FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2009年10月23日(金) ◇ 絶望先生 動画 (アニメ、声優)

 「絶望先生 動画」で記事を書いてみようと思いました。

 「 「絶望先生 動画」で検索したのに、絶望先生の動画のないブログに釣られて絶望した!。」

 という訳で、このブログには、絶望先生の動画は無いみたいです。

 この「○○に、絶望した!。」っていうのは、何でも入れられて、テンプレとして便利と思いました。
 「絶望放送という絶望先生のラジオも聞きましたが、自虐ネタのオンパレードというか、絶望先生というのは、基本「自虐」ネタを楽しむ番組と思いました。

 例えば、

 「化物語のDVDを買う事にしたので、絶望先生はYoutubeで見るだけに変えたという視聴者に絶望した!。」

 とか、

 「化物語の主役は、DVDの売り上げ絶好調を喜んでいて、他の絶望先生声優とは心境が少し違う事に絶望した!。」

 とか、

 「絶望放送の時と、化物語のあとがたりと、ファミ通TV動画とで、声のトーンや話し方を変えている声優のプロ根性に、絶望した!。」

 など、単なる感想・妄想・ネタでも何でも、最後に、「~に絶望した!。」と入れれば、脳内で神谷浩史さんの美しいお声に変換されたので、とても便利と思いました。

 という事で、あまりにつまらないネタだったこのブログに絶望して終わろうと思いました。
 ※このブログの内容は、全てフィクションで、現実に存在する事実や物とは一切関係ありません。
  1. 2009/10/23 (金) 13:05
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年10月20日(火) ◇ 丹下桜 (アニメ、声優)

 丹下桜さんが、DSソフトのラブプラスで本格的な声優復帰をしていて、丹下桜さんと言えば、カードキャプターさくらのさくら役で、萌え声優として大人気を博していたのですが、この何年か声優活動を休養されていて、その間に結婚もされているという情報をWikipediaで見ました。丹下桜さんにお子さんはいらっしゃるのか?と思いました。

 文化放送A&Gの「丹下桜のRadio・A・La・Mode」という番組がニコ動にあって聞いてみて、2回目と1回目、今年の秋に始まった番組なんですが、昔の声優番組臭が漂う、萌えパワー全開の番組に仕上がっていました。

 カードキャプターさくらは、DVDを欲しくなってしまいそうな萌えパワー全開だった記憶がありますが、今でも全然変わらず、むしろ萌え技は熟練されていて、円熟味すら感じる素晴らしい一人ポエム朗読とか、時間を感じさせない丹下桜さんの素晴らしいお声が聞けたのでした。

 今の若手の声優さんだと花澤香菜さんのお声が、丹下桜さんのお声に似てるかなぁと思いましたが、花澤香菜さんの方がA&G「ひとりでできるかな」のフリートーク時に声が低くなるというか、素の声に近くなるという感じはあります。逆に考えると、丹下桜さんは、ラジオの時間中ずっとあの萌え声をキープしているのは、それはプロとしてファンが丹下桜さんからイメージする声を演じている訳で、それは素晴らしい技術だなぁと思うのでした。

 丹下桜さん演じるラブプラスの凛子だと、初期状態だとツンもかなり入っているのを聞いて、そういうお声も出せるのだなぁと、その声の方が丹下桜さんの地声に近いのかと思ったのでした。

 ラブプラスは、Amazonじゃ完売みたいです。(他のサイトでは買えるみたいですが。)丹下桜さん以上に、皆口裕子さん人気が高いようです。丹下桜さんの演じる凛子は、初期でツン要素が多いのが人気に影響してるのかなぁ。
 「丹下桜 ブログ」で検索してみると、丹下桜さんのブログも見つかるんだろうなぁ。でも、丹下桜さんのお声じゃないと魅力は何十分の1になるのかわからなくなる位だろうなぁと思って、丹下桜さんのブログは探さなかったのでした。
  1. 2009/10/20 (火) 00:19
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年10月16日(金) ◇ 飯島真理 (考えたこと)

 「マクロスフロンティア」というアニメがあり、TOKYO MXテレビでやってたので見ようかな、、と思いました。

 マクロスと言えば、飯島、、、あれ?なんだっけか名前が出てこないや、という事で、「マクロス 飯島」でググってみると、マクロスに出ていた声優さんは、飯島真理さん。ミンメイ役というのが、wikipediaに出ていました。そうそう、飯島真理さんです。「愛おぼえていますか」です。アイドル声優の奔りです。

 今なら、声優がキャラソンを歌うのは当たり前だし、茅原実里さんとか、むしろ単なる歌手より、声優の方が人気が高いくらいですが、当時は、大学で音楽の勉強をされていた飯島真理さんが、マクロスのミンメイ役の人気に引きずられて苦悩したという時代だったのだなぁと、wikipediaを見て思いました。

 「飯島真理 ブログ」で検索する前に、飯島真理さんが現在も活動を続けていて、ブログも書いているらしいという記事をwikipediaで見て、なるほどなぁと思ったのでした。マクロスと言えば飯島真理さんだし、飯島真理さんと言えばマクロス、と切っても切れない関係と思います。

 キャラソンという意味で言えば、架空のキャラがしっかり歌って、作中でも現実でも人気を博して、現実の飯島真理さんが、そのギャップに悩むのは、今のキャラソンは作中で歌わないキャラがバンバン歌うし、現実側も喜んで作品世界に寄っていくという、それは時代が変わったなぁ、アニメ声優の社会的地位が変わったなぁと思いました。
  1. 2009/10/16 (金) 16:21
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年10月15日(木) ◇ 超電磁砲 (アニメ、声優)

 「とある科学の超電磁砲」を2話見た所で、「とある魔術の禁書目録」をYoutubeで1話から18話まで見ました。
 「禁書目録」は上条さんに都合良すぎだなぁと思いました。3話位で一つのヒロインにまつわるエピソードが組み立てられてて、上条さんモテ過ぎだなぁと思いました。1話~6話のヒロイン「インデックス」の属性が「チビロリ」なのが、「禁書目録」が大ヒットしなかった理由かなと思いました。
 戦場ヶ原ひだぎみたいなスタイルが良く背が高くて、ツンデレ毒舌なヒロインだったら、化物語みたいにヒットしたのかもと思いました。7~9話のヒロインの女神は、長門の様な人気の属性、無口キャラなんだから、上条さんとくっつけた方がいいんだろうにと思いました。

 「超電磁砲」で出てくる、ビリビリこと御坂美琴がヒロインなのが、10~14話。「超電磁砲」を見てると、上条さんが所々で出てくるんですが、上条さんが出てくる理由が、「禁書目録」、「超電磁砲」両方を見てもよくわかりませんでした。
 あと、「アクセラレータ」と上条さんのバトルは、「上条さんが勝てっこないでしょ。」と思いつつ見て、まぁ、この「禁書目録」・「超電磁砲」は、無理やり主人公が勝つんだなぁと思いました。
 アクセラレータは、空気の流れを操ってプラズマまで作れる程のエネルギーを持ってるんだから、当然、御坂妹が風車を動かして起こした風の流れくらいじゃ、アクセラレータがプラズマエネルギーを上条さんに打ち出すのは阻止できないだろうにと思いました。
 「禁書目録」の上条さんはチート過ぎだし、上条さん理屈の「上条さんは無能力者だからアクセラレータが負けたら実験が終わる。」っていうのも、上条さんが持っている力がレベル幾つか相当に分類されて研究対象になるだけだろうと。
 上条さん対アクセラレータは、上条さんの「負け」だけど、アクセラレータが「手加減」して上条さんを生き残らせた方が合理的と思いました。で、科学側は「上条さんのクローン」を作るなりして、アクセラレータと戦わせる方が合理的と思ったのでした。それで「御坂妹の」虐殺は無くなるという方が合理的と思いました。

 ドラゴンボール的な発想でいけば、「アクセラレータが負けてこそ強くなる」訳で、アクセラレータが負けるような強い力が現れてこそ、科学側はアクセラレータをより強くする実験を行うべきとなるはずと思いました。その発想になったら、ドラゴンボール化するんだろうなと思いました。

 「超電磁砲」は、黒子が御坂にセクハラするシーンが面白いです。男の子が女の子にセクハラするシーンはアニメで描けなくても、女の子同士のセクハラならアニメ表現できるという、ギリギリをついているのだろうなと思いました。
  1. 2009/10/15 (木) 14:43
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年10月15日(木) ◇ 中古ノートパソコン (PC携帯ゲーム)

 中古ノートパソコンでなく新品で11万円で買って7年弱使ったノートパソコン、ソーテックのWL2120が起動しなくなりました。正確に言うと、バッテリーからだけ給電されて、AC電源からは一切給電されなくなってしまったのでした。
 電源を切ったまま放置して冷やしてみたけど変化なし。ヨドバシ八王子店に行って、IDE-USB変換アダプタを買ってきて、ハードディスクを取り出してデータを取り出してVistaパソコンに移動したのでした。


 中古ノートパソコンを売ってるけど、WL2120を買ったのが、2003年1月だったので、使い続けた期間、7年弱で起動しなくなった訳で、7年で起動しなくなるっていう実際の経験からして、中古ノートパソコンは、何年も使えないだろうなという感じです。

 あと、今年になって、Vistaパソコンを買って、そっちメインで使うようになって、WL2120はサスペンドモードにして、日に1回位回復させるという使い方をしてたんですが、そういう使い方をすると、部品が冷めたり熱くなったりして寿命が縮むんだろうなと、毎日電源入れっぱなしで、扇風機で風をブンブン当てて冷やし続けて使うのが、中古ノートパソコンを長く持たせる方法なんだろうなと思ったのでした。

 今回の経験から踏まえると、中古ノートパソコンというかノートパソコンの寿命は、およそ7年、5年過ぎたらデータを引っ張り出す方法を考えておこうというのと、ハードディスクよりマザボが逝かれる可能性が高いというのを感じたのでした。
 ノートパソコンを売らないで持っている事で、中古ノートパソコンの寿命データが取れたので良かったとしましょう。7年で壊れるなら、ハードオフとかで売られる中古ノートパソコンはタダ同然じゃないかと思い、中古ノートパソコンは買いじゃないと思うのでした。

 今買うとしたら、ネットブックと、Core2Duo辺りの安いデスクトップ:23インチフルHD液晶の使い分けが良いと思いました。ネットブックを買うのに2万5千円、Core2Duoの安いデスクトップで、3万円、23インチフルHD液晶で2万円だと、全部合わせても7万5千円。7年前のノートパソコンWL-2120、1台で11万円よりずっと安いのです。
 もう新品ネットブックで2万5千円といわれると、中古ノートパソコンはちょっと買いじゃないなぁと思うのでした。
  1. 2009/10/15 (木) 11:12
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads