FC2ブログ
| ◇ |

2009年03月10日(火) ◇ サザエさんの最終回 (考えたこと)

 サザエさんの最終回を考えてみました。
 というか、設定を脳内で書き換えて、「実はカツオ君は、フネさんとマスオさんの不義の子」という設定を付け加えて、普通にサザエさんを見ることにしました。
 あの「華麗なる一族」と同じパターンですね。「なぜカツオ君が波平お父さんに怒られ続けるのか、。」その疑問に答えるためには、実は、波平さんに隠れてフネさんとマスオさんが不義を働いていたという設定を入れると、面白いなぁと思ったのでした。
 元々のサザエさんの設定が、サザエさんみたいな大きな娘がいながら、カツオ、ワカメって波平さんとフネさんが子作りに励むというのがギャグな訳で、そこから敷衍すると、この妄想も正統的な「やおい」かなと思うのです。

 そうすると、サザエさんの最終回は、大人になったカツオ君が波平の日記を盗み見て、自分の出生の秘密、自分の実の父親はマスオさんという事に気がつく事から始まります。そして、なぜ波平に疎まれ続けたのかわかります。
 カツオの出生の秘密に気がついていた波平は、自分の血を継ぐ男子に磯野家を継がせたい、そう願い男子が生まれることを期待して、ワカメを出産させた、そういう事実が書いてありました。

 そして、家族会議が開かれました。波平は自分の相続人として、マスオの妻であるサザエでもなく、マスオの子であるカツオでもなく、ワカメを選ぶことを皆に告げるのでした。
 その事に逆上するカツオ、なぜ、磯野家の長男である自分が相続人でないのかを波平に迫ります。波平は、理由を語りません。業を煮やしたカツオは、自分の呪われた出生の秘密を、家族みんなの前で語り、逆上してナイフを振り回し、波平、フネ、ワカメに突き刺します。そして、マスオに飛び掛ります。
 磯野家の終りを悟ったマスオは、カツオのナイフを取り上げ、カツオに突き刺しました。そして、全てを火の中に葬るため、居間に灯油を撒き火を放ちます。そして、サザエさんに、タラちゃんを連れて逃げるように叫びます。
 業火に包まれる磯野家を、サザエさんとタラちゃんは、呆然と眺めていました。

 という感じです。
 サザエさん最終回は、「カツオ出生の秘密」、「血に染まるナイフ」、「炎に包まれた磯野家」の3本です。

 普通に考えても、磯野家は、カツオ君が結婚して相続するんだろうし、そうなったら、マスオさんとサザエさんとタラちゃんはどうするのかと疑問に思うのでした。磯野家が血で血を争う相続争いになったらと妄想が膨らみました。
スポンサーサイト



  1. 2009/03/10 (火) 18:16
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年03月10日(火) ◇ リリコ (考えたこと)

 J-WAVEのグルーブラインを聞いてたんですが、秀島さんの代打のLiLiCo(リリコ)さんが、「亀甲縛りされた事がある」って発言していたのに、びっくりして大笑いさせていただきました。

 ピストンさんに、「そんな事言うと周りが引くだけ!」と、めちゃくちゃ突っ込まれてました。それでも、リリコさんは、「何事も経験だから、、、」って言ってました。夕方のFMラジオで、亀甲縛りされた事を告白するミュージックナビゲータってどんな芸なのかと思いました。
 リリコさんは、その「亀甲縛り発言」について、ピストンさんに、「それ、王様のブランチで言ってみろよ!」って突っ込まれてました。

 しかし、リリコさんは何て言うのか、やっぱりキャラが濃いなぁ。好き放題、FMだろうと関係なく、放送コードは知ってるんだろうかと思わせるような、ギリギリのトークで、ピストンさんが止め役に入る事が多いですね。秀島さんだと秀島さんを「薄い」とか煽るんですが、リリコさんは煽らなくても暴走するんで、ピストンさんの役割が変わっちゃいます。

 グルーブラインの代打で、1週間全部リリコさんなのも頷けます。週末だけとか週一日でいいんで、リリコさんが担当の日を作って欲しいなと思うのでした。
 しかし、リリコさんというと、「亀甲縛りされた事がある」っていうのは、それだけしか印象に残らないというか、凄い印象に残りそうです。スウェーデン出身の亀甲縛りされた事がある映画コメンテータというポジションですか。
 「リリコ ブログ」で検索してみたら、ブログは見つかりましたが、普通のブログというか、やっぱりピストンさんがうまく煽るのがあって、リリコさんのトークが面白くなるのかなと思いました。
  1. 2009/03/10 (火) 17:18
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年03月10日(火) ◇ 原付いじめ (考えたこと)

 交通警察の方に聞いてみたいんですが、原付の一時停止違反とか、2段階右折とか、速度違反(30キロ制限)を、わざわざ狙い撃ちする事に、社会的な意味はないでしょうと思うのです。
 交通違反を取り締まるなら、平等に原付以外の普通自動車の速度違反も平等に取り締まるべきです。特に東八道路なんて、白バイが原付が通るのを隠れて待っていて、原付が通り過ぎたら追いかけて、追い抜きざまに速度を測るっていう、完全に原付狙い撃ちの取締りをやってて、あれ、なんの為だか全く理解できないのです。

 あんなやり方したら、不平等感しか原付運転者には残りません。交通取締りするなら、そこを通過する車両を平等に取締りしろと思います。法の下の平等があるのに、ただの点数稼ぎか、原付いじめとしか思えません。
 交通機動隊のクセに、道路上で原付を狙い撃ちするのは、法の下の平等に反してると思います。
 平等に取り締まったら点数が稼げないなら、そんな交通機動隊は要らないわけで、平等に取り締まって、自らの不要さ・無駄さを証明して欲しいと思います。

 警察官は公権力を持ってるんだから、殺人とか泥棒とか暴走行為とか不法入国とか詐欺とか、そういう「他人に迷惑のかかる犯罪」を、もっと取り締まるべきです。原付の速度違反(30キロ制限)とか、二段階右折違反とか、一時停止違反は、それ自体誰にも迷惑がかかってない訳で、違反が事故要因の場合に罪に扱われればいい位の微罪です。
 あと、八王子警察なんて市街地の中で、原付の一時停止違反だけを取り締まるために、3人も警察官がパトカーに乗り込んで、「止まれ」の標識の近くで隠れて待ち伏せする取締りをしてます。原付は「足をつかないと一時停止にならない」のですが、いちいち足を着かなくても十分安全なのに、待ち伏せして「足をついてないだろ!」ってやるのです。それを取り締まって社会的に何の意味があるのか、ほぼ無意味な取締りなのに、警察官が3人もパトカーに乗って取り締まるのには、怒りを通り越してあきれます。

 何て言うのか、飲酒取締りが厳しくなったお陰で飲酒運転が減りました。で、点数のノルマが足りなくなった交通機動隊が、原付を目の仇にしていじめてるのは、法律に則っているんでしょうし、点数稼ぎには効率がいいんでしょうが、警察官の役割、言うなら「社会正義」を守るためなら、他人に迷惑をかける犯罪の取締りをしろ!と思います。
 交通警察は法律はわかってても、「社会正義」がわかってないと思います。交通警察や交通機動隊は、自らの「組織」とか「仕事」を守るために、「原付いじめ」に奔走しているとしか思えません。それって怖いと思います。
  1. 2009/03/10 (火) 15:20
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:15
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads