FC2ブログ
| ◇ |

2011年04月21日(木) ◇ 原子力タレント (考えたこと)

 原子力タレントの皆さんがどうこうというより、意見広告という形で税金を使ってマスコミやタレントを買収して、原子力の安全神話をバラ撒いてきた原子力行政の方が、問題なんじゃないかと思いました。

 「原子力タレント」というと、星野仙一さんが、関西電力の原子力タレントです。東北楽天の監督さんです。福島の方は、こういう経緯を知ってらっしゃるのでしょうか。
 草野仁さんは、東京電力の原子力タレントさん。岡江久美子さんは、地層処分の原子力タレントさん。

 「賛成」に意見広告で税金をバラ撒くのと、同じ額を「反対」の意見広告にも税金をバラ撒かないと、正しい世論は生まれないんじゃないかと思いました。国が税金で、世論を一方的に誘導、形成した結果が、地震に耐えられない原子力発電所の今の危機的状況を生んだんじゃないかと、とても心配になりました。

 火力がCO2を生む意味で、環境に良くない発電なら、原子力は事故が起きたら放射能で周り一面人が住めなくなる意味で、環境に良くない発電という事を理解しないといけないと思いました。
スポンサーサイト



  1. 2011/04/21 (木) 23:44
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2011年04月21日(木) ◇ NHKの見方 (考えたこと)

 NHKの7時のニュース、ニュース7っていうあの番組をほぼ毎日見てます。要するに、あの番組は、国民にどう思わせたいかっていう政府の広報番組の色彩がものすごいはっきりしてる番組で、原発事故という非常時においては「大本営発表」の役割を果たす番組なんだろうと思いました。

 東電が各地にバラ撒いた放射性物質による今日の放射線量とか、各地の累積放射線量という情報は扱わず、農産物の「風評被害」の情報にすり替えているという印象を持って見てました。避難してきた人にガイガーカウンタを当てて「服についた」放射線量を計測してる映像を流して、あれじゃ「被ばくした量」はわからないのに、そういう解説をしないで、放射能について適切な情報を流さないで、「風評被害」を生んでるのは、NHKじゃないかなぁという思いを持ちました。

 原発の中でロボットが撮った写真、動画については、東電がなぜか前日に静止画を公表して、次の日に動画を公表して、原発に変化がないのをお茶を濁してるのに、そういう見方は一切触れず、国民の皆さんを誘導している様に見えました。
  1. 2011/04/21 (木) 00:08
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads