FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2011年07月20日(水) ◇ 3月15日時点の放出量の200万分の1 (考えたこと)

 新聞、NHKの記事の書き方が、酷過ぎです。一言で言うと、いかに数字を小さく見せるかの手法で印象を操作しています。

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/ecoscience/20110719-567-OYT1T01036.html
 から引用。
>東電によると、原発から大気への放射性物質の放出は現在も続いており、敷地内で採取した大気中の放射性物質をもとにした推定放出量は、毎時10億ベクレル。3月15日時点の放出量の200万分の1に下がり、敷地境界での年間 被曝 ( ひばく ) 線量に換算すると1・7ミリ・シーベルトとなる。

 以下のように書くのが、現実を捉えた記事です。
「福島第一原発からは、現在も一日240億ベクレル、柏崎原発事故(3億ベクレル)の80倍の放射性物質が、毎日放出されています。3月のピーク時は、現在の200万倍の放射性物質が放出された影響で、福島県内中通りでは、現在も東京の10倍程の放射線が観測されています。」

 今のメディアは、大東亜戦争時の大本営発表を垂れ流す、硫黄島で10機米軍の飛行機が落ちたって事だけ放送して、日本軍に数10万の死者が出てる事は放送しない、そんな酷い有様と思います。
  1. 2011/07/20 (水) 14:25
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年07月13日(水) ◇ 牛 セシウム (考えたこと)

 南相馬の畜産家はどう見ても被害者なのに、それを「指導を守らなかった」とか言って非難する国や県の担当者。
 勝手に南相馬の畜産家の水田に、大量に放射性物質をバラ撒いたのは、東電と国の責任です。原発を作った時に、事故が起きたらセシウムを大量にばら撒く話などしてないでしょう!。
 飼料代の補償もなく、というか、東電と国が畜産家全てに、所得補償をして県外に避難してもらうべき話です。

 東京の十倍もの放射能が降っている場所に健康に住める訳ないのに、移転もできず、補償もなく、南相馬の畜産家にただ犠牲を強いるのみ。
 「牛 セシウム」では、牛の全量検査が必要な施策じゃありません。国が所得補償をして、中通りと南相馬、相馬の子供や妊婦、そして、住民を避難させるべきです。福島県民は、もっともっともっと怒って欲しいです。目に見えない毒物で、健康に住める故郷、生産ができる大地の大部分が失われたのです。

 最低限、1ミリシーベルト/年になるように、国や県に徹底的に除染させるべきです。それが無理なら、所得補償と県外避難をさせるべきです。正直言って、テレビでやってる原発内の事故処理の問題は、この「本筋」から目を逸らすための陽動報道です。いかに「事実」を報道して「本質」から目を逸らさせるかの情報操作の手本です。

 東京電力や国会を全福島県民が取り囲む位して、はっきり意思を示すべきです。とてつもなく大きな「福島県」の大部分が失われたんです。「福島を返せ!」という意思をはっきり突きつけるべき話です。
  1. 2011/07/13 (水) 00:13
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

2011年07月09日(土) ◇ グリーンカーテン (エコ)

 グリーンカーテンを作るより、窓によしずをかけて散水すればいいです。グリーンカーテンは、朝植木鉢にかけた水の温度と外気の温度の差以上に冷やす効果はないし、散水するのと冷やす効果は変わりません。
 今、腐葉土買っても、放射能に汚染されてる事があるし、そんなもの掴まされたら、逆に土壌汚染するだけ。

 あと、屋根の高い所に穴をたくさん開けた配管を一本通して、そこから水が屋根の上にちょろちょろ出てくるようにしとけば、その水の温度の冷たさで屋根が冷やされて、屋根の温度が下がり、部屋の温度が下がるはず。
 水不足になってないんだし、水道管を屋根の上まで引きまわして、スプリンクラをしても同じ効果。
 すごく安上がりに作れて、効果的な冷却法と思います。安上がりすぎて、売上にならないから、ソーラー温水器とか言って、凄くコストのかかる商品にするんだろうと思いました。

 何にもない所にただ水を撒くのが抵抗あるんだろうけど、クーラー使って危険な原発に頼るよりは、ずっとエコです。植物を使ってないから、水が不足したら、すぐに止められるので柔軟性が高いです。

 グリーンカーテンみたいに水を撒いて植物を育てる方が、一見有効な水の使い方に見えるんだろうなぁ、そこがエコの非合理的な所と思いました。
 暑くなる前からずっと水道水を使い続けて、寒かろうと水が不足しようと枯らさないように毎日水を使い続ける方が水の使用量は多くなる、というか、暑い日だけ水道水を散水に使えば、トータルで水の使用量を減らせます。
  1. 2011/07/09 (土) 03:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年07月07日(木) ◇ 節電 企業 (エコ)

 原発を無くして、「節電して涼しく」するには、どうしたらいいのか。「節電 企業」を考える上で、安定して電気が供給されない=電気環境が不安定になるなら、原発も仕方ないかなと思う企業の方もいると思います。

■スマートメータは、作った電気を無駄にする部分を減らせる意味で、省エネと言えます。

 全ての家庭や企業、商業施設に、電気会社とリアルタイムで通信・制御できるスマートメーター(電気メーター)を導入して、クーラー、通常用、非常用の3系統に配電を分けます。
 今の電気メーターは、40年前と同じ、原発と同じ旧世紀の遺物です。

 で、電力供給が不足したら、契約している「電力会社がリモートで一軒一軒のクーラー設定温度を上げる」ようにします。さらに供給が不足したら、電力会社が足りない分の世帯のクーラー電源を切れるようにします。そして需要が減ってきたら、また一軒一軒のクーラーの電源を入れて、設定温度を調整します。
 体の弱いお年寄りや障害者の世帯は、通常用にクーラーを接続するか、需要制限から外します。

 こうすれば、例えば5000万キロワット供給量があれば、みんなで5000万KWギリギリまで、作った電気を無駄にしないでクーラーを使って涼しい思いができます。

 クーラー用と、通常用、非常用で、電気料金を分ける事もできます。また、時間帯によって電気代を変える事もできます。発送電分離後は、発電会社ごとに、クーラーの切入や料金システムを変えられます。

 また、災害時に電力供給量が減った場合も、通常用の一軒当たりの最大供給量を下げる事や、非常用だけは停電しないようにする事が出来て、計画停電のような最悪の事態を避ける事が出来ます。
 企業も「クーラー用以外」が停電にならないので、業務が止まる心配が無くなります。クーラー用の電気代を高く設定する事が出来て、節電にもつながります。

 このように、「企業 節電」や「家庭 節電」そして、原発を廃止しても安定して電気を供給するためには、個別の利用者の電気メーターをスマートメーターに変える事で生みだす調整効果は、とても重要と考えます。
 危険な原発で常に無駄に大量の電気を供給し続けなくても、スマートメータで需要を適切にコントロールする事で、安定した電気環境が生み出せると思いました。

 日本ならではのIT技術を駆使したスマートメーターを作り、導入する事で、原発が無くても安定した電気環境を作ってもらいたいと思いました。原発が無くなる事は、40年前に戻る事じゃないと思います。40年前にはない技術革新で「節電 企業」に取り組んで、前に進んでもらいたいと思いました。
  1. 2011/07/07 (木) 20:53
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

2011年07月06日(水) ◇ 節電 タライ (エコ)

 管理人は、「節電 タライ」は当たり前の夏の過ごし方で部屋にクーラーはなく、今は、34℃になってます。(部屋にクーラーがないんだから「節電」といえるかどうか、疑問ですが。)
IMG_7851.jpg
 タライに水を入れて机の下に置いて足を突っ込んで、半ズボンTシャツで過ごす。で、パソコンを打っているのが、今の状況です。で、1時間おきにぬるくなった水を取り替えています。
 中越沖地震の時に柏崎原発が壊れて、原発が止まり節電が言われました。その頃も「節電 タライ」でした。部屋でタライを始めたのは、いつか覚えてないです。でも原発が止まる事もなく、東電福島原発の事故になり、とても残念な気持ちです。

 「節電 タライ」じゃ、企業が儲からないから言われないのかなと思いました。
 タライの水が仮に万が一こぼれても、(ちゃんと運んでいるからこぼした事はありませんが。)原発の様に大規模に環境汚染を引き起こす事も無いから、クーラーを使うより、ずっと安全です。こんな比較が切実に感じられる現在の状況がとても残念です。

 「節電 タライ」が日本にとって、当たり前になりますように。そして、原発が止まりますように。まだ、動いている訳で、国は再稼働させようとしてるし、何年かしたら、節電も原発事故も忘れられるんじゃないかと、とても心配です。

 あと節電を、いきなり15%と言うのは、嫌がらせと思いました。要するに「クーラーが無いと大変でしょ、だから原発を動かしましょうね?的な。」策略があると思います。節電を本気でやるなら、ちょっとづつ毎年5%づつ節電しましょうって、今年は、5%節電して、来年は、10%節電して、3年後は、15%節電して、って長期的にやるべきです。毎年目標を上げてく事で、体も慣れてゆくし、熱中症の弊害も減るはずです。
 障害者や体の弱いお年寄り等の弱者の方は、熱中症になるより、温度を上げてクーラーかけた方が全然いいと思います。

 役所とか公務員は独占企業なんだから、クーラーなんて一切使わずに、みんな「節電 タライ」で水に足を突っ込んでデスクの仕事をすればいいと思いました。
 (どんなに暑くても市役所に住民票取りに行くでしょ。私企業は「サービスの競争」をしないとお客が来なくなって売上が落ちるんで、そこまで踏み切れません。というか、クーラーを使ってる施設を、「原発に頼ってる悪い施設」とみんなが考えて、購買行動が変われば話は別です。)
  1. 2011/07/06 (水) 13:55
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads