FC2ブログ
| ◇ |

2011年12月09日(金) ◇ 吉田前所長の病状は食道がん (考えたこと)

>東電は放射線医学総合研究所の見方として「食道がんは発症までに少なくとも5年はかかり、発症と事故収束のために被曝した放射線との因果関係はない」と説明した。

 「食道がんは発症までに少なくとも5年はかかり」って、70ミリシーベルトを急激に浴びた人の研究なの?。ごく短期間で70ミリシーベルトを浴びた人の研究じゃないなら、それは、因果関係があるかどうかわからないって言うべきだろうに。

 元々、食道がんになりかけの場所があって、放射線を大量に浴びた事で免疫力が落ちて、急激にがん化が進展したんじゃないだろうか。そういう疑念を晴らす研究は無いと思いました。

 要するに、放射線で「老化」「免疫力の低下」「回復力の低下」が急激に進むという事で、がんとの直接の「因果関係」が認められないから、放射線、放射能が怖いと思いました。
スポンサーサイト



  1. 2011/12/09 (金) 15:17
  2. | トラックバック:4
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads