<< 前の記事 | ◇ |

2010年05月29日(土) ◇ AngelBeats! ネタバレ (アニメ、声優)

 AngelBeats!の感想をネタバレ込みで書きたいと思います。

 AngelBeats!主人公の音無が生きていた時の記憶が蘇り、死んだ理由は、地下鉄の落盤事故。医者の卵だった音無は、トンネルの中に閉じ込められ、かろうじて生存していた人とともに救出を待つが、7日後絶命直前に移植ドナーカードに記入する。
 で、音無は天使から、あなたの臓器が誰かに感謝されて生きてるんだと言われ、音無は納得して成仏しかけるが、仲間を成仏させようと思いとどまる。

 突っ込み所と言うと、列車事故で怪我をして7日もトンネルに放置された遺体から、臓器移植なんてしないだろという事と、そんなこと医者の卵の音無は気がついてるんだから、トンネルの中でドナーカードを書いても無駄だし、天使と話しても、それ理由で自己満足=成仏できないだろって事。そっか、作者はそこに気がついてるから、医者の「卵」にして卵だから気がつかなかったのかな?的に処理したのか。
 もうひとつ言うと、臓器移植を受けて生き永らえるってのは、個体の生きたいという欲望を満たすものであっても、遺伝的に弱い個体を残す事だし、高額の医療費を払える人しか臓器移植は受けられない訳で、高度医療は医療業界のお金儲けだろって事。お金儲けなんだから、鉄道事故で何日も閉じ込められて弱って腐った遺体から移植しないし。

 AngelBeats!は、こういう事を受け手に考えさせる事も可能なシナリオというか、食い足りなさを残した人情物なのか、と思いました。AngelBeats!を見た後に残る感想は、シナリオの矛盾?を設定の小技で隠してますよ的な所なのかな。以上、AngelBeats!のネタバレを感想込みで書きました。
  1. 2010/05/29 (土) 13:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010年05月29日(土) ◇ 臓器移植と費用 (考えたこと)

 何かを書くって事は、その一つの視点に縛られる事だし、その視点を複数持ちながら矛盾しない事を書くって事は、難しいと思います。

 臓器移植を受けてまで、生き続ける事に意味があるかっていう問題です。問題を突き詰めると、脳死した他人の心臓をもらってまで生きるべきかっていう。
 遺伝的になんらかの不具合を抱えている心臓病になったとして、そういう個体が生き長らえていく事は、種として見た場合、有益じゃないとも思うんです。そういう個体が生き残るより、別の個体が子孫を残した方が、残った子孫が心臓病にかかる可能性が低くなる訳です。
 じゃあ、個別の個体として死にたいかというと、死にたくはない、生き永らえたいなと思う訳です。

 遺伝性の疾患を抱えた人が、大量のお金を使って生き残り子孫を残した場合、その子供もまた遺伝性の疾患を抱える訳です。医者は、お金をもらって別の遺体から心臓を入れる、その繰り返しを何世代もする可能性が高いわけです。

 そうやって見ると、どれだけ重い疾患かっていうのと、疾患を直すのにどれだけお金がかかるのか、どれだけ苦しむのかっていうのは、かなり近い概念じゃないかと思うのです。
 風邪薬を飲む位の対価で直るから、風邪は大した事のない、生き残るべき病気であって、例えば、数億円かけて移植用心臓を用意してまで生きるのは、そうまでして生き残るべき病気なのかと疑問がわくのです。

 例えば、千円で心臓移植ができるなら生き残るべきだろうけど、数億円かけて心臓移植してまで生き残るべきだろうかという話です。そこまでして人間の一つの個体として、自分に生き残る価値があるのかと問いかけます。
 お金をかければ生き残れるというのは、医療産業が生み出した問題ともいえるでしょう。

 そうなんだよな、結局、「医は算術」とはよく言ったもので、医療も産業としてのお金儲けなんだよな。生き残る手段を提供して、その手段を得た原価に上乗せした価格で患者に売るという。で、その単価を上げれば、一定の粗利率なら、高い医療を売った方が儲かるという。

 再生医療が言われていて、豚で移植用臓器を作る研究とかしてますが、あれも、どこかの国や企業が技術を特許で独占したら、金のなる木になるから研究してるわけで、産業とか国家経済として見るとしょうがないんだろうなと思うし、それができたからと言って、買える人と買えない人の問題とか、移植を受けて生き残る事で遺伝性の疾患が受け継がれる問題は容易にクリアされないだろうとか、それをクリアする事は、うまく触れない様にするだろうなと思うのでした。

 要は、金を持ってる人間は、金を集める能力があるから、生き残る価値があるという結論になるのかと思うのでした。
 なんか昔のお芝居によくあったようなシチュエーションだなぁ、具体的には思い出せないけど、「病気のおっかさんにクスリを飲ませたいけど、医者からクスリを買う金がない」みたいな。
  1. 2010/05/29 (土) 04:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2010年05月29日(土) ◇ 小清水亜美 (アニメ、声優)

 キラッ(∞)ってしたいのを見たんですが、小清水亜美が中学生の英単語を間違えてみたり、難しめの熟語を間違えてみたりと、ありがちなおバカキャラをなぞってるだけと思うのでした。
 三瓶由布子が「無限代」とホワイトボードに書いて気がつかなかったり、普通の人にありがちな書き間違いの範疇を出ていなくて、小林ゆう画伯のように、「ファンタジスタ」な域には達してないのが残念でした。

 小林ゆう画伯は、「私は閏年をまだ迎えていない」とラジオで言っています。閏年をまだ迎えてないって、どういう事だよ、2月29日ってカレンダーに書いてあって、その日が閏年のために一日多い日って気がつかないのかよというレベルなんです。
 「栗のとげは、栗に刺さっている」とか、「私は豚姫」とか、「文化放送は豚宮殿」とか、「(ゲストの沢城みゆきに)あなたは踊りだしたくなる♪」とか、小林ゆう画伯のお言葉は、常人の発想の域を遥かに超えたレベルに達しています。それに比べると、小清水亜美がいかにもな「おバカキャラ」をやっても、それって間違いだと気付いていて、こういうのが面白いんでしょ?とやってるという感じです。

 大体、画伯なら「無限」と書くかどうかすらわかりませんし、プラスマイナスなんて数学が発想に出てくる時点で、すでにあんまり面白くないんです。常人が考え付かないような所から発想するのが、画伯の脳の独創性だし、だから古くならないんだろうと、ぷらふぃにの動画を見ながら思ったのでした。

 「小清水亜美 ブログ」というワードを入れておきますが、小清水亜美さんのブログがあるかどうかには、興味が余り湧きませんでした。バオバブの次世代声優なんでしょうか、バオバブは比較的まともなのかと思いました。
 ゴトゥーザさまは、のどの手術を繰り返すガラスの喉だしなぁ。貯金5千万だからバオバブも結構ピンはねしてるんだろうけど、先を考えると次世代にがんばれって事と、けいおん!!で荒稼ぎするポニキャニが手を組んだのが、ぷらふぃにか、、。
 ぷらふぃに、がんばれ!!で締めたいと思いました。
  1. 2010/05/29 (土) 00:27
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010年05月28日(金) ◇ 3連敗しなかったら奇跡 (スポーツ)

 FIFAワールドカップ2010の予想をすると、「日本代表が3連敗しなかったら奇跡」です。
 むしろ、日本代表がひとつでも引き分けできるのか?という感じです。
 2006年ワールドカップでは、クロアチアと引き分けたんですが、2010年はそれすら奇跡だろうと。

 やすやすとドリブルで破られるディフェンスライン、足の痛いのにJリーグで出場してW杯直前合宿でプレーできない中村、コンディションのあがらない遠藤、大口を叩くだけで前線で(チーム内でも)孤立する本田、4強を目標に掲げて韓国に惨敗して進退伺を冗談だという監督。

 ヤクルトの監督の方が、代表の監督より先に辞めるとは思いませんでした。

 まるで、星野監督が率いた野球オリンピック日本代表を見る様です。代表チームはバラバラ、予選で勝ち残った選手の慰労会かというのも、星野ジャパンと同じ感想です。
 というか、これで引き分けできる程、カメルーン、オランダ、デンマークは甘くない、全戦3-0か2-0で負けて当然というかむしろ納得できます。
 日本代表に一点でも入れば、ジョホールバルと同じような歓喜の喜びをあげたいと思います。

 直前のアジアカップ4位で臨む日本代表ですし、ここまでハードルを下げれば、がっかりする事なくワールドカップを楽しめるでしょう。
 がんばれ!サッカー日本代表!。
  1. 2010/05/28 (金) 22:31
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010年05月28日(金) ◇ 社民と沖縄 使い捨て (考えたこと)

 「予算後に、社民と沖縄 使い捨て」

 →5月決着、5月は予算後だから、こうなる事は予想できたけど、参議院選挙で勝てばなんとかなるという思惑はあたるんだろうか。
  1. 2010/05/28 (金) 21:34
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads