<< 前の記事 | ◇ |

2009年08月31日(月) ◇ docomo 1円パソコン (PC携帯ゲーム)

 よく行く家電量販店で、小型ノートパソコン販売コーナを見て、「docomoの0円パソコン」と思っていたのが値札には、「1円」とあり、「docomo 1円パソコン」としている店があるのかと思いました。
 検索される場合「docomo 1円パソコン」と書いてないと上位にならないので、他の記事と内容がダブっても、「docomo 1円パソコン」の記事を作ろうと思ったのでした。当然の様に、価格コムでも調べました。

■イーモバイル、ドコモ、ウィルコムの料金比較表  

パケ代(24ヶ月縛り有)
プロバイダ代
(24ヶ月縛り無)
パケ代上限
+プロバイダ代
通信キャリア(料金プラン)
期間
下限
上限
イーモバイル
(スーパーライト
データプラン にねんMAX)
1ヶ月
2,900円
6,880円
不要
6,880円
24ヶ月
69,600円
(3MB/月)
165,120円
(14MB/月)
不要
165,120円
ドコモ
(定額データプラン
 スタンダード割バリュー)
1ヶ月 1,000円
5,985円
400~800円
6,380~6,785円
24ヶ月
24,000円
(3MB/月)
143,640円
(18MB/月)
9,600~
19,200円
153,120~162,840円
ウィルコム
<参考:パソコン無>
(新つなぎ放題980円キャンペーン)
1ヶ月 980円
980円
0~980円
980~1,960円
24ヶ月 23,520円
23,520円
0~23,520円
23,520~47,040円
 ※各キャリアとも、新規事務手数料、中途解約手数料は、この表に含まれません。

■docomoの「1円パソコン」の支払総額は、(約2万5千円~16万円)です。
 「docomo 1円パソコン」は、パソコンと、ドコモのデータ通信契約(定額データプラン スタンダード割バリュー)との「抱き合わせ販売」です。なのに、商札には、パソコン部分だけの価格が「1円」と、大きく書かれています。
 「定額データプラン スタンダード割バリュー」では、最低(FOMAで全くインターネット接続しない場合)でも、(2年分の基本使用料)+(新規手数料)-(イービリング割)で、約25,000円を支払う契約になってますし、FOMAで2年間(毎月18MB以上)インターネット接続をすると、2年で累計16万円以上の支払いが生じる契約になってます。
 また、24ヶ月までと、26ヶ月以降に解約すると、解約金(26,880円~9,975円)がかかります。
 解約金等、「docomo 1円パソコン」の料金体系について、詳しくは別の記事をご覧ください。

 「docomo 1円パソコン」は、パソコンとデータ通信契約の「抱き合わせ販売」なので、「1円」でなく、両者の合計額の最低支払額~最高支払額(約2万5千円~16万円)を価格として表示すべきじゃないか、と疑問に思います。

■「docomo 1円パソコン」に付いてくる「FOMA-USB通信モジュール」で、「通信しない」のがお得。
 記憶を遡ると、ドコモには、シグマリオンというウインドウズCEのPDAがあり、確か当時は、ドコモPHSでしか通信させないよう、DDIポケット(今のウィルコム)のPHSカードでは、通信しないような仕組みがあったと思います。
 で、シグマリオンと、ドコモPHSデータ通信カードと、ドコモPHS契約の抱き合わせ販売を買って、シグマリオンに、ウィルコムPHS通信カードを繋ぎたいという発想があったと思います。

 安く「docomo 1円パソコン」を買い他社の通信モジュールを使う発想は、当時と同じと思いました。
 「docomo 1円パソコン」を購入してFOMAで通信しないで、「ウィルコムの980円新つなぎ放題キャンペーンで、USB通信カードとインターネット接続環境を購入して、「docomo 1円パソコン」に接続する。
 そうやって、安くモバイルインターネットつなぎ放題の環境を作るものです。

 ※イーモバイルの1円パソコンは、最低支払額が60,000円以上になり、この発想から外れます。

■「docomo 1円パソコン」をどう選ぶか。
 「docomo 1円パソコン」では、ドコモショップによって力の入れ方がかなり違います。今まで、イーモバイルの1円パソコンを指をくわえて見てるだけだったドコモショップ。その中には、「docomo 1円パソコン」のモデムも0円、パソコン機種もかなり力が入った機種を投入しているところがあります。
 しかし、1機種だけを「docomo 1円パソコン」として扱っているドコモショップがほとんどなので、ドコモのホームページで、近隣のドコモショップ(複数)の電話番号を調べて直接電話をかけて、「docomo 1円パソコン」の機種(色)とモデムの価格の条件を確認して、すぐに機種名をはネットで検索してスペックを確認する事がよいと思われます。

■機種選びで、「docomo 1円パソコン」を、「どう使えるか」は決まる。
 「docomo 1円パソコン」では、ネットブックと呼ばれる機種で、スペックが同じように思われがちですが、「バッテリーの持ち」、「画面の大きさ」、「ハードディスクかSSDか」の点は、大きく異なります。
 A、「バッテリーが長時間(8時間)持つ」、「画面が8インチ」、「SSD」は、実際に常時モバイルできるパソコン。
 B、「バッテリーが2時間持つ」、「画面が大きい(10インチ)」、「ハードディスク(160GB)」のパソコンは、事実上デスクトップで、省スペースパソコン
 、、、と大きな違いがあると思います。

 調べてみると、B、のパターンのパソコンが、「docomo 1円パソコン」となってる事が多いのです。バッテリーというコストのかかる部分で、コスト削減されてるので、モバイルには実用上無理があります。
 この辺りは、「ネットブックの比較」という別記事で詳細に書いてます。
  1. 2009/08/31 (月) 17:13
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年08月30日(日) ◇ 民主大勝 (考えたこと)

 衆議院議員選挙は、民主大勝なんでしょうか。麻生首相は、民主党小沢代表の秘書が逮捕された直後に、「予算が通った、国民に評価してもらうため解散する。」という大義名分で解散すれば勝てた(確率が今よりずっと高かった)のです。わざわざそのチャンスも逃して、小沢代表が一か月ジタバタして辞めて鳩山代表になり、都議選の惨敗の後、最悪のタイミングで解散したのでした。

 就任直後にも麻生首相が勝てるタイミングはあったと思います。それらを逃すわけだから、勝負を見極める器がなかったんだろうなと思いました。それでもまだ麻生首相には、サミット後に不人気だから辞めて他の人にゆだねるとかの選択肢はあったと思います。
 自民党は、小池百合子とか日本初の女性首相で選挙戦を戦うとかやりようはあったと思います。
 逆に小沢は、「ここで辞めろ。」って国民の声を聞いて代表を降りるという、違いが出たと思います。

 自信満々に選挙戦を戦った麻生首相には、「さようなら。」という言葉しか浮かびません。都議選の結果を踏まえて負けるとわかっていて「玉砕」する神経は信じられません。
 勝負を見極める器もなく、猪突猛進して敗戦。神経が図太いだけで指導者として最悪と思います。

 何にしても、「民主大勝」でしょうか。「民主大勝 ブログ」で検索する人がいるかと思い記事を作りました。
 今夜、「民主大勝」を受けて、麻生首相がどういう顔で退陣表明をするのか興味深いです。
 「この4年間の自民党の評価」とか言って、「自分だけのせいじゃない」と主張しそうな気もします。
 その無責任さへの苛立ちが、「民主大勝」の空気なのかなと思いました。
  1. 2009/08/30 (日) 18:37
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2009年08月30日(日) ◇ 通信費節約 (考えたこと)

 管理人の通信費、IT費を公開します。管理人はお金がないので、通信費節約とIT費節約をしています。

■インターネット通信環境
 <自宅>
 @Nifty ADSL12M(2,100円/月)+ NTTプラチナライン固定電話(1,600円/月)=3,800円/月
  640kbps→12Mbpsで頻繁に切断。@Niftyに速度調整依頼。6PT保安器を交換、速度1.5Mbpsで安定。
  ※光ファイバーは高い(約7000円/月)ので不要。動画サイトでも、この速度で十分。
  一番最初のメールアドレス維持で、210円/月。プロバイダを変えても、同じメアドを使えるように。

 <モバイル>
 ウィルコム980円/月新つなぎ放題キャンペーン。速度は、128kbps。
  月額費用:新つなぎ放題(3,880円/月)- W-Value割引(3,750円/月)=130円/月
 USB通信端末:NS001U をウィルコムストアで一括購入。
  (19,800円-4,500円(サポートコイン)=15,300円)

■携帯電話
 ウィルコム安心だフォン(980円/月)+スーパーテレフォンで3番号外と通話。
 ソフトバンク821SCを、スパボ一括0円購入。家族連絡用。2台同時購入でただとも5千円×2キャッシュバック。

■パソコン環境
 SOTEC BJ5716P デスクトップ PentiumデュアルコアE2180 メモリ2GB HD320GB WindowsVista
  (ソーテックアウトレットストアで、32,000円で購入。)
 NEC MultiSync15 ブラウン管ディスプレイ。(10年以上前にPC-9821と同時に買ったもの。)

 EeePC901-16G ネットブック atom1.6GHz SSD16GB バッテリー8時間 1024*600 液晶メモリ1GB
  (docomo0円パソコン、900円/月×24か月+3,000円=24,600円で購入。)
 SOTEC WL2120 ノートパソコン 2004年に、11万円で購入。

■テレビ環境
 アンテナは、地上波アナログをアナアナ変換で立て替えてもらったUHFアンテナで受信。
 テレビは、アナログブラウン管29インチ(2000年購入)。
 ビデオは、VHSHiFi(1万5千円位)

 ※ケーブルテレビは、月3,800円もかかるので不可。

■デジカメ
 CANON EOS KissX (ネット通販ショップで、48,000円で購入。)


 管理人の通信費、IT購入費は、以上です。過去に使った機材は、家族にあげたりして有効に使ってます。デジカメFUJI F30(20,000円)とか、パソコンとか、DVDドライブとか。

 全体的に、5年前のパソコンの価格と今の価格を比べると、10万円してたノートパソコンが1/4の2万5千円になるなど、パソコンの価格下落を感じます。
 それに比べると寡占の感のあるモバイル通信は価格下落が激しくなく、ケイタイのつなぎ放題プラン各社の上限6千円/月は、高いと思います。ウィルコムがやっと980円でネットつなぎ放題を提供したのは意味あると思います。980円/月でつなぎ放題位が、モバイル通信の適正な価格じゃないかなと思います。

 こうやって振り返ると、「自分が納得できる価格に下がるまで買わない。知恵を絞って代りを考える。」のが、通信費節約、IT費節約かなと思いました。「通信費節約 ブログ」とかで検索する方もいるのでしょうか。いい通信費節約、IT費節約のやり方があったら、コメントをいただけるとうれしいです。
  1. 2009/08/30 (日) 10:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年08月29日(土) ◇ 涼宮ハルヒの憂鬱5.285714 DVD(第3巻) (アニメ、声優)

 涼宮ハルヒの憂鬱 5.142857 (2巻)から、(8巻)までアマゾンでの予約が始まってますが、「どの話」が収録されているか、<内容>の説明に書いてありません。アマゾンのレビューを見て、
 2~8巻までのサブタイトルが、5+循環小数(1/7、2/7、3/13、3/7、4/7、5/7、6/7)という事は、ひょっとして、
 涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 限定版 [DVD] エンドレスエイト(1) + エンドレスエイト(2)
 涼宮ハルヒの憂鬱 5.285714 (第3巻) 限定版 [DVD] 溜息I + エンドレスエイト(3)
 涼宮ハルヒの憂鬱 5.230769 (第4巻) 限定版 [DVD] 溜息II + エンドレスエイト(4)
 涼宮ハルヒの憂鬱 5.428571 (第5巻) 限定版 [DVD] 溜息III + エンドレスエイト(5)
 涼宮ハルヒの憂鬱 5.571428 (第6巻) 限定版 [DVD] 溜息IV + エンドレスエイト(6)
 涼宮ハルヒの憂鬱 5.714285 (第7巻) 限定版 [DVD] 溜息V + エンドレスエイト(7)
 涼宮ハルヒの憂鬱 5.999999 (第8巻) 限定版 [DVD] エンドレスエイト(8)
なんじゃないかと、思えてきました。

 これなら、2~8巻が全て循環小数の謎も解け、6~8巻のタイトルに1巻の「笹の葉」みたいに、「溜息」の文字がない事も説明できる。しかも、「溜息」5話と、エンドレスエイト(3~7話)の5話で、ぴったり符合、、ぴったり合いすぎてる。
 エンドレスエイト(8話)を、DVD(2話*4本)にまとめると、完全ループ部分の2本が売れない可能性がありました。なので、物語として流れる「溜息」と「抱き合わせ」か!?。もしこれが本当なら、なんつー商売かと唖然としました。

 涼宮ハルヒの憂鬱 5.285714 (第3巻) 以降、こんな「溜息」と「エンドレスエイト」の「抱き合わせ」妄想が現実にならないかと心配になりました。しかし、内容をよく説明しないDVDを売るのってどうかと疑問に思いました。
 この「溜息」と「エンドレスエイト」の「抱き合わせ」妄想が現実になるとしたら、3巻、、注目したいと思いました。
  1. 2009/08/29 (土) 08:07
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

2009年08月28日(金) ◇ がんばれウィルコム (PC携帯ゲーム)

 一番最初に買ったケイタイはDDIポケットで、ウィルコムになった今まで10年以上使っているし、うちにDDIポケット時代からのホームアンテナもあるし、十分ウィルコムユーザーと管理人はいえると思います。それに、最近ウィルコムの980円新つなぎ放題キャンペーンのUSBデータ端末も買いましたから、ウィルコムを2台持ってる事になります。

 「ウィルコムがんばれ。useWillcom」さんのサイトもずっと見てますし、「がんばれウィルコム」という心の中の声は、ずっと止む事がない気がいたします。ただ、ソフトバンクがスパボ一括0円ケイタイを出してきた時は、さすがに安すぎるので使う事にしました。最初は、スパボ一括で1万円弱のケイタイが出てきた時は、結構安いなぁと思いましたが、月に換算すると13000円÷24ヶ月=541円/月という事になり、月で、ウィルコム安心だフォン980円を解約してまで430円安くするのはどうかと思いとどまりました。
 結局スパボ一括0円を買ってもなお、ウィルコムは使い続ける事にしました。821SCというスパボ一括0円機種は、ワンセグケイタイ的に使うと2時間もすると電池が切れ(どの機種もそうみたいだし)、ホワイトプランの21円/30秒で、20分話すと840円になる事から、こちらから通話するにはホワイトプランは向いてないという結論に至りました。

 「がんばれ ウィルコム」という気持ちは変わらないですが、「買い」かどうかについては、それとは別に考えたいと思いました。「売れてほしい」という気持ちと、その機種が「買い」かどうかは、別という認識を新たにしました。ここしばらく、ウィルコムD4とかを10万円近い値付けで出された時や、新つなぎ放題を3880円で出された時は、「売れてほしいけど、買いじゃないな」という複雑な心境だったと思いました。その後、ウィルコムD4 Lタイプが出て涙目になる方がいたりと、とにかく「買い」なコアユーザーさんを冷たく扱ったウィルコムという印象もありました。

 そういう方向にウィルコムはがんばっては欲しくはなかったのです。そういう意味では、980円新つなぎ放題キャンペーンは、寡占で料金を下げない携帯電話業界に「安くていいサービス」で風穴をあけてほしい、「がんばれ ウィルコム」という管理人の気持ちとシンクロしたのでした。
  1. 2009/08/28 (金) 16:03
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads