FC2ブログ
| ◇ |

2009年06月23日(火) ◇ 冤罪事件 (考えたこと)

 なんか毎日の様に、同じ冤罪事件の元受刑者の方がニュースに取り上げられています。

 あれを見ていての感想です。たぶん、「裁判で判決が出た後に、やってないという証明がされる方」は、「実際にはやってなくても収監されている人」の中で極めて極めて少数なんだろうな、、、っていう感想を持ちました。
 実際は、何割かの人は「やってなくても自白させられたりして、受刑しているんじゃないだろうか」と思いました。外国だと再審率が高いっていうし、遺伝子捜査の初期の誤審を多く認めているっていう話も聞きました。
 日本の警察は優秀だとか、犯罪検挙率が高いとかいう言い回しを、昔耳にしたことがありましたが、実際は、20日拘留して自白させて、そして裁判でそれを追認してるだけという、なんていうのか、見せかけの犯罪検挙が独り歩きしてたのかなという感想を持ちました。

 裁判なんて、犯罪をやってない人にとっては、やってない事を証明するという「悪魔の照明」をしなきゃならないという、ほぼ不可能な場だろうし、再審請求に至るまでの長い年月とその数の少なさを見ると、裁判官とか検事は、ある率で誤審を作ってるんだろうけど、それを認めたがらない人種・職種なんだなぁっていう感想を持ちました。

 いやね、ホント、裁判員だって「適当」になるのは、当り前と思うんですね。裁判官だって、検察官だって、警察官だって事実の起きた場にいないわけで、「証拠」を見て有罪か無罪か議論・判定しているだけで、「事実」は知らないのです。そういう意味じゃ、わからない場合に「わからない」って言えないのに、全てにおいて裁判とか裁判官は間違ってないという「権威」っていかがわしいなと思いました。
 わからない、、、っていうのが何割かないと、絶対100%!って言い切れないものでも、こっちなんじゃ?という事で白黒つけてるのがあるだろうにと思います。

 うん、大学を出て、法律を一杯勉強して、司法試験に受かってっていう選別を受けた人でも、最終的には「適当」ですよっていう事と思いました。そうやって裁判官の「権威」が崩れちゃえば、裁判官だって、裁判員だって同じようなものってなるわけで、なら、法律を勉強してるだけ、ずぶの素人に迷惑がかからないだけいいんじゃないかと思いました。
  1. 2009/06/23 (火) 20:16
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads