FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2011年06月20日(月) ◇ レグザ 42Z2 (PC携帯ゲーム)

 LED REGZA 42Z2 このモデルが、福山雅治がCMで4倍画像がどうとか言ってた機種かと思いました。

 LED REGZA 42Z2の消費電力が、160W。42インチのテレビとして考えると、さほど大きい程でもないですが、パナソニック TH-L42G3(消費電力91W)

 や、LED REGZA 40A2(K)(消費電力111W)

 と比べると、LED REGZA 42Z2は、より高画質化するために、チップに電力を使っているトレードオフだろうと思いました。
 最近は、カタログやWEBメディアを見ても、メリットばかり書き連ねてあって、高画質化のために電力をたくさん使ってます的なネガティブな要素を明確に書く事はしなくなってきてるので、良くないと思います。不景気のせいなのか、長所短所を分かりやすく並べて書かない事がプロの仕事という考え方が広がってる気がします。

 フルハイビジョンの規格だと、37インチ位がちょうどよい大きさで、それ以上のサイズになると地デジで圧縮した結果生じた粗と、フルハイビジョン規格で生じる粗が目立ってくるので、42インチとか46インチ、ましてや50インチ以上の画面で見るには、LED REGZA 42Z2に使われているような4倍画質というような、映像の補完技術があるとよりきれいに見えるんだろうと思いました。

 個人的には、自宅で見るテレビは、エコ(消費電力72W)とフルハイビジョン、IPSα液晶2倍速位のバランスが保ってあるVIERA TH-L37C3

 が、節電にもなるし(今使ってるテレビがブラウン管テレビなら、何Wか調べてみるのがイイと思います。)ベストチョイスじゃないかなと思いました。
  1. 2011/06/20 (月) 10:56
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年06月18日(土) ◇ 我孫子 放射能 (考えたこと)

 我孫子市が計測した放射線量数値を見てきました。ネットで柏の放射線量数値が高い事から、予想していたとはいえ、事故による放射能汚染の酷さが数値化されていました。

 安心とか安全とか言える数値じゃないと思いました。およそ0.3~0.4マイクロシーベルト/時は、南相馬合同庁舎駐車場(南相馬市)の福島県内各地方 環境放射能測定値(暫定値) (第2349報)、0.46マイクロシーベルト/時に近く、福島市や郡山市が、1.5~2.0マイクロシーベルトとすると、その5分の1と考えられます。今の我孫子市の放射線量は、地上に落ちた放射性物質によるものだから、降下した物質は、福島市のおよそ5分の1程度と考えられます。
 で、どんな健康被害が起こるのか、放射線量に比例すると考えると、福島市や郡山市で起きる健康被害の5分の1程度の健康被害が起こるんじゃないかと懸念しました。
 また、放射線による被害は遅行性、3~4年経ってから起きると見聞きしました。それが、3年後に1/5の人数の被害が起こるのか、5倍遅く、15年後に福島市の3年後と同程度の被害が起こるのか、よくわからないと思いました。およそその両方の中間の事が起こる可能性もあると思いました。
 いづれにしても、我孫子市民は、福島市や郡山市で何がこの後起こるのかを注意深く見つめてゆく必要があると思いました。

 今、書いた事は、福島市や郡山市との比較ですが、そもそも我孫子市に原子力施設があって、放射能汚染を引き起こしていたらと考えてみると、こんな話じゃない、私達の土地をひどく放射能で汚染したという事で、住民が東電と国に対して猛抗議して除染と補償を求める問題と思いました。
 健康被害が起きるか起きないか、因果関係が認識できるかどうかの問題でなく、他人の土地に放射性物質をバラ撒いた事自体が許容できる話でありません。福島市や郡山市についても、同じ事が言えます。放射線量数値を見て、汚染の原因の東電と国に除染と補償を求めて怒るべき話と思いました。

 また、東京の中で観測される0.1マイクロシーベルト/時や、水元公園などで観測される0.3~0.5マイクロシーベルト/時という放射能汚染も見方は同じと思います。福島市や郡山市を1.5マイクロとし、東京を0.1とすると、6%となります。福島市や郡山市で起きる事が同時期に6%位の量で起きるのか、6%の逆数で、16倍後に同様の被害が起こるのか?。そういう疑問があります。今の所、2ヶ月経ってますから、32ヶ月後に東京が今の福島市の状態になるのか、今、福島市の6%(人口比で)程の被害が起きているのか?と思いました。

 落ちている放射能の量は、1/10でも、0.1マイクロシーベルトの地域に住む東京都民、首都圏民は、福島市や郡山市の10倍以上いるのではないか、そうすると同地域でも健康被害を受ける人数は、相当数にのぼるんじゃないかと思いました。
 東京も、地上に落ちたセシウムなどの放射性物質は、1マイクロシーベルト(地上1メートル)で、50万ベクレル/1平方mのセシウムで換算すると、0.1マイクロシーベルト(地上1m)の場所は、5万ベクレル/1平方mとなります。
 やはり、私達の土地をひどく放射能で汚染したと、住民が東電と国に対して猛抗議して除染と補償を求めて怒る問題と思います。

 東葛地域や我孫子市の住民も、東京の住民も、福島市や郡山市で何がこの後起こるのかを注意深く見つめてゆく必要があると思いました。
  1. 2011/06/18 (土) 14:28
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年06月17日(金) ◇ レグザ 19P2 (PC携帯ゲーム)

 REGZA 19P2 は、バッテリー充電で、3時間見られるテレビか。消費電力が30Wって書いてあって、これは最大電力だろうから、この半分位を3時間維持するバッテリーがついてるってことかと思いました。

 REGZA 19P2の19インチで、消費電力30Wは評価できる数値と思いました。実際、うちの14インチのソニーのブラウン管テレビは、62Wだったし、別のメーカーの14インチテレビは、55Wだったです。それに比べると、20Wから30W節電できてる訳です。テレビを買う時、売る時、作る時に、全くと言っていい程考えてなかった「本当の」節電テレビと思いました。


 メーカーの立場では、毎年出荷しているテレビの総消費電力がわかってるんだろうし、そういう意味で、どんどん大画面化、高機能化して、テレビ全体のの消費電力を増やしてる事は分かっていると思いました。
 ユーザーの立場では、今まで使ってたテレビより消費電力が減る事が、節電なわけで、同インチ買い替えを前提にした☆マークじゃ、インチアップした時は、節電かどうか判定できない事を知るべきと思いました。
 店は店で、より大画面を売って粗利を取ればいいので、ユーザーにインチアップをなんとかして勧めるという販売戦略を取ってます。

 LED液晶になるまでは、インチアップしたら、今までより電力を使うテレビばっかり売っていたのが現実と思いました。メーカーは、照明をLEDにしてもテレビをインチアップ買い替えしたら、LED照明の節電分は、すぐ帳消しになる事位、承知で売っていたんだろうと思いました。
 福山クンのCMで売ってるレグザなんて、どれだけ電気を喰うのか。それでいて一方では、LED照明のCMもやるという、東芝の体質がよくわかる話と思いました。

 という訳で、REGZA 19P2を見て、震災後になって初めて本気に節電を考えたテレビが商品企画化される流れが来たと思いました。
  1. 2011/06/17 (金) 20:46
  2. | トラックバック:4
  3. | コメント:0

2011年06月17日(金) ◇ BDZ-AT300S (PC携帯ゲーム)

 SONY BDZ-AT300Sは、500GB、シングルチューナー、おまかせ予約ができるのかな。よい候補と思いました。


 同様の仕様のPanasonicは、ハードディスクも320GBでいいなら、DMR-BR585-K かなと思いました。
 

 または、DMR-BRT300-K になるのかと思いました。6月中旬時点だと、DMR-BRT300-Kが、4.5万円と思いました。
  1. 2011/06/17 (金) 15:33
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年06月16日(木) ◇ DIGA DMR-BWT500 (PC携帯ゲーム)

 DMR-BWT500 は、ダブルチューナーで2番組同時録画できるという事で、この価格なのかと思いました。
 あと、3Dにも対応してるのか。3Dって対応ソースやディスプレイを考えると、使いであるのかなぁと思いました。


 DMR-BWT500を、シングルチューナーにすると、DMR-BRT300-K になるのかと思いました。
 6月中旬時点だと、DMR-BWT500 が6万円、DMR-BRT300-Kが、4.5万円と思いました。


 DMR-BWT500を、トリプルチューナ、3番組同時録画にすると、DIGA DMR-BZT600 なのかと思いました。
 DMR-BWT500に、5千円追加してチューナーひとつかと思いました。


 3D、ダブルチューナーも要らない、ハードディスクも320GBでいいなら、DMR-BR585-K かなと思いました。


 SONY BDZ-AT300Sは、500GB、シングルチューナー、おまかせ予約ができるのかな。よい候補と思いました。
  1. 2011/06/16 (木) 13:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads