FC2ブログ
| ◇ |

2009年03月20日(金) ◇ 陣内智則 (考えたこと)

 あれですね。紀香と陣内はいずれ別れると思ってましたが、予想よりずいぶんと早かったですね。
 子供が出来るまでは、紀香さんが我慢するだろうかと思って見てましたが、あっさり別れちゃったんですね。

 まぁ全国区で見ると三流タレントだった陣内智則さんにとっては、格差婚で全国区で有名になれて、一流までには行かないけど、まさに紀香様々で、離婚まで含めても、すごいプラスになったと思います。
 「陣内智則 ブログ」で、検索してみませんでしたが、陣内智則さんがブログを書いていようといまいと、そもそも何で関西で「なるとも」で人気があったのかすらわかりませんので、今回の件で関西に戻って、関西の方中心でテレビタレントとして活躍すればよいと思います。
 そういえば、中山秀征さんのラジかる!も、まぁ、中山秀征さんなんて、何が芸だかよくわかりませんが、なぜか4月から司会で日テレに出ずっぱりになるようですから、あれも関西から見たらなんで中山秀征さんが、あれほど重宝されるのか疑問でしょうし、それと同じなのかなと。関西版<中山秀征>が、陣内智則さんのポジションと思いました。

 藤原紀香さんとすると、結婚したんだから男の種だけは欲しかった所でしょうか。ミスがミセスにはなれたんですが、「子供持ち」っていうポジションには行けなかったのは、計算違い、陣内智則さんが、余りに浮気を繰り返すダメ男だったのは、誤算だったのではないでしょうか。
 紀香さんだって本気で種が欲しいなら、1年でも仕事を休んで関西に行って陣内の首に紐をつけておけばよかったわけで、仕事もしながらなんて、最初から本気で浮気を止める気がなかったんじゃないかとも思えます。新婚でいきなり遠距離通勤なんて、陣内に浮気の言い訳をあげてるわけで、最初からお互いに、あうんの呼吸なのかとも思います。

 まぁ、紀香と陣内なんていう芸能界のカップルは、一般人のカップルと違って、くっついて別れて、それだけでお互いにメリットがあるという事で、メデタシメデタシなんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2009/03/20 (金) 12:24
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:10

2009年03月20日(金) ◇ Perfume GAME (考えたこと)

 Perfume の武道館公演のビデオをYoutubeで見ました。武道館のDVDが発売される前っていう事で、期間限定で削除されないって事もあるんでしょうが、「GAME」のビデオを見てたんですが、これがイイ、やっぱり正統のアーティストを目指す「アイドル」っていうSPEED以来のポジションを、きちんと引き継いでいるんだなと思ったのでした。

 今回のビデオは、武道館。1万人クラスの箱です。1000人クラスの箱→武道館→代々木体育館→東京ドーム っていうのが、女性アイドルグループの規模拡大の目指す流れで、CoCoなんかは、武道館までしか行けなかった訳ですが、Perfumeは、着実に次の代々木体育館のステップに入ろうとしてます。
 女性アイドルグループってのは、期間限定なんです。モー娘みたいな入替前提のグループは別として、固定メンバーのグループは、キャンディーズ然り、SPEED然り、東京ドーム(後楽園球場)が最終地点なんです。で、東京ドームは<解散公演>で、それぞれのメンバーが結婚したり、女優になったりで、アイドルグループは伝説になるという。(かしゆかは女優で、のっちとあーちゃんは、結婚玉の輿かな。)

 その女性グループのはかなさ、美しさを体現するステップのひとつが、武道館なんです。Perfumeのダンスを見て、歌を見て、もう十分アーティストじゃんというコメントも見ますし、そういうファンの思い入れが入って支えるのが、「アイドル」なんです。えぇ、メジャーデビュから一生懸命努力する姿のVTRが残ってて、だんだんと上手になってゆく過程、歌や楽曲、ダンス、舞台がスケールアップしてゆく過程をファンが支える、もちろん本人もその期待に応える様努力して、変わってゆく様、それが「アイドル」なんです。
 「芸」として、一定のレベルで完成されているモノじゃなくて、変わりつつ完成されつつある過程そのもの、そして、それは、ファンが支えている物で、東京ドームの「解散」を目指している物。
 桜で言えば、散る事がわかっていながら、長い期間かけて何度も咲きながら、パッと散る桜。

 SPEEDなんか、2年くらいですか、3カ月おきくらいにヒット曲をどんどん打ち続けて、2年くらいであっという間に東京ドームで散った訳ですが、Perfumeは、それに比べると、ポリリズムあたりで火がついてから加速していく過程が、比較的緩やかじゃないかと思います。
 今年の夏頃に、Perfumeは代々木体育館でやるみたいですが、今年の年末に、一気に東京ドームで散ってしまわないように、というか、メンバーが仲がものすごくいいのと、(SPEEDは、明らかにソロ指向が強かったのと違って)あの、「かしゆかです、あーちゃんです、のっちです。3人合わせてパフュームです。」っていう挨拶に象徴されるように、ホントにこの3人は、「ベタベタのアイドル」が好きだってわかるし、その仲のよさ、メンバーのPerfumeが好きさが、「アイドル」としての加速度を緩やかにしているんだろうなと思うのです。

 もう5年くらい、じわじわと、Perfumeの「アイドル」として変わり行く様を見ていたいなと、ゆっくりと加速していってもらいたいなと、「GAME」のビデオを見ながら思うのでした。
 買うか買わないかでいうと、Blu-ray版がなんで出ないのかと、画質音質考えたら、絶対ブルーレイで見たいなと、あと、去年末に、NHKアナログBSのスーパーライブで見たんですが、曲間にメイキングを挟むのは、DVDと差別化するためなんだろうけど興ざめしすぎだったなぁと思いました。

 今回、改めて、「GAME」のトラックは何度も見ました。Youtubeで好きなだけ好きなところをつまんで見る見方でいうと、ホントに「GAME」のトラックは、カッコイイです。野太いベース音のジンと来る感じ、ロックですね。いい意味で、アイドルが努力してるっていう、もちろん中田ヤスタカさんの音自体、アレンジがカッコイイし、楽曲としても「GAME」はテクノアーティスト的に見せるんだよっていう、他の曲は、いかにもテクノアイドルっぽいと、その落差が「アイドル」が多彩さを見せるよう成長してゆく過程を暗喩しているような、そんな多彩さなんです。
 中田ヤスタカさんの芸の多彩さっていうんでしょうか。カッコイイ方面もできるし、アイドルっぽい曲も見せてっていう、なんか、ホントに今年で終わらせて欲しくないなという、じらしてじらして、じわじわと「東京ドーム」を目指して、「アイドル・Perfume」を大きくしていってもらいたいなと思うのでした。
 それまでに、思い出として、1年半に1枚くらいのペースで、あとアルバム2枚くらいは、作ってもらいたいです。
  1. 2009/03/20 (金) 10:02
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年03月20日(金) ◇ NON STYLE (考えたこと)

 Yahoo! 番組表を見てたら、さんまのまんまの番組内容に「悲惨、NON STYLE ~ 」と書いてあったと思います。オードリーがM-1を獲らなかったのにノンスタイルより売れてることに「悲惨」て書いてあるのかな、とか思う人まではいないだろうと思いました。ありがちな下積み時代の苦労話かもしれません。

 オードリーの方が面白いっていう人の方が多くて、それでも2年連続吉本以外がM-1を獲る事に審査員が気を使ってオードリーより面白くないNON STYLEを勝者に選んだのかな???とかいう下衆な勘ぐりをする人がいたら、NON STYLEも可哀そうと思ったのでした。
 キングオブコントでもどう考えてもバナナマンの方が面白いとか、吉本びいきの選考方法とか、キングオブコントの選考方法なら決勝戦に吉本の若手芸人を多く残しとけば勝てるズルイやり方だなとか、吉本の芸人が搾取されて集まった金が賞金の原資な訳でそれを吉本の芸人に再配分したくなる気持もわからないとか、そんなひどい事を言われたら、どうやって弁護できるかと思いました。

 もしM-1の審査の公平性・平等性を高めたいなら、「自分の所属している事務所、過去所属した事務所の芸人には投票できない」システムを導入したらいいのにな、と思いました。
 吉本、松竹、渡辺プロ、ホリプロ、人力舎とかの東西各お笑い事務所から1名づつ、投票できる審査員より1名多い審査員を選んだ上で、「自分の事務所の芸人には投票できない」っていうルールで投票するシステムです。
 フィギュアの国際試合なんかで開催国の審判がたくさんいて自国の選手に投票できるシステムをやったら、審査の公平性・平等性に疑惑を持ってみられる可能性が残ります。所属する事務所以外の大御所から票を得て、それでナンバーワンになれば、みんなに認められるチャンピオンになるんじゃないかと思いました。

 「ノンスタイル ブログ」で検索したら、井上裕介さんのブログが見つかりましたが、これがノンスタイルのメンバーのブログかどうかは、名前と顔が一致しないのでわかりませんでした。wikiで調べれば、ノンスタイルのメンバーの名前はわかるんでしょうが、オードリーの春日の名前はしっかり入ってるのに、ノンスタイルのそれぞれの名前が頭に入ってないのは、それだけのアピール度なのか、それとも私の頭が腐ってるのかなと思ったのでした。

 そういえば、昨日のオンエアバトル決勝をビデオ録画しながら、ちらちらと音を出さないで見てたら、トータルテンボスが2連覇優勝したという絵が映ってたみたいです。まぁ、なんかトータルテンボスより面白い芸人が出なかったのかと、なんか、折角撮ったビデオを見る気が失せたのでした。
  1. 2009/03/20 (金) 07:53
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:11

2009年03月20日(金) ◇ 家電の買い時 (PC携帯ゲーム)

 「家電の買い時」って何なのか。いや、家電芸人とか称して、土田とかが出てるのを見て、「欲しくなった時が買い時です。」みたいに言ってるのを聞いて、あれ自分の「家電の買い時」って、何だったんだろうと、改めて思った次第です。

 一つは、前の家電が壊れた時。まぁ、この次元の話は、家電芸人はしないでしょうね。だって壊れるまで買わないなんていうのは景気良くならないし、家電メーカーだってアナログテレビが壊れなくても地デジテレビを売りたいわけですし、「新しい家電」なんて不用っていう結論になりかねないんです。
 今の家電業界だと、「新しい家電」ってのは何かっていうと、台湾とか中国で作ってない家電ってことになるんでしょう。あぁ今の「日本の」家電業界って言わないといけないですね。日本メーカー製のアナログテレビが中国で散々作られるようになって、それじゃ儲からなくなって、それで利益率の高い大画面液晶テレビとかプラズマテレビを国産で作るようになって、地デジ切り替えだぁって大号令をかけて国内市場でテレビ価格を吊り上げたっていう歴史ですね。

 で、何の話だっけ、そう、「家電の買い時」っていうのを、「前の家電が壊れた時」って設定しちゃうと、「壊れないのに何で地デジに買い換えないといけないのよ。」っていう話になって、やっぱ地デジ推進派にとっては、「前の家電が壊れた時」っていうのを、「家電の買い時」に設定できなくなっちゃうんです。
 そうそう、だから家電芸人とかは、うまくそこら辺を避けて振舞うんです。
 要するに、家電芸人は、そこが見てて気持悪いんです。

 、、、何の話だっけか、全然暴走してますが、そうそう、あと、「新しい機能が加わった時」とか「性能が大きく上がった時」もありますね。じゃぁ、新しい機能が加わったらすぐ買うか、って言うとそうじゃありません。新しい機能が加わった時ってのは、大抵、ものすごく値段が高いんです。昔の家電はもっと高かったですが、例えば、家庭用ビデオレコーダなんて一台で、一か月分の給料くらいしたような記憶がありますから、20万とか15万とか平気でした記憶がありますから。
 で、今、家電ってそんなに高い家電を買わないと生きられないのかというと、VHSビデオレコーダなんて、1万も出せば買えるんです。別に、5万出してハイビジョンのレコーダを買わないと同じ時間ビデオで録画出来ないのかっていうと、そうじゃないし、なんて言うのか、値段が枯れるまで、じーっと待つようになったんですね。

 工場で言うと、新工場ができた時に一気に家電の性能、パソコンなんかは新しいCPUの製造法が確立され動作周波数が一気に上がったり製造工程の微細化が進んだりして、性能が上がります。でも、その時は歩留まりが良くなくて製造個数が少ないので、一個当たりのコストが高くなる、というか、一社しか出してないと、前製品の上位版として売れるので価格が高く設定されるという方が正しいでしょう。

 で、1~2年して歩留まりが上がって同性能の製品が大量に生産されるようになると、大量に売るため価格帯を下げる事が可能になります。その頃になると競合メーカーも同種の工場を稼働させて、価格競争が始まります。
 そうすると、同じ価格帯でも2~3年前に比べると一気に性能の良い製品を手に入れる事ができます。
 本来、こういうのが正しい「家電の買い時」なんでしょう。要するに、複数のメーカーが新技術による同種の工場を稼働させて2~3年経って生産個数が安定して、価格競争で販売価格が下がった時が「家電の買い時」となります。

 ハイビジョンの方が5倍楽しいのかというと、5倍違いがあるとは思えない、1万で十分じゃんと、あと野球なんかは、ハイビジョンで見たってアナログの電波がいい状態で見たって勝ち負けがむしろ楽しかったかどうか、まぁ、満足できるかどうかは、画質によらないんです。
 別にハイビジョンじゃなくても、好きなチームが勝てば満足だし、ハイビジョンで好きなチームの監督が苦悶する表情を見ても、つまらないだけなんです。
 「もったいない」っていうなら、ハイビジョンを買う金を出すだけもったいないと、そういう事になるんです。なんか、ここらの理屈は、前にも書いた記憶がありますが、いちおう思いついちゃったんで、書いときます。

 「家電の買い時」っていうのを、言っちゃうと、「これ以上安くならない時まで待つ。」っていう一言に集約されちゃう気もします。「待って、待って、待つ」で、売れないから在庫がたまるから、安売りになる、、あれですよ、デフレスパイラルを引き起こそうというそんな心意気ですか。
 まぁ、こんな「家電の買い時」を、テレビで言ったら、家電芸人は干されちゃうでしょうから、「そうは言えないよなぁ」と思いながらニヤニヤしながらテレビを見るのが正しいテレビの見方なのかと思うのでした。
  1. 2009/03/20 (金) 01:48
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年03月20日(金) ◇ ブログライブの常連? (考えたこと)


 このブログ、ブログライブは、ブログライブ管理人が書きたい事を書いているブログです。「チラ裏」とか、ああいう感じですね。で、アクセスログなんですが、不祥(ブックマーク等)っていうのは、なんなんでしょうか。
 ひょっとして、ブログライブをブックマークに入れてる人が、39人いて見てるんじゃないかと自意識過剰気味に気味悪くニヤニヤしてるんです。

 今週なんて、16日から一日も更新してないですよ。えぇ、気まぐれで、先週の土日は記事をたくさん書いていましたが、今週は何か書く気がしないんで書かなかったんです。
 なんか、記事を書きたくなる時と、全然書きたくなくなる時の気分のブレが激しくて、書きたくない時は、全然書きたくないんです。毎日更新しているブログを見ると、人気ブログは、大抵毎日更新をきちんとしてますが、あれ見るとびっくりするなぁと、ホントに毎日なんて、絶対書けないなぁと思うのです。

 で、最初の「ブックマーク39人」という話に戻したいんですが、これを毎日読んでる人がいるとしたら、なんで毎日見てるんですか?と聞いて見たいなと思ったのです。(いや、いないかもしれませんが。)
 そういえば、管理人だけが読めるコメントで、「長門裕之」の記事が面白かった的なことを書かれた記憶があるんですが、で、その人が自分のブログのURLも書いてたんで見に行ったんですが、アメブロだったか、ログインしないとコメントが出来ないとかで、コメントせずに帰ってきたという、なんだか切ないことを思い出しました。
 「長門裕之」の事で書いてくれるなら、直接コメント欄に、その旨書いてくれればいいのになぁと思ったり、まぁ、意見が割れる事だし、こっちは、ある程度長門側を敵に回す方向で書いたから、そこに加わるのは、イヤって事もわからぬでもないしと思ったのでした。

 まぁ、ブログライブ管理人の妄想として、読み手がいるっていうのが広がっちゃったのは、事実ですし、それは自分としても気味悪いなと思いますので、読み手がいるなら、読み手がいるってコメントに書いて教えてもらえないでしょうか。
 で、こう書いて、何もコメントに書かれないなら、やっぱり妄想だったと確信しますので、安心できます。
  1. 2009/03/20 (金) 01:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads