<< 前の記事 | ◇ |

2009年06月26日(金) ◇ マイケルジャクソン (考えたこと)

 「マイケルジャクソンが死去した」っていうニュースを見て、かなり大規模なネタ?と思いました。

 マイケルジャクソンなら「死から復活しました!。」とか大々的に記者会見とかやりかねないし、ロサンゼルス検視局とかロサンゼルス市警とかニュースサイトに書かれてても、元々のアメリカの記事がネタだったら、かつがれたって事になるんだし、今日は、4月1日エイプリルフールじゃないですよねぇ、、、。

 本当にマイケルジャクソンが死んだのか、注意深く見守ってゆきたいと思います。
 というか、死去っていうニュースで、これだけ疑ったのは初めてだし。

 asahi.comも、「マイケルジャクソンさん急死」って書いてます。これ本当なんだろうか。
 ファンだから信じたくないとか、そういうんじゃなくて、「志村けん死去」みたいな有名人の死亡デマっぽいなぁという、一般紙まで全部「マイケルジャクソン急死」って書かせて、それから、実はネタでしたっていうバラシがあっても全然面白いっていうか、むしろその方が自然に思える存在なんですよね、マイケルジャクソンって。

 「マイケルジャクソン ブログ」で検索したら、マイケルジャクソンの死をブログに書いた記事がたくさん見つかるんだろうなぁ。外国の人だし、仏教じゃないから「ご冥福をお祈りします。」っていうのも合わないんだろうし。
 もし本当なら、早すぎる死を悼まないといけないんですが、本当なんでしょうか。何日も騙すって事はないだろうし、ロンドン公演のチケットを払い戻し始めたら、さすがにネタでそこまでやらないだろうから本当なんだろうなぁ。
  1. 2009/06/26 (金) 12:11
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2009年06月23日(火) ◇ 冤罪事件 (考えたこと)

 なんか毎日の様に、同じ冤罪事件の元受刑者の方がニュースに取り上げられています。

 あれを見ていての感想です。たぶん、「裁判で判決が出た後に、やってないという証明がされる方」は、「実際にはやってなくても収監されている人」の中で極めて極めて少数なんだろうな、、、っていう感想を持ちました。
 実際は、何割かの人は「やってなくても自白させられたりして、受刑しているんじゃないだろうか」と思いました。外国だと再審率が高いっていうし、遺伝子捜査の初期の誤審を多く認めているっていう話も聞きました。
 日本の警察は優秀だとか、犯罪検挙率が高いとかいう言い回しを、昔耳にしたことがありましたが、実際は、20日拘留して自白させて、そして裁判でそれを追認してるだけという、なんていうのか、見せかけの犯罪検挙が独り歩きしてたのかなという感想を持ちました。

 裁判なんて、犯罪をやってない人にとっては、やってない事を証明するという「悪魔の照明」をしなきゃならないという、ほぼ不可能な場だろうし、再審請求に至るまでの長い年月とその数の少なさを見ると、裁判官とか検事は、ある率で誤審を作ってるんだろうけど、それを認めたがらない人種・職種なんだなぁっていう感想を持ちました。

 いやね、ホント、裁判員だって「適当」になるのは、当り前と思うんですね。裁判官だって、検察官だって、警察官だって事実の起きた場にいないわけで、「証拠」を見て有罪か無罪か議論・判定しているだけで、「事実」は知らないのです。そういう意味じゃ、わからない場合に「わからない」って言えないのに、全てにおいて裁判とか裁判官は間違ってないという「権威」っていかがわしいなと思いました。
 わからない、、、っていうのが何割かないと、絶対100%!って言い切れないものでも、こっちなんじゃ?という事で白黒つけてるのがあるだろうにと思います。

 うん、大学を出て、法律を一杯勉強して、司法試験に受かってっていう選別を受けた人でも、最終的には「適当」ですよっていう事と思いました。そうやって裁判官の「権威」が崩れちゃえば、裁判官だって、裁判員だって同じようなものってなるわけで、なら、法律を勉強してるだけ、ずぶの素人に迷惑がかからないだけいいんじゃないかと思いました。
  1. 2009/06/23 (火) 20:16
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2009年06月20日(土) ◇ お台場に最も安く行く方法 (考えたこと)

注)この記事は、2009年現在の情報に基づいています。2013年現在、浜松町~お台場の都バスはありません。大江戸線で門前仲町まで行って、お台場行きの都バスに乗る方法が代わりに考えられます。

 お台場に最も安く行く方法を考えたのです。(お台場ガンダムを見に行こうと思って。)
 出発地は、京王線の北野駅(八王子市)で、到着地は、お台場。

 結論から言うと、北野~渋谷は、京王線で行って、330円*2=660円。
 渋谷から、都営バスの1日券(500円)を買って、
 都バス:渋谷駅~大門(都06 渋谷-新橋) 
 大門~浜松町は、徒歩。大門~浜松町の乗り換え地図(クリックすると都営バスサイトへ移動)
 都バス:浜松町~潮風公園入口(虹01 浜松町-東京ビッグサイト)

 と、移動するのが、往復:1160円と最も安いという結論になりました。

 他には、「TOKYO探索きっぷ」というのがあって、 京王線井の頭線、東武線(東上線を除く。)、つくばエクスプレス線の沿線の場合、「私鉄往復2割引」+「都営まるごときっぷ(1日乗車券)(700円)」という、私鉄の割引分もお得な切符もあり、私鉄の発駅の窓口で買えます。
 「TOKYO探索きっぷ」だと、「都営地下鉄、都営バスに一日乗り放題:700円」+「京王線の発駅から新宿まで往復2割引:528円」で、合計:1230円で、北野-新宿-大門(大江戸線)-浜松町-台場(都バス)を往復できるというルートもありました。

 差額が、70円という事を考えると、都バスで渋谷~大門を移動する時間より、大江戸線で新宿~大門を移動した方が楽そうだし早そうなので、「TOKYO探索きっぷ」の方がおすすめと思いました。
 「都営地下鉄乗り放題」は、帰りに秋葉原(都営新宿線:岩本町駅)に寄れるしお得じゃないかと思いました。

 「お台場にもっとも安く行く方法」で、検索してみると、@niftyの路線案内なんかより、ずっと安い方法が見つかりました。ゆりかもめの片道330円が、高いんです。ゆりかもめよりは、都バス、都バスに乗るなら「都バス一日乗車券」か、「TOKYO探索きっぷ」が、安く行く方法でした。
  1. 2009/06/20 (土) 13:20
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年06月18日(木) ◇ 宗教団体の街宣車 (考えたこと)

 昨日、街を歩いていたら、宗教団体政党の街宣車を見かけました。名前は挙げませんが、都議選なのか、衆議院選なのかわかりませんが、大きな音でなにやら意味不明な事をしゃべってました。
 なんか、「日本は豊かな社会になったから、鍵をかけなきゃいけなくなった。」とか、自分の記憶が疑われるような事をしゃべってたような気がします。

 それを聞いて、ふと思ったこと。
 「宗教法人にも法人並みの課税をしろよなぁ、そうすれば、何兆円と税収が増えるんじゃないの?。お布施とかは、いくら収入があっても無税とか考えられないよなぁ。そんな事だから、日本の政治は宗教法人絡みの政党に支配されるんじゃん。宗教法人に法人並み課税したら、消費税何パーセント分の効果があるのか、ちゃんと試算してみろよ。どうせ、今の政権与党じゃできないんだろうけど。
 福祉目的税で、宗教法人に法人並み課税するなら、宗教法人だって反対しようがないんじゃない?。」

 ていうか、ふと歩いていて、こういう事をみんなは思わないんだろうなぁと思ったのです。えぇ、そういう意味じゃ全然空気を読めてませんが、空気を読んでない事を書くのがこのブログだと思ってますから、別に構いません。

 「消費税アップの前に、宗教法人の法人並み課税を!」という相変わらずな空気の読めなさで締めたいと思いました。
  1. 2009/06/18 (木) 08:41
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年06月16日(火) ◇ お台場ガンダム (アニメ、声優)

 スゲーーーーーー。1/1のガンダム、動かないからガンプラの親玉か?。めちゃくちゃかっこいい。

 絶対見に行きたいというか、晴れの日が来たら、すぐにでもお台場に見に行きたいです。
 実写版ガンダムってありだなぁ。すごくかっこいいや。ファーストガンダム世代としては、絶対に今年の夏に見ておかないとな。
 1/1のガンプラこと、実寸大のガンダムは大げさでなく日本文化・アニメ文化の象徴として、そのまま秋葉原にでも置いて常設展示できないのかなぁ。間違いなく日本有数の観光名所になると思いますけど。
 壊すのはもったいなさすぎるなぁ、ナムコが前に頭部だけのガンダムを作った記憶があるけど、それとは建造費も桁違いなんだろうなぁ。こういう箱モノなら大賛成です。日本文化、アニメ文化の象徴として、是非是非、常設で見れる所を作ってもらいたいものです。

 前に足の部分だけできたビデオの時は大丈夫かと思ったけど、全体が出来上がると全く違ったモノでした。ていうか、すぐに見に行きたい~。

 お台場へ一番安い行き方 別記事で、一番安いお台場への行き方を調べてみました。
  1. 2009/06/16 (火) 20:35
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads