FC2ブログ
| ◇ |

2008年11月17日(月) ◇ 星野仙一HP閉鎖 (スポーツ)

 星野仙一氏のHP「オンラインレポート」が、11月17日付の更新を最後に閉鎖されるという発表が突然ありました。
 「星野仙一氏のHP閉鎖は、残念です。」みたいな感想が付くだろうという読みが入っているんでしょうか。北京オリンピック以来、とにかく叩かれまくったっていう事を、星野仙一氏自身は書いていましたから、「惜しまれて」みたいな同情的なフレーズで呼ばれる事を期待しているんでしょうか。

 北京オリンピックでの采配や選考について、星野氏自身が客観的に捉えて振り返る機会があって欲しいと今も願っていますし、それなしには、星野氏の野球界での役割は考えられないと思います。
 星野氏に欠けているものは、叙情でも情緒でも季節の風情でもなく、星野氏自身が北京でした野球について客観的に語ることと思います。ブログとかホームページという媒体は、そういう正しい手続きを経るために最適の媒体と思います。

 逆にいうと、今の星野仙一氏の様に筋が通っていないままだと、ネットの世論や正論に耐え切れないのでホームページを閉鎖したのかなとも思います。テレビメディアとか活字メディアなら、星野シンパ演出に乗っかって自身を露出すればいいわけで、正論と向き合わなくて済みます。
 つまり、星野氏の様に野球界の立場を利用して都合の良い事だけを言うには、立場より正論が優先するネットという世界は不向きという事に気がつかれたのかなと思います。それは、今まで監督とかシニアディレクターという立場にいれば、縦社会ですから正論を無視しても批判されなかったのに比べると、ネットはやりにくい世界という事なのでしょう。

 このままネットから情報を出す事を止めても、今回の北京オリンピック後の星野氏の言動を世論は決して忘れないでしょう。結局、星野氏がHPで自らの采配・選考を反省しなかった事は残念です。星野氏は本質的にそういう人なのかと考えさせられました。こんな人が日本代表の監督だったのかと、改めてとても悲しい思いになりました。
  1. 2008/11/17 (月) 20:12
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年11月17日(月) ◇ 大原麗子 (考えたこと)

(2009年8月6日追記)大原麗子さんが乳がんで亡くなったとヤフートップで見ました。ご冥福をお祈りいたします。

 今朝のワイドショーのテレビ欄を見たら、テレ朝の「スーパーモーニング」と、フジの「とくダネ」の両方で、大原麗子さんの難病と老親介護の話題をやると書いてあり、南田洋子さんの件で、老老介護が注目を浴びていて、大原麗子さんが「ギラン・バレー症候群」でつまづいて右手首骨折し、ひざを打撲する重傷を負ったっていうスポーツ紙の記事を見て、大原さんの話題を扱うのか?と思ってました。

 テレ朝は、南田洋子さんの時と同じく「徹子の部屋」から「ドキュメンタリー宣言」という流れで、視聴者の興味をそそりつつ情報を小出しにする方針かと思いました。フジは、みのもんたが金曜にやってる番組、タイトルが思いつきませんが、あの枠でゴールデンで扱うのでしょうか。
 今回は、南田洋子さんの番組の高視聴率を踏まえて、2局が同時に大原麗子さんを扱った形になっています。大原麗子さんの家の中まで密着して、大原麗子さんが老親介護をしている実際の映像を撮るのでしょうか。視聴率を気にするテレビマンとしては、絵を撮りたいと思うのでしょうか。

 テレ朝は、成功例(南田洋子)の例もあります。みのの番組だと、再現VTRの手法に頼りがちに思えます。大原麗子さんの老親を画面に出せるように話をつけるか、テレ朝としては話をするのでしょうか。
 大原麗子さんの話は、朝から泣けるVTRを見たという方もいると思います。まず、ワイドショーというのは、正しかったかなと思います。「大原麗子 ブログ」で検索してみたんですが、例の11月11日のスポーツ紙の記事と、そのコピペのブログしか見つかりませんでした。
 大原麗子さんのブログに興味を持つ方もいるかもしれません。昔綺麗だった大原麗子さんの顔にどういう皺が刻まれているかとか、どんな風に知性が失われているかが、残酷かな、興味本位の視聴率を持つ部分なのでしょうか。
  1. 2008/11/17 (月) 11:02
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:1
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads