<< 前の記事 | ◇ |

2010年11月29日(月) ◇ ソーシャルメディアの弱点 (考えたこと)

 twitterやFacebookが特徴的なのは、「みんなに好かれる」事を判断の基準にしている事です。
 twitterは、「フォローミー」っていう言葉や、RTされる事、Facebookは、「いいね!」っていう判断基準で行っています。これは「好かれる」事がこれらメディアの中での判断基準と言っていいと思います。

 これらメディアをソーシャルメディアとすると、ソーシャルメディアは、「みんなに好かれる」事を判断基準にしている事になります。この記事は「みんなに好かれる」事を基準にしたメディアがどういう欠点を抱えているのかを考える記事です。

 端的に言うと「正論である事」と「みんなに好かれる事」が異なる場合、後者が優先される欠陥が生じると考えます。
 具体的に言うと「尖閣ビデオ」問題では、文民統制の「正論」では、流出させた海上保安官を逮捕、起訴するべきという事になります。同時に、こういう事態を招いた責任をとって管内閣は退陣するべきです。
 両方がきちんと責任をとるのが「正論」と思います。がしかし、これは「みんなに好かれない」話です。政府を批判する立場からは、政府が批判の対象になるべきだし、民主党・自民党をみんなに好かれたいとする立場からは、海上保安官を逮捕するなという世論に従うべきという立場になります。

 このように、どちらの立場からも支持されない、国民世論からも「好かれない」話が「正論」になった場合が、今回の「尖閣ビデオ」の最も大きな特徴と考えます。そして結果的に正論が「みんなに好かれない」話になった事が、最も大きな管内閣の失策と考えます。

 twitterやFacebookは、マスメディアも政党もそうでしょうけど、「みんなに好かれる」を判断基準にした以上、構造的に同じ弱点を抱えていると考えます。それが非匿名性が強まり、リアルに近づけば近づく程、既存の社会構造と同じく既存のメディア構造と同じ欠点を抱えて、ネット的な「玉石混交で言いたい話が言える」場でなくなると考えます。
  1. 2010/11/29 (月) 13:05
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010年11月16日(火) ◇ 芦田愛菜 (考えたこと)

 芦田愛菜さんの記事を書くにあたって最初に思った事。
 「お笑い以外で好きなタレントは、いますか?」って聞かれたら、男性アイドルは、絶対に答えない事。「里見浩太朗さんです。強くてやさしそう。水戸黄門を見て思いました。」位、答えるのがイイです。
 「好きなアイドルはいますか?。」って聞かれたら、「よくわかりません。」って言う事。
 周りの大人達が想定問答集を作って、芦田愛菜さんに覚えさせてあげて欲しいです。

 大橋のぞみちゃんみたいに「ジャニタレが好き。」言うとテレビ局が番組で会わせて、それをジャニタレのファンがこっぴどく叩く、それがネットの世界、他人の世界です。ネットでブログを何年もやっていて気づいたのがこれ。失言があると、ネットでは「氏ね」とか「キモい」とか当たり前に書かれますから。

 芦田愛菜さんは、来年は大河ドラマに淀君の幼少期で出るとwikiに書いてありました。「芦田愛菜 ブログ」で検索する人もきっと増える事でしょう。「芦田愛菜 ブログ」で検索する方がいたら、是非とも冒頭の事を覚えさせてあげて欲しいと思いました。


  1. 2010/11/16 (火) 20:05
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:18

2010年11月10日(水) ◇ 尖閣ビデオ (考えたこと)

 むしろ追い込まれてるんだよな。あのまま犯人がわかんなきゃ罰するかどうか決めなくてよかった訳だし。
 船をぶつけた中国人船長が釈放され、ビデオを公開した日本人が罰せられる事態は、国民の反感は強まるだけ。

 官房長官の顔が、悪役に見えてきたんですが、気のせいだろうか。
  1. 2010/11/10 (水) 18:18
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010年11月09日(火) ◇ 尖閣ビデオ (考えたこと)

 国民から見ると、尖閣ビデオを見たかったのになんで公開しなかったんだろうという不信が募り、民主党支持者から見ても今の政府は統制がとれてないという不満がつのる。八方塞な状況に見えます。

 その上、今後は国民感情に逆行して、尖閣ビデオの流出犯人捜しをしなきゃいけない茨の道。
  1. 2010/11/09 (火) 14:15
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2010年11月06日(土) ◇ 吉田尚記 (考えたこと)

 ニッポン放送アナウンサー吉田尚記さんの人の番組を聞くと、必ず自著の説明を冒頭に入れるんだよなぁ。時代は変わったなぁと思うのです。ニッポン放送のアナウンサーからフリーになって仕事が無くなった荘口彰久さんを悲しい教訓にして、フリーになる事はせず自著(ツイッターはラジオだ!)を作って売る事で印税を得るスタイルを貫いているなぁと思いました。

 荘口彰久さんみたいにフリーになっても、変態音響監督じゃ勝負できない、安定収入をニッポン放送の局アナとして得ながらより多い収入を目指すには、著書を販売するスタイルが有効なんだろうと思いました。ラジオと物販をドッキングさせるのはA&Gの常套手段だけど、ニッポン放送もそれに近くなったんだろうと思いました。
 上柳昌彦さんとかニッポン放送のアナは、もう誰もフリーにならないんだろうな。テレビで全国区のTBS安住アナでさえ、フリーになるのをためらってるんだろうし。

 吉田尚紀さんが放送中にtwitterが重くなると自慢げに語っても、うさんくさくて白けるだけです。
 ミューコミのtwitterが重くなっても聴取率が高くなっても声優さんの力じゃん。吉田尚記さんの実力なら、一人喋りでラジオをやって、twitterを重くしてからにしてほしいと思いました。

 検索ワードだと「吉田尚紀 twitter」というのが補助ワードで出てるから、それなりに「吉田尚紀 twitter」で検索する人がいるんだろうと思いました。
  1. 2010/11/06 (土) 14:37
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads