FC2ブログ
| ◇ |

2009年09月10日(木) ◇ EeePC 100円 (PC携帯ゲーム)

■「EeePC 100円」と他のネットブックの比較
 「EeePC 100円」という事で、EeePCを他のネットブックと比べると、SSD率が高いのかなぁと思いました。なんとなくそう思ったという事で、SSD率をわざわざ計算して比較しても意味がないので、なんとなくそんな感じでいいと思います。
 あと「EeePC 100円」を、他の「ネットブック 100円」と比較すると、バッテリーの持ちが良い機種も多い印象も持ちました。量販店の店頭で見るネットブックって、バッテリーの持ちが2~3時間の機種が多いようです。
 管理人は、ドコモのネットブックを買おうと思った時に、AspireOneなどの「ネットブック 100円」に惹かれました。AspireOneの3機種で一番新しいD250とか、MSIのU100とかが比較対象になりました。

 結局、同じ市のドコモショップを何軒かドコモのホームページで調べて、100円パソコンをやってるか、機種は?色は?と電話をかけて、機種を即検索したら、その中のEeePC901-16Gの仕様(SSD16GB、バッテリー8時間、液晶1024×600)に惹かれて、量販店に触りに行き、白がいいなぁと思いつつ色は黒しかなくて、色だけは妥協して、EeePC901-16G(黒)にしたのでした。
 その時点では、価格コムで調べた相場より安いという事でチェックしてます。

 ですので、最初から「EeePC 100円」狙いでは無かったのです。今年の7月以降に、「ドコモ100円PC」狙いで、調べたらいい仕様の「EeePC 100円」が見つかったという事です。ドコモショップでは、扱っている100円PCは、1ヶ月位で変わってゆきますから、「EeePC 100円」をドコモショップで探すには、前述の様に、直接何軒かのドコモショップに電話するしかないようです。

 振り返ると量販店の店頭では、「100円 パソコン」のデザイン、薄さ、画面の大きさに惹かれた気がします。

■「EeePC 100円」機種の歴史を振り返る
 「EeePC 100円」の歴史を思い出すと、かなり長い期間、画面の両側にスピーカがついていて、黒いパネルになってるモデルの時期があって、「これは、近い将来にここが液晶になるEeePCがモデルチェンジで出てくるだろうなぁ。」と思ったのでした。
 あと、SSDが4GBの機種の期間も結構長くて、その後、8GB+8GBという中途半端な機種の期間もあり、4GBの機種を使い込むページでは、Windowsのスリム化が重要なテーマにされてて、WL2120(Cドライブ10GB)のディスクスリム化でとても参考になりました。
 いずれは、モデルチェンジでSSDを大容量化するのかなぁと思ったのでした。

 「EeePC 100円」がそうこうしている間に、ネットブックでは、あっという間に160GBハードディスクの機種が増えて、ほとんどのネットブックがそういう仕様になっているようです。多分、160GBハードディスクの方が安いし、高速SSDの供給が追いつかないので、そうなっているのかなと思います。

■イーモバイルとドコモの「EeePC 100円」では、支払条件が大きく違います。
 別記事の「イーモバイルとドコモの料金比較」をご覧ください。
  1. 2009/09/10 (木) 12:09
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads