FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2008年11月22日(土) ◇ 中日選手全員WBC不出場 (スポーツ)

 中日の選手は、ケガをしてない選手も含めて全員がWBC出場を断りました。おそらく球団、監督から選手に対して、代表不出場の指示があったであろうと思われます。それでいて、落合監督は、「選手が決めたこと」っていうのは、納得がいかない説明です。
 確かに、星野監督が北京オリンピックで、めちゃくちゃな投手起用をして、岩瀬投手や川上投手に過度の負担をかけた事が、今回の中日選手の(組織的ともとれる)WBCボイコットに繋がっているという話は、一定の理解はできます。しかし、今回の中日の様に、「全選手を代表に出すのを、理由無く拒否」というのは許されない様にしなければいけません。

 ならば、どうすればよいかを考えました。
 故障してない選手については、「前年の成績からこの起用法で使う」という条件が決まるようルールを策定して、その条件が日本代表から球団に示された場合は、代表選出を球団・選手が断れない様にする、という案があります。
 要は、選手の起用法に昨年の成績から計算した「ルール」を策定して、日本代表監督コーチ側に対しては、選手(投手)の起用法に一定の規制をかけ、そして、その条件の中なら球団・選手は、代表起用を断れないというルールです。

 例えば、投手なら、
 1、前年の1回の登板の平均投球イニング数を計算する。(ただし、先発投手の場合は、イニング単位に切り上げる。)
 2、平均の登板間隔日数を計算する。(1日以下の小数点が出た場合は、1回目の間隔の時は、1日単位に切り下げ、2回目の間隔の時は切り上げる。)
 3、1回の登板の平均投球数を計算する。(イニング途中に平均投球数になった時は、そのイニング終了まで、登板させる事が出来る。)
 そして、それらを上回らないという条件を、投手の起用法とする事でいいんじゃないかと思うのです。

 こういう客観的なルールを策定しなければいけない、というのは、星野監督の恣意的な投手起用からの反省点より導き出される論理的な結論と思います。
 こういうルールに従ってWBCを戦えるなら、日本代表は「監督のさじ加減」という次元から離れて戦え、球団も安心して選手を出せます。そうやって得る成果は、「客観的な起用ルールに従って戦う」という意味で、日本代表にとってとても大きいと思うのです。

 「投手起用ルール」の具体例~ (実際の今年のデータからの計算結果でなく、私の印象ですが。)
 中日の岩瀬投手なら、「抑え投手。1日に1イニング限定。登板の後、1日を空ける。連投はできない。」
 日本ハムのダルビッシュ投手なら、「先発投手。1日の登板で、100球まで。先発の後は、中4日以上空ける。」
 レッドソックスの松坂投手なら、「先発投手。1日の登板で、6イニングまで。先発の後は、中4日以上空ける。」
 巨人の山口投手なら、「抑え投手。1日に1イニング限定。登板の後は、1日を空ける。ただし連投も1回だけできる。連投の後は、2日休みを空ける。ただし、3日以上前の登板と間が空き、かつ、3日以上次の登板と間隔が空く場合は、1日に1イニング以上、2イニングまでの登板もある。」
  1. 2008/11/22 (土) 15:21
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年11月21日(金) ◇ 割りばし事故 無罪 (考えたこと)

 割りばし事故、二審でも無罪だそうです。当り前と思いました。
 というか、こんな事で、「医者の過失を問う」なんて、無責任な考え方をしてると思いました。
 誰のせいかっていうなら、保護者の監督不行き届きだし、まぁ、そんな所に割りばしを刺したのが子供本人なら本人のせいと思います。どう考えても、それを診た医者のせいとは思えませんし、裁判にするのも理解できません。

 医者がこんなレアな事まで医療ミスって言われて責任を取らなきゃいけないというか、裁判にかけられるんじゃ、アサヒコムに、“「ああいう家族がいるから救急医療の現場が崩壊する」といったネット上の中傷”って書かれてましたけど、それの方が正論に近い事を言ってる気がしました。アサヒコムも、「ネット上の中傷」って書かないと訴えられる恐れがあるんで、そう書くのでしょう。うーん、私が親だったら、すぐに告訴を取り下げて裁判をやめるなぁと思います。

 アサヒコムに、
>隼三ちゃんの父の杉野正雄さん(57)と母文栄さん(51)は20日、判決後に記者会見し、
>「過失を認めない内容は受け入れがたい」と批判した。
 ってありましたが、事故の過失は「保護者」か、「割りばしを刺した人」にあります。その責任は棚に上げて医者を訴えるのは、無責任と思いました。診てくれたお医者様への尊敬の念があったら裁判所に訴えるなんて出来ないでしょう。

 昔、米国で猫を乾かそうと思って、電子レンジにチンしたら猫が死んだっていうのを、裁判所に訴えたっていう話を聞いて、そんな酷い告訴社会があるのかと思いましたが、その事を思い出しました。
 今は、日本も酷い告訴社会なんですね。担ぎ込んだ医者の判断が間違ってると思うなら、別の医者に担ぎこむしかないでしょう。それも含めて親の判断と思いますし、その責任だってあるでしょう。
 「杉野正雄 ブログ」とか、「杉野正雄 wiki」で、検索しましたが、杉野正雄さんのブログや、Wikipedia上の記事は見つかりませんでした。まぁ、この事件後に、産科の入院拒否とかありますから、医療現場の方は、医療防衛に走っているんです。それって、患者にとって良くないことなんです。
  1. 2008/11/21 (金) 17:10
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2008年11月21日(金) ◇ 振り込め詐欺 (考えたこと)

 振り込め詐欺の詳細な紹介を、何日か前のNHK「クローズアップ現代」で見ました。NHKっていい商売だよなぁ。民放ならCMの出稿が減っちゃうと直接収入に響きますが、受信料は不況と関係ないし。

 で、振り込め詐欺って、「だまされる方が悪い」っていう感想で片づけちゃいけないんでしょう。
 でも、なんか見てると若者がアルバイト感覚でやっているようで、簡単にだまされるお年寄りがお金を持っていて、ATMで振り込めちゃう限り、振り込め詐欺はなくならないんだろうなと思ったのでした。
 むしろATMの操作はできるのに、あんな手口でだまされるっていうのは、ATMの操作が簡単すぎるのかと思いましたし、とにかく、なんかバランスが悪い感じがしました。

 もう、70歳以上のお年寄りの持ってる口座は、「資格」が無いと振込が出来ないようにするとか、そういう対策も必要なのかと思いました。
 70歳以上のお年寄りの口座は基本的に振込が出来ないようにして、テストなり講習を受けて合格できた人だけ振込みも出来るようにする位が丁度いいんじゃないかと思ったのでした。そのテストにも合格できないような知力の持ち主が振込の出来る口座を持ってたら、その方がずっと危険だろうと思うのです。
 そういう対策ってされてないよなぁ、お年寄りを振り込め詐欺から守るためにはやるべきと思うんですけどね。

 実は、ウチの家族にも電話がかかってきて、「携帯の番号を変えたんだけど、、、」って言われたみたいです。でも、うちの家族は、すぐに不審に思って、「で、何番に変えたの?。」って訊いたら電話を切られちゃったそうです。
 うちの家族は、相手と話を続けたかったそうなので、「会話を続けたいなら、相手に色々訊いちゃいけないよ。相手の為すがままに身を預けないと騙せないって思われるよ。」って言ったんですが、振り込め詐欺をやる連中も、こちらの応対から騙しやすい人かどうか判断してるんでしょうね。
  1. 2008/11/21 (金) 12:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年11月20日(木) ◇ 奥多摩 紅葉 (KissDX)

 奥多摩周遊道路に紅葉を見に行きました。

 下の方に小さく見えるのが、奥多摩有料道路だった時代の桧原村側の料金所跡です。

 めっちゃいい天気でした。

 奥多摩周遊道路のもう紅葉も終りかけでした。

 空も空気も澄んでとてもきれい。

 月夜見第一駐車場から見る奥多摩湖。綺麗な湖面です。

 月夜見第一駐車場から、奥多摩湖の上流方面を望む。きれいな空。

 奥多摩周遊導路を奥多摩湖方面に下ってゆきます。

 写真に写らないんですが、紅葉の黄色い山の色がきれい。

 木々の隙間から、所々奥多摩湖の湖面が顔を出します。

 奥多摩湖の向こう岸とこちらを結ぶ橋。

 小河内ダムと奥多摩湖と空。きれいな紅葉の風景でした。

 実は、月夜見駐車場で原付バイクがパンクしてしまうというアクシデントが発生。奥多摩の山の中、しかも山の上でパンクですよ。その事は、別の記事で。
  1. 2008/11/20 (木) 10:27
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年11月17日(月) ◇ 星野仙一HP閉鎖 (スポーツ)

 星野仙一氏のHP「オンラインレポート」が、11月17日付の更新を最後に閉鎖されるという発表が突然ありました。
 「星野仙一氏のHP閉鎖は、残念です。」みたいな感想が付くだろうという読みが入っているんでしょうか。北京オリンピック以来、とにかく叩かれまくったっていう事を、星野仙一氏自身は書いていましたから、「惜しまれて」みたいな同情的なフレーズで呼ばれる事を期待しているんでしょうか。

 北京オリンピックでの采配や選考について、星野氏自身が客観的に捉えて振り返る機会があって欲しいと今も願っていますし、それなしには、星野氏の野球界での役割は考えられないと思います。
 星野氏に欠けているものは、叙情でも情緒でも季節の風情でもなく、星野氏自身が北京でした野球について客観的に語ることと思います。ブログとかホームページという媒体は、そういう正しい手続きを経るために最適の媒体と思います。

 逆にいうと、今の星野仙一氏の様に筋が通っていないままだと、ネットの世論や正論に耐え切れないのでホームページを閉鎖したのかなとも思います。テレビメディアとか活字メディアなら、星野シンパ演出に乗っかって自身を露出すればいいわけで、正論と向き合わなくて済みます。
 つまり、星野氏の様に野球界の立場を利用して都合の良い事だけを言うには、立場より正論が優先するネットという世界は不向きという事に気がつかれたのかなと思います。それは、今まで監督とかシニアディレクターという立場にいれば、縦社会ですから正論を無視しても批判されなかったのに比べると、ネットはやりにくい世界という事なのでしょう。

 このままネットから情報を出す事を止めても、今回の北京オリンピック後の星野氏の言動を世論は決して忘れないでしょう。結局、星野氏がHPで自らの采配・選考を反省しなかった事は残念です。星野氏は本質的にそういう人なのかと考えさせられました。こんな人が日本代表の監督だったのかと、改めてとても悲しい思いになりました。
  1. 2008/11/17 (月) 20:12
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads