FC2ブログ
| ◇ |

2011年07月30日(土) ◇ 中国鉄道事故と福島第一原発事故 (考えたこと)

 福島第一原発事故でがんになって亡くなる方の数について、静岡がんセンターの総長が、衆議院文部科学委員会で話しています。
http://kokkai.ndl.go.jp/
から、「簡単検索」-「発言者指定」で、「山口建」で検索すると出てきます。

 内容を聞くと、20(ミリシーベルト)の場合、0.1%のがん死亡率アップと0.2%のがん罹患率アップを示していました。

 実際、中通り全体が、今年3月11日から一年で20ミリシーベルト位累計になるでしょうから、80万人位が、20ミリを被曝します。80万人×0.1%=800人のがん死者増、1600人のがん罹患者増が計算されます。

 1ミリの場合、10万人に10人ががん罹患、5人ががん死、人口の0.005%と少ないように見えますが、首都圏全域(2500万人)が対象と考える(0.12マイクロシーベルト/年の場所は、年1ミリシーベルト。)と、2500万人×0.005%=1250人ががんで過剰に亡くなり、2500人ががんに過剰になる計算です。

 ここまで計算したのは、1年の被ばく量からの話ですが、福島県中通りにおいては、毎年10ミリの被曝が累計してゆくので、10年経つと、100ミリに達します。すると、被害者数は、5倍になると考えられます。
 10年住むと、4000人のがん死者数増、8000人のがん罹患者増に計算しました。

 こういう科学的知見から見て、中国の鉄道事故より桁が多い人数が、福島第一原発事故で亡くなると考えられます。中国の鉄道事故は、より小さな被害で、しかも被害者の方がはっきりしているので、補償が受けられる可能性も高いです。

 日本のマスコミは、放射線の積算量を報道しない事から始まって、それに基づく死者数増、罹患者数増の想定すらできない状態です。原発事故の影響を正しく捉えないマスコミは、情報源として既に終わりました。
 中国の鉄道事故の扱いは、原発事故を見ようとしないマスコミにとって、目を逸らすためのうってつけの素材でした。

 マイクロなんとかとか難しい事を言って、福島県中通りの人が、何人ががんで死ぬ、がんになると想定されますって、わかりやすく説明して謝罪しない、補償もしない国の方が、よっぽど酷いです。
  1. 2011/07/30 (土) 13:00
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年07月30日(土) ◇ B-mobile ドコモコネクションマネージャ (PC携帯ゲーム)

 B-mobileのイオン限定サービス980円simを購入しました。

 まず、simをXPERIAに挿入。sim付属の「2、APNの設定をします。」に書いてあった、名前、APN、ユーザー名、パスワードを、XPERIAのAPNに新しいアクセスポイントとして設定すると、簡単に接続しました。
 SPモードのアクセスポイントを作った時の要領と同じでした。

 次は、L-02Aにsimを差し替えて、ドコモコネクションマネージャで接続してみました。
 ドコモコネクションマネージャで、名前、APN、ユーザー名、パスワードを設定しても、接続しませんでした。
 接続の種類で、「PPP接続」でなく「IP接続」を選ぶのが接続に必要な設定みたいです。

 あと再起動すれば、L-02Aとドコモコネクションマネージャでネットに接続できました。2年前に1円パソコンで買ったL-02Aですが、ドコモは月額パケット料金の上限が高いので使ってませんでしたが、これで、980円でドコモFOMAエリアでネットに接続できる環境が整いました。

 使ってみると、Googleマップも快適、ほとんどのサイトが快適に見れて大満足でした。
  1. 2011/07/30 (土) 00:04
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads