FC2ブログ
| ◇ |

2009年09月04日(金) ◇ こども手当 (考えたこと)

 こども手当の「目的」は、「今産もうか迷ってる人」を金銭的に援助して、「出生率を引き上げる」ことと思っていました。
 そう考えると、今より10ケ月後(早産の人もいるだろうから、9か月以降)の何月何日以降出産した人に、例えば、300万円~100万円補助するという形式が最も適していると考えます。
 今既に生んだ方は、それまでの条件下で生んだわけで、その方々を補助するのは、「生活の補助」であって、「出生率を引き上げる」という政策目的にはあっていません。

 テレビで見てたら、今既に産んでいる多産芸能人の方が、いくら「こども手当」をもらえるかというのをやっていました。あぁ、それって違うよなぁ、ただ子供がいる方にばら撒いたって、出生率は上がらないだろうと思うのでした。
 出産自体の「社会的価値」を、「金銭」として表現するのが、最大の考え方の転換だろうと思います。
 女性が子供を産むこと、出生率増加分の「社会的効果」を考えれば、その子が大きくなり働いて、所得税も住民税も社会保険料も健康保険料も納めてくれるわけで、300万円でもいずれ元が取れる額と思います。
 また、高所得者家庭においては、こども手当(金銭的援助)での出生率向上は高く見込めないと考えて、所得補てん的な形で所得額とこども手当の額をスライドさせる事も考えられます。

 昔であれば、「箱物を建てればこれから何十年も使えて国民みんなの役に立つ。」と、公共施設を建てる時の理屈はそういうものでした。
 今は、「出生率が向上すれば、これから何十年も経済を支えてくれる。」と、国の側がパラダイムを変える時期に来ていると思います。
 個別な家庭では、「子供をたくさん産んで育てる高額の費用と手間より、産まない方が経済的」という考え方が、出生率の低下の基になっていると危惧します。それを産んだ方が、「経済的」に変えられるのは、国だけだろうと考えます。
 「こども手当」について、ふっと思ったので、書き散らしました。
  1. 2009/09/04 (金) 16:36
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年09月04日(金) ◇ イーモバイル 100円 (PC携帯ゲーム)

 「イーモバイル 100円」は、「イーモバイルの通信回線契約と、パソコン」の「セット販売」です。
 「イーモバイル 100円」で、セット販売されるイーモバイルの通信契約(スーパーライトデータプラン にねんMAX)は、「月2,900円~6,880円」の24ヶ月契約で、2年トータルの支払総額は、およそ7万円~16万円になります。

■パソコン部分の支払額は「100円」で、通信回線分の最低支払額は、2年計7万円という歪(いびつ)さ。
 下の表が、「スーパーライトデータプラン にねんMAX」の料金表です。
 上限の14MB/月はWebぺージを20ページも見ればあっという間で、すぐに上限の6,880円/月の支払いです。
price_ninen_max_img_01.gif
 イーモバ回線でネットに接続しない場合は、7万円の支払で、イーモバ回線を2年フルに使うと、16万円の支払いになる。これが、「イーモバイル 100円PC」にかかる支払です。

 また 「イーモバイル 100円」PCを、24カ月中に解約すると、69,600円~2,900円の解約金がかかります。24カ月中にいつ解約しても、2年間イーモバ回線でネットに接続しない場合と同じ7万円とほぼ同じ支払いです。
ninenmax.gif

■2年トータルの最低支払額(約7万円)を、一番大きく店頭で表記するべき。
 「イーモバイル 100円」とデカデカと表示する量販店の店頭が、「イーモバイル 100円」を不審に思わない「情報弱者の釣り堀」のように見えるのは管理人だけでしょうか。
 実際、「イーモバイル被害者の会」という名前のスレも見かけましたし、「イーモバイルに騙された」と思っても、解約料に悩まされる人も多いんじゃないでしょうか。

 「2年の通信契約とパソコン」のセット販売で最低支払額は約7万円なのに、パソコンの価格だけを「100円」と大きく表記するのは、おかしくないでしょうか。
 「イーモバイル 100円」は、「通信契約とパソコン」のセット販売なのだから、2年間の「最低支払額と最高支払額」+新規事務手数料を、「72,435円~16万7,955円」の様に「一番大きく」表記すべきじゃないでしょうか。
 「イーモバイル 100円」という店頭の表記がまかり通り、公正取引委員会が動かないのは不思議に思いました。

 「通信回線とパソコンのセット販売」が悪いと言っているわけではありません。
 「通信回線とパソコンのセット販売」なら、合計の「最低支払額と最高支払額」を、一番大きく店頭に書くべきです。
  1. 2009/09/04 (金) 15:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年09月04日(金) ◇ 100円パソコン 比較 (PC携帯ゲーム)

 「100円パソコン 比較」というタイトルで記事を作ってみようと思ったので、一応各機種の仕様をちらっと見たんですが、多すぎてまとめきれません。というか、ほとんどの機種は、判で押したように、Atom1.6GHz、メモリ1GB、HDD160GB、1024×600液晶というスペックなので比較する意味がありません。

 なので、管理人の買ったEeePC901-16G につながる2008年のEeePCを、「100円パソコン 比較」してみました。
 EeePC901-16G は、11月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、SSD16GB、1024×600液晶8.9インチ、バッテリ8.1H。
 EeePC901-X は、6月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、SSD8GB+8GB、1024×600液晶8.9インチ、バッテリ8.3H
 EeePC900-X は、5月発売、CelM 900MHzメモリ1GBSSD8GB+8GB1024×600液晶8.9インチ、バッテリ4.3H。
 EeePC4G-X は、1月発売、CeleronM 630MHz、メモリ512MB、SSD4GB、800×480液晶、バッテリ3.2H。

 これは、ほぼ同じデザイン・大きさのEeePC100円パソコンが性能を上げていった過程と捉えてます。
 赤字部分は前モデルに比べて進化した部分です。こうやって見ると、Eee PC 901-16Gに向かって数ヶ月毎に確実に性能がアップしたのがわかります。管理人はPCを何年も使うつもりなので、こうやって小刻みに性能が大きく向上している期間は、パソコンは「買い」でないと思います。

 この他に2008年のEeePCは、以下の薄型デザイン重視モデル、HDDモデルもありました。
 EeePC S101 は、11月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、SSD16GB、1024×600液晶10インチ、バッテリ5H。
  ※デザイン重視の高価格モデルは、なかなか100円パソコンにならないようです。

 EeePC1000H-X は、10月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、HDD160GB、1024×600液晶10インチ、バッテリ6.9H。
  ※HDDモデルは、SSDに比べて振動に弱いが、大容量です。モバイル用途よりデスク用寄り。

 「100円パソコン 比較」という意味では、高級モデルがデザイン重視に走り出したら「枯れた仕様」という見方もあると思います。で、Eee PC 901-16G は半年以上前のモデルとして在庫処分対象になり、100円パソコンとして安価に手に入るようになったと考えています。

■イーモバイルとドコモの「100円パソコン」では、支払条件が大きく違います。
 「100円パソコン 比較」という意味では、ドコモとイーモバイルの「100円パソコン」では、支払条件が大きく違います。
 別記事の「イーモバイルとドコモの料金比較」をご覧ください。
  1. 2009/09/04 (金) 02:49
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads