな原発(美浜原発とか浜岡原発とか)を廃止すべきです。
 それを残したら、次の原発大事故の原因になります。ただ目先の金を考えて原発の再稼働を考えています。

 ここまで思考パターンが腐ると、東電の株を国が取得して原発を国が管理したらもっと酷い事になるだろうな。

 安全性を考えて、25年で原発を廃止したら経済性にあわないなら、そもそも原発自体が経済性にあわない事から考え直さないといけないので、学者に献金したりして、安全性を軽く見させるように仕向けたというね。
 結局「安全な」原発は、金がかかり過ぎて儲からないって事で、同じ結論にいくのかな。
  1. 2012/03/27 (火) 13:17
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads