| ◇ |

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

2010年02月19日(金) ◇ willcom 既存ユーザー (PC携帯ゲーム)

 willcomが、会社更生法を申請しました。

 今、既存のwillcom音声ユーザがいるとしたら、既存の端末は着信専用に安心だフォン化(980円/月)して、発信は新規で2年間月額780円のwillcom端末を買うか、ソフトバンクのスパボ一括0円端末を確保しておく(月0円携帯の時に買っておくのが一番良かった)のが一番安いでしょう。

 一応、管理人は、ソフトバンクのスパボ一括0円で端末を買って、willcom番号と併用しているので、willcomが突然最悪停波になっても困らない措置は取ってます。しかし、最近めっきりwillcomからの着信が減った実感があります。

 全てのwillcomユーザが、ネットオークションで安心だフォンを買って、持込機種変更するとは考えづらく、むしろ解約して、ドコモなどのケータイに乗り換える人が多いんじゃないかと思います。そうやって加入数が減れば、willcomの24時間定額通話のメリットはさらに薄まるわけです。
 ソフトバンクのホワイトプランの1時から21時までの定額通話で満足する人が多くて、willcomがホワイトプラン同様のプランを用意しなかったのは、戦略の間違いという感じは、正直あります。
 月2980円の定額通話から何年も安くならなかった何年か(の怠慢)がwillcomの命取りになった感があります。
 徹底して定額通話の基本料が他社より安いのを貫がず、データだけで3Gより1000円安いだけで何百億円もかかる次世代PHSに執着した結果、ユーザーに見放されたのは当然だった気がします。

 あと、D4を過去のPC並み価格で提供して、イーモバイルの0円PCに負けた事も酷かったです。イーモバ二百万人か。イーモバにすら後れを取ったのがwillcomの致命傷でした。

 ドコモでもauでも、ソフトバンクでも、大画面3インチとかの折りたたみケータイは、4万円とかするんですが、あれが売れてるのが、すごいなぁと思いました。端末は始終持ち運んで顔に近づける訳で、おしゃれっていう事に、それだけ金を払う女性層がドコモやauの端末を買い支えているのかなと思いました。

 そうやって見ると、ドコモのN-06Aが売れてないのも、女性層にそっぽを向いてるからなんだろうなと、最近のケイタイで最も売れないのが、N-06Aという記事をどっかで見たんですが、女性層は、無線LANでフルブラウザでインターネットなんて興味ないだろうし、N-06Aのごつさは、ね、、、。

 でも、管理人は、N-06A欲しいんですよね、、今、端末0円だし。でも要らないよなぁと我慢しています。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/19 (金) 15:42
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2010年02月16日(火) ◇ 新聞の未来 (考えたこと)

 新聞の危機とか、新聞の未来とか言われています。要は、インターネットとケイタイの急激な普及で新聞を購読する人が減り、新聞社が経営上の危機にあるという話です。

 新聞を救う方法は、「新聞法」を制定して、一世帯は、NSK(日本新聞協会)所属の新聞のうちどれか一紙を必ず購読しなければいけないと定める事でしょう。で、新聞を取らない世帯を裁判で訴える!と国営放送並みにやるという。

 こうやって考えてみると、なんであの国営放送だけテレビを設置したら受信料を払わなきゃいけないのか、おかしさに気がつかされます。

 正直言って、本体記事より何十倍も多い広告量があるのに、高い購読料5千円弱/月とか考えられないし、即時性のある情報はテレビやネットで済んじゃうし、新聞だからといって情報の質がそんなに高いとも思えません。

 そうなると新聞が生き残る道は、国家権力に守ってもらう位でしょう。
 どうせ今だって、再販価格維持とか露骨なやり方で価格を維持してるんだし、次は新聞を絶対に買わせる法律を作らせちゃえば、未来永劫、新聞の未来は安泰でしょう。
  1. 2010/02/16 (火) 10:33
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2010年02月15日(月) ◇ 国母和宏 (スポーツ)

 「(チッ、ウッセーナ)反省してまーす。」な、国母和宏選手の記者会見の話で、ささやき女将の記者会見を思い出しました。

 今、マイクの性能が良くなってるから、マイクの前に立ったらどんなちっちゃなささやきでも、拾われちゃうんですね。それはそれとして、かわいそうな気もします。

 国母和宏選手は、空気が読めているから、「チッ、ウッセーナ!」(反省してまーす。)と言わなかった訳で、国母和宏選手にも常識がないわけじゃないと思います。

 ほとんど見た事のない報道陣が、オリンピックだけわらわら寄ってきて、オリンピックが終わるとパッと去ってゆく。
 冬の種目は、マスコミにとってそんな扱いで、その在り方自体がかなりウザイものだろうと想像できます。競技にお金をかけているのは自分(とスポンサー)だし、マスコミが何権威ぶっているんだよという気持ちもあるのかなと思います。

 国母和宏選手の本音は、国母和宏選手のブログを見たりしたらわかるのかなと思いました。「国母 ブログ」とか、「国母和宏 ブログ」とかで検索したらわかるのかもしれません。

「<絶叫で>チッ、ウッセーナ!(反省してまーす。)」位やれば面白かったのにと思いますが、それやったら選手生命なかったでしょうね。

 国母和宏選手、メダルを獲れるようがんばって!。
  1. 2010/02/15 (月) 19:41
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2010年02月03日(水) ◇ お賽銭 (考えたこと)

 お賽銭って、神様が使う訳じゃないですよね。神社の人が、お賽銭箱から出して使う訳です。
 そもそも、神様ってお金なんて必要としないし、お金を使う訳でもありません。神様がお金を必要としてたら、貨幣経済が出来る前の神様は、成り立たなくなるでしょうし。

 そもそも神様がいるとしたら、人間なんかはるかに超越した存在のはずです。その神様から見て、人間が人間にとってのみ有益なモノを物々交換している様が、信仰という行為に見えるかどうか、極めて疑問な訳です。
 例えて言うなら、ミツバチがミツバチにとって有益な栄養素を集めて、それを別のミツバチに渡す行為が、人間から見て何かの信仰の行為に見えるのか考えると、ただのミツバチの行動にしか見えません。
 そういう風に、神様から見たお賽銭は見えるんじゃないかと思うのです。

 人間が別の人間に、人間にとって有益な貨幣や生産物を渡す行為は、そこら中にあって、神様から見たらそれらは同じ行為に見えるだろうと思うのです。よくわかりませんが、神社の人がお賽銭箱を開けてお金を集めて口座に入れて、その一部でベンツを買うのと、他の商行為との区別って、どうやって区分するのだろうかと。
 電子的に口座振替で神社の口座に送金されるのと、お賽銭を口座振替で送金するのと、神社の人が入金するのと、何がどう違うのだろうかと思うのです。

 教義があるとかないとか言われても、ああいう記号の集積体、ミツバチにとって6角形の巣の塊が「教義」だったとしても気がつかないという感じで、神様が人間が考える「教義」を意味あるモノと認識するのか、疑問な訳です。
  1. 2010/02/03 (水) 01:53
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2010年02月02日(火) ◇ ケータイ送金 (PC携帯ゲーム)

 ドコモケータイ送金について書いてみようと思います。

 日本の電子決済手段と言えば、コンビニ、郵便局、銀行のATMが最も普及しています。
 お年寄り相手の振り込め詐欺に使われる位、ATMでの振込は誰でも使う送金手段です。
 また、郵便局の払込取扱票なら郵便局に口座がなくても、ATMで料金80円払えば誰でも少額決済ができます。
 また、クレジットカードも普及しています。クレジットカードも、カード番号を入れれば、ネットでの決済にも使えます。

 そういう電子決済手段が、すでに一般的に普及した日本で、ドコモケータイ送金は、
 
 1、送金側も受取側もドコモのi-modeユーザー。
 2、受取側のドコモケータイ番号と、頭2文字のカタカナがわかっている。
 3、送金側は、ケータイ料金の支払い方法が、銀行の口座振替か、DCMX(ドコモのクレジットカード)である。
   ※送金側のケータイ料金支払い方法が、クレジットカード払いの場合は、使えない。
 4、1回の送金金額の合計は、2万円まで。一つの番号で受取れる金額は、1ヶ月20万円まで。
 5、自分から自分への送金はできない。
 6、送金手数料は、1回につき105円を送金側が負担する。
 概ね上記の制限で、サービスをしています。

 これが受け入れられるのかを考えると、ドコモユーザは、5千万人と記憶していますが、その中で「DCMX以外のクレジットカード払いをしているユーザ」は、ケータイ送金で送金側になれない訳です。
 この欠点は、結構大きいのかなと思います。DCMXが1000万契約位あると承知していますから、概ね半分位、2~3000万契約位は、「DCMX以外のクレジットカード払いをしているユーザ」なのかなと思います。

 それでも、およそ2000万台のi-mode端末で手続きなしに即時に少額送金する手段が得られたのは、メリットが大きいと思います。じぶん銀行の様に送金する為に口座開設で何日もかかるのと、ドコモケータイ送金は大きく違います。
 ドコモケータイ送金の手数料は105円ですから、地方銀行のATMから都市銀行の口座に送る手数料が480円とかに比べると圧倒的に安いですし。
 特に地方で強いドコモですから、郵便局や地方銀行のATMに行かなくても、その場でいつでも決済できるのは、便利でしょう。
  1. 2010/02/02 (火) 13:18
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。