<< 前の記事 | ◇ |

2009年03月31日(火) ◇ コサキン終了 (考えたこと)

 「コサキン」は、最近聞いてないです。あ、「コサキン」は、小堺一機、関根勤のコンビがしゃべるラジオ番組ですね。
 で、TBSラジオの「コサキン」終了の報を聞いて、そうか、と思ったのでした。なんていうのか、「コサキン」の二人がマイクの前でしゃべりたい事をしゃべって、パソコンで録音して聞き手に届けたければ、ポッドキャストで十分じゃないかと、インターネットの音声配信で十分じゃないかと思ったのでした。

 「コサキン」は、27年続いたのですか。27年前は確かに、中学生みたいなバカ話をして聞き手に届けるにはラジオっていう媒体しかなくて、スポンサーがつかないととか色々あったんでしょうが、今はインターネットでポッドキャストで届ければ、「コサキン」がラジオ番組である必要はなくなったとも言えるんです。
 お金儲けを考えれば、有料音声配信とかで済むだろうし、もはや、「ラジオ番組」が終わったからって、「コサキン」が終わらなければならない理由にはならなくなりました。やりたければ、ポッドキャストでできる世の中になったのです。

 不況の影響もあるんだろうけど、要は全盛期より「コサキン」ファンが減っちゃったんだろうし、TBSラジオでは終わらない番組もあるわけで、換言すれば聴取率が悪いんでしょう。そうやってみるとブルートレインだって、ああやって東京駅にたくさんの人が集まってサヨナラを惜しんでいる図を見て、乗る人が少なくなった事が原因な訳で、鉄道ファンが頑張ってブルートレインに乗らないのが原因じゃんと思ったり、まぁブルートレインは、新幹線の影響でしょうから、鉄道ファンの減少が原因じゃないでしょうけど、鉄道ファンにブルートレインを支える金があれば、ファンだけで乗って支えられれば良かったのにと思うのでした。
 ブルートレインは無くなっちゃえば、もう見られなくなりますが、「コサキン」は、コサキンの二人がマイクの前に座ってノーギャラでもしゃべるつもりがあれば、ネットで続けられる訳で、ネットで続けるかどうかは知らないのですが、「コサキン」のやる気の問題なんだろうなと思ったのでした。

 そういう意味では、昔はラジオ番組が無くなっちゃえば、しゃべりたくてもしゃべれないっていう言い訳ができたので、「ノーギャラでもしゃべる気があるのか。」という問題を問われないで済む訳です。それは、いい時代だったなぁと思ったりしたのでした。

 TBSラジオ「コサキン」終了、お疲れ様でした。
  1. 2009/03/31 (火) 23:27
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年03月31日(火) ◇ 橋田壽賀子 (考えたこと)

 うちの家族は、「渡る世間は鬼ばかり」のドラマを毎週見てるんで、付き合ってなんとなく見たりします。
 橋田壽賀子さんの「家族妄想」に、よくもまぁ何年も視聴者もつきあっているなぁと思いますが、橋田壽賀子さんも何年も飽きずに、何処にもいない家族の妄想を広げられるのは、感心もします。

 あれ見てると、えなり君の彼女の会社が買収される前に、(彼女の会社の株が買い占められるっていう話だったけど、米国の金融が最も不況なのに、日本の会社の株を買い占める外資なんてあるのか?円高だし。)ラーメン屋の幸楽なり、おかくらの方が、不況の影響を受けてつぶれるのが経済的に合理的じゃないのか?、そっちを先に潰せよと思うのですが、今回のシリーズでは、えなり君の彼女の会社がつぶれて、女が泣く的なドラマ要素を全て、えなり君の彼女(渋谷飛鳥)に一纏めにするというドラマの作り方なんだなと思ったのでした。

 えなり君の彼女の会社の描き方なんて、事務所の一室しか映らないという手の抜きようで、こんな会社を妄想ででっち上げて潰すという、まぁ、えなり君の彼女にさんざん最終回で泣かせるための伏線だったのかと思ったのでした。
 「橋田壽賀子 ブログ」で、検索する人がいるかどうかわかりませんが、まぁ、インターネットで「橋田壽賀子」を調べようという人がいるかどうかも疑問です、なんか、みんな、橋田壽賀子なんてわかったような気がしてるんでしょう。でも、考えて分析すると、それなりになるんですが、「橋田壽賀子」自体を考えようと誰もしないんでしょうね。

 「渡る世間は鬼ばかり」の最終回を考えると、今のところ、「えなりかずき物語」として考えると、橋田壽賀子さんが生きているうちには終わらないでしょうから、サザエさんみたいに、別の人が脚本を書きつながないと終わらないような気もします。「渡る世間は鬼ばかり」の最終回は、「幸楽・おかくらが破産」する事でしょうか。まぁ、その悲劇要素を、えなりかずき君の彼女の会社をでっちあげて潰す事で、今回のシリーズの最終回的な感じを出したんですから、橋田壽賀子さんの中では、まだまだ、幸楽・おかくらを潰すなんていう簡単な終わり方はしないんでしょう。

 えなり君の彼女は、中国に行ったらしいですが、うちの家族の予想では、えなり君は、カズちゃんと結婚するそうです。カズちゃんて誰ですか?。あの貧乏相なしっかりした女の子ですか?。
 まぁ、カズちゃんとえなり君を結婚させてから、元の彼女が中国で会社を立て直して戻ってきて、えなり君と不倫という妄想を広げてしまいました。なんか解消してない伏線が、ちゃんと張ってあるようで、橋田壽賀子さんも元気そうだし、まだまだ「渡る世間は鬼ばかり」は終わりそうにありません。
  1. 2009/03/31 (火) 22:08
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

2009年03月31日(火) ◇ 杉田かおる (考えたこと)

 テレビ番組で、女優さんが○○ダイエットで「何キロ減りました!。」っていう番組、よく見かけますね。この前は、泉ピン子がTBSの企画で、ぶくぶくに太った後に、番組のダイエット企画とかで減量している姿を映してましたし、今夜は、チャンネルを変えてたら一瞬、ビューティーコロシアムで、杉田かおるが10kg減量成功!という図が映ってました。

 「ダイエット」は直訳すると、「食事」なんですね。「食事制限」とかそういう意味と承知しています。
 「食事制限」という意味なら、「太らない事」が最も重要と思います。
 例えば、40kgしか体重のない人が、10kgも体重を減らしたら、健康に関わる大問題です。
 テレビの「ダイエット企画」の間違いは、1回芸能人が太るんです。で、現状の体重から10kg太った所から、「不摂生で太っちゃって、、、」という事で、減量がスタートするんです。
 そうして、必死に減量している所をテレビカメラで撮って、「10kg減量成功!やった」ーっていう絵を作るのです。

 泉ピン子の企画なんて酷かった。まぁ、あの人は、ぐちゃぐちゃに臭い演技をする人ですから、そう見えるのかもしれませんが、まぁ、何キロダイエット成功ってやってましたが、明らかに急激に太って行って元に戻っただけでした。

 太る時っていうのは、脂肪がつくだけなんです。で、痩せる時は、無理して食事制限するから筋肉と脂肪が減ってゆく。要は、太らせてから急激に痩せるっていうのは、体に良くないんです。
 だから、脂肪をつけて「太らない事」がダイエット=食事制限なんです。ですが、テレビの企画では、センセーショナルに「何キロ痩せた!」っていうと視聴率が上がるんで、民放はバカを承知で作っているんです。それを喜んでみてる視聴者は随分とバカにされてると思います。

 泉ピン子なんて、まぁ、製作者の意図通り演じてれば、金がもらえるから何でもいいんでしょう。
 まぁ、泉ピン子さんは、嫌いな女優さんと思いました。
 「泉ピン子 ブログ」で検索したら、ブログとか見つかるのかなぁ、どうでもいいですが。「杉田かおる ブログ」で検索したら、ブログとか見つかるのでしょうか、どうでもいいですが。

 NHKなんかは、こんな「太って痩せるダイエット番組」を作ったら、最終的に国会で追及されますから、こういう「何キロ痩せた!」っていうダイエット番組は作らないんでしょう。
 えぇ、太った時点でダイエットとしては、もう「負け」なんです。で、痩せてもしょうがないとは言いませんが、敗戦処理なんです。いかに太らないかっていう地味な健康番組が、まともなダイエット番組なんでしょう。
  1. 2009/03/31 (火) 21:12
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2009年03月31日(火) ◇ イチローインタビュー (スポーツ)

 イチロー選手が報道ステーションのインタビューに答えて、WBCについて語っていました。

 イチロー:「完結したなという感じですね。まぁ、どういう形になっても完結はするんですけど、まぁでも、流れがずっと悪かったですからね。まさかあそこで、あれ(10回表勝ち越し打)が来るとは思わなかったという感じで終わりましたね。」

 イチロー:「あそこ(9回に同点に追いつかれた)はね、ちょっと覚悟をしたというか、もう、嫌ーな流れ、ホントに嫌だったので、サヨナラの可能性を考えちゃいましたネェ。ただ、ビッシュががんばってたんで、とにかく頑張れって、頑張れ頑張れって、ぼそぼそぶつぶつ言いながら。あれさえクリアできれば、最後同点のまま、なんとかなるって、気持ち的にね。」
 イチロー:「今回お前一番頑張ったんだから、ムネもってけという気持ちで。」

 イチロー:「ここで打ったら、えらいことだな。打たなかったら、もっとえらいことやと。そういう思いがよぎる時は、結果はあんまり出ないですよね。雑念が色々入ってきているわけですから。でもそれがよぎってしまったので、どうしようもない、これは消すことができないんですよ。できないですよ。もう僕は振り払うことはできないと思ったので、僕の脳みそがこういう流れになってるんで、ここに便乗していこうと、で、打席に入るときに、「さぁこの場面、イチロー選手打席に入りました」みたいな感じで入っていったんですよ。ちょっとした実況風の感じを頭の中で描きながら。1球目はいボール、2球目にガンが盗塁で二塁に走ったわけでしょ、でそれがストライクのコール、ツーアウト2・3塁、こりゃえらいこっちゃと、ね。で、細かい実況は色々あるんですけど、はいファール、はいまたファールみたいな感じで。」

 イチロー:「余裕じゃないんですよ、自分の気持ちに便乗していっただけなんですよ、こうなっちゃったら、マイナスの事も考えたけれども、楽しくしないともうやってられないという感じですよね。(裏返しとしては)めちゃくちゃ怖いですよ。オフに日本に帰れないなみたいな、そういうネガティブな事を想像しましたよ。」

 イチロー:「はい、そこの低めファールみたいな、ワンバウンドになりそうなボールがあったんです。あのファールをした時に、「いただきました」という感じになったんですよ。要は必ず、いい結果が出ると思ったんです。勝負してくれれば、かなりの確率でヒットは出る。あのボールをファールにできたということではないんですよ。むしろ、あの球をヒットにできると思って打ちにいったんですよ、でも結果的にはファールになった、あのボールをヒットにできると思った感覚を持った自分が、ということだと思うんですよ、そこで、もうこれ何が来てもいけると。」

 イチロー:「(頭の中での実況は、)そこで終わりました。」

 亀井選手が、イチローと同じスタイルの着方をしようと選手に呼びかけて、それに応える選手達、結果を出すイチロー選手、みなで喜び合うベンチ。イイハナシだなぁ、、、軽く涙しました。
 スポーツ選手は、論理的な言葉でしゃべるんじゃないと思いました。直感で感じた事、それに後から理屈を足していくという感じでしょうか。気持ちとか心、体と結果で話すんだなと思いました。
  1. 2009/03/31 (火) 08:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年03月30日(月) ◇ TBS7時代のニュース (考えたこと)

 月曜日の7時、TBSテレビの編成が大幅に変わってニュース番組になったのを見ました。
 で、小林麻耶ちゃん司会のニュース番組に変わったんですが、違和感がありすぎなことに気がつきました。多分、私が物心ついた頃から、ずーっと月曜日の夜は、関口宏の司会の番組をやってるはず、、その前の番組が思い浮かばない、、と思って、「100人に聞きました wiki」で調べてみると、1979年4月に「100人に聞きました」が始まってます。
 やっぱり、「クイズ100人に聞きました」の時代から考えると、関口宏が30年間、司会をやってるんです。

 私もいいおじさんなんで子供の頃から30年見ちゃうと、月曜日の夜なのに、関口宏が出てこないのは許せないというか、もうなんか、簡単に視聴習慣を変えられない気がします。あぁ、関口宏が見たい、、、。いや、TFP2は、最初ジャンプの部分を見て、それからネプリーグで漢字とファイブボンバーを見て、またダーツで戻ってくれば十分なんです。それでも月曜日っていう感じが全くしなくなっちゃうのは、物足りないです。
 で、その代わりのTBSのニュース番組は、いかにも缶詰VTRを連発するというスタイルで、NHKの「ニュース7」が、ストレートニュースを読んでいるのとは、大違い。
 TBSの7時代のニュース番組のターゲットって、どこにあるのかわかりませんでした。高齢者層は絶対NHKだし、若年層はフジテレビだし、どこ狙ってるんでしょうか。小林麻耶ちゃんがきゃんきゃんニュースを読むのもニュース番組らしくない。小林麻耶ちゃんの声が高すぎて子供っぽくて信頼感が置けないんだなぁ。

 これ、火曜日も安住の番組が見られなくなるのか、、。唖然だな。これじゃTBSの7時代の視聴率は、いっても一桁後半じゃないかな。惨敗で、1年で元の番組に戻るんじゃないかと正直思いました。まぁ、明日になれば、初回の視聴率が出るんでしょう。
 正直言って、小林麻耶ちゃんが、いきなり7時代のニュースじゃ、荷が重すぎです。23時代のニュースで修行を積ませないと無理と思います。23時代の方が、視聴者層が若いだろうから、そっちの方がまだいいでしょう。

 妹の小林真央ちゃんが、日テレで11時代にニュースやってるからって、いきなり姉の小林麻耶ちゃんが7時代のニュースはないよなぁ。まぁ、TBSの視聴率が下がっても全然問題ありませんが、わざわざ視聴率を下げる番組改編をする理由がわかりません。
 やっぱり、関口宏を月曜日に見たいです、安住を火曜日に見たいです。
  1. 2009/03/30 (月) 21:09
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads