<< 前の記事 | ◇ |

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

2008年10月31日(金) ◇ 消費税増税 (考えたこと)

 今朝、新聞を読んだのです。で、一面にデカデカと、「消費税増税、3年後メド」と書いてあり、「緊急経済対策、一家4人で、6万円現金で配る」と書いてありました。麻生首相自身が考えた訳じゃないんでしょうけど、この株安、今がどん底と思いますが、その最中に、「消費税増税」を公約する首相って見た事も聞いた事もありません。
 しかも、衆議院選挙が来年前半にある事は確定してるわけで、選挙前に、増税の話をする首相って、どうなのと、自民党としては、こりゃ、すぐに解散なんてされたら、たまったものじゃないと思うでしょう。

 にしても、6万現金をばらまいても、消費税を5%上げれば、年に120万支出する家庭なら、1年で消費税の増税分として持っていかれます。要は、1年分の消費税アップ分を先に配るから、消費税アップを認めてねっていう政策です。
 3年後に消費税が増税になることがわかってたら、6万もらっても使わないわな。1年分の消費税を先にもらっても、消費税は上がったら、ずーっとそのままな訳ですから、当然、その後の物価上昇分のために、貯金するわな。
 なんていうのか、こんなのが、景気対策になるはずないという、詐欺的な話というか、国民を馬鹿にするのもいい加減にしろという感想が残る話でした。

 いや、自民党の消費税増税が良いとかいってるんじゃなくて、小泉首相が散々郵政選挙で勝った時、絶対安定多数を持ってて、消費税を上げるなら、あの時にサッサと上げれば良かった筈なのに、今は、株大暴落、円高、世界経済大混乱、不況下の中で、消費税増税の話をするのって、神経がどうかしてるんじゃないかと、増税するなら、少しでも景気がいい時にするべきです。
 いや、まぁ、衆議院選挙の争点がはっきりした事は確かでしょう。「消費税増税、是か非か」で、衆議院選挙を戦えばいいわけですから。そんな首相見たことがありません。どれだけ民主党がなめられているのか、どれだけ麻生首相は、選挙に勝つ自信があるのか、普通、増税の話をしたら、選挙で何人落ちるか考える所なんですが、、、。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/31 (金) 23:52
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年10月27日(月) ◇ 原辰徳 (スポーツ)

 うーん、ここまで、一切WBC監督問題に口を閉ざしてきた原辰徳監督。
 王貞治特別顧問が、巨人の原辰徳監督にWBC監督を要請する事を決めたと発表したんですが、どうなるんでしょう。受けるんでしょうか、、、というか、原辰徳監督からみると、巨人の大先輩で球界の大先輩の王貞治特別顧問に直々に指名されてとなると、WBC監督を「受けない」理由が、あまり見当たらないのです。

 今年は、日本シリーズ進出、去年はセ・リーグ制覇とはいえ、他球団との「戦力」の違いを考えると、「一番強い」監督かというと疑問も残る所です。野村監督とか、落合監督は、どちらかというと弱い球団を率いて日本一になられた監督ですから、采配の実力に疑問を挟む余地がないところです。巨人は、戦力もお金もありますし、「常勝」が宿命づけられていますから、負けると監督の責任ですし、堀内監督だった時代は、ずっと、原辰徳監督の復帰を待ちわびたものでした。
 しかし、巨人の監督としては、人気も高くて、疑問を挟む余地のない実績を残していても、WBC監督となると、「読売びいきじゃないか」っていう声とも戦わなければいけない訳で、WBC監督っていうのは、原辰徳監督にとって、これまでにない厳しい試練といえるでしょう。

 うーん、「どういう実績を残した人にWBCの監督をお願いするか」を、「規定」にした方が、いいと思うんですね。WBC開催から逆算して、前々年の日本シリーズを優勝した監督とか、そういう風にして。でも、そうしちゃうと、エライさん的には、自分の権力(監督の人事権)を手放しちゃう事になっちゃうから、そうやって、公正な「規定」を作っちゃうのを嫌がるんだろうなぁ。「規定によって」WBC監督が決まるんじゃ、エライ人から見ると、「俺が決められる」っていう権力がなくなるわけですから。

 あと、野村監督がどう発言するかが、気になる所です。全く個人的な思いつきなんですが、原辰徳監督が、野村克也ヘッドコーチをお願いするってやれば、ID野球+原辰徳監督で、最強の布陣かと思うのですが、どうなんでしょうか。
 WBC監督をやりたくて仕方がない野村監督じゃ、ヘッドコーチなんて受けないだろうなぁ。でも、本当に強い首脳陣を作るなら、野村監督+落合ヘッドコーチとか、野村監督+原ヘッドコーチとか、色んな組み合わせが考えられるんですけど、読売の意向が絡むと、野村・落合っていう線は、首脳陣から消えるのかと思うと、それはそれで、残念です。

 「原辰徳 ブログ」で検索してみると、原辰徳監督のブログというか、公式サイトが見つかりました。
 原辰徳監督のことですから、受けるにしても、受けないにしても、王貞治特別顧問に直接回答することになるでしょう。ブログに書いて済む話とは思えません。
 世論を見極めて、イチローとか、野村監督の発言を見極めて、回答することになるんでしょうが、どういう事を言うとしても、原辰徳監督としては、とても難しい厳しい決断を迫られているんじゃないかと思いました。
  1. 2008/10/27 (月) 18:10
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

2008年10月24日(金) ◇ 泰葉 (考えたこと)

 泰葉さん。あれですよ、泰葉さんの公式ブログに、元夫、春風亭小朝さんの事を、「金髪豚野郎」って書いたっていう、で、その泰葉さんのブログが、サーバーの負荷が大きすぎてダウンしたため、閉鎖になったっていう。
 その泰葉さんの「金髪豚野郎」のブログ記事は、「噴火」っていうタイトルだったらしいんですが、どうも、泰葉さんのお母さんの事を、春風亭小朝さんが、ずっと「ゲロ」って呼んでて、その事が、離婚の一つの大きな理由になったとか書いていたらしいです。

 ブログを提供した側が、いくらなんでも、負荷が大きすぎて対応できないって事はないでしょう。それを理由にして、自社ブログでの泰葉さんのブログを閉鎖させたかったのが本音じゃないかと思っています。
 アクセス数が、多い少ない以前に、もの凄い敵対的な、名誉棄損にあたるんじゃない?っていう内容ですから、そんなリスクを抱えてまで泰葉さんに、ブログを提供したくないという所でしょう。

 にしても、ブログで本音をぶちまけるっていう、これはなかなか出来ないことだと思います。
 ガチンコとか言っても、管理されたプロモーションの中での悪口しかいえない感じ、プロレス的な、予定調和的な、お互い言われる事もわかった上での悪口みたいな次元を遥かに超えている、泰葉さんのブログの内容は、マジ悪口ですから、本当にすごいと思うのでした。
 悪口芸みたいな部分ってあると思うんです。立川談志さんとか、キレが良かったり、伊集院さんなんかは、整形してるんじゃないって思う芸能人の実名は言えないよね、っていう自虐話芸だったり、にしても、本当の本音は、なかなか言えないものです。

 泰葉さんの、「金髪豚野郎」っていうコピー、コピーなんだろうな、やっぱこの言葉自体が映像的だし、オリジナリティあるし、もう、テレビで春風亭小朝さんを見るたび、「金髪豚野郎」ってテロップが脳の中で合成されて勝手に浮かんじゃう感じがします。うーん、なんか、勝手に芸名が変えられちゃった感じかなぁ。小朝さんが枕で、「金髪豚野郎」を自虐ネタとして使うと面白そうだなぁ。

 泰葉さんの本音っぷり、やっぱり、この人は落語家になって、林家三平になれば良かったんじゃないかと思う位、それに比べると、大人なんだから自制してっていう、林家正蔵さんのつまらないこと。
 名誉棄損でも何でも、本音をぶちまけて面白いのって、お笑い的だし、襲名披露のお祝いを地下に隠してるのは、金の亡者的で、比べると面白くないなと思いました。正蔵さんと比べると、泰葉さんの方が、ずっと落語家的だなと思ったのでした。

 ブログなんて、サーバを立てれば、またどっかで再開できるんでしょうけど、泰葉さん的には、「ブログ」での面白い事は、十分やり遂げた様な感じもしますし、また、別の方法で、面白い事を追及していかれるんだろうなと思ったのでした。「泰葉 ブログ」で検索したんですが、グーグルのキャッシュも、「噴火」の記事は、見えなくなってて残念でした。なんか、勝手に泰葉さんのブログをミラーしたブログとかは見つかりましたが、完全に全文同じっていう確信は取れないよな。
  1. 2008/10/24 (金) 11:15
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

2008年10月20日(月) ◇ FXでドルを買(売)った場合、何円高(安)でロスカットかと、レバレッジ (考えたこと)

 FX(外国為替証拠金取引)について、調べてみたんです。円高なので、ドルを買うとしたら、今だろうと思って。

<レバレッジと、ロスカット率と、ドルを買った(売った)場合何円円高(円安)になれば、ロスカットになるか>
レバレッジ(バイ ロスカットリツ(%) 投資トウシ金額キンガクエン 保証ホショウ金額キンガクエン 保証金ホショウキンバイ ドルを(売)った場合バアイ何円ナンエンエンダカ(ヤス)になれば、ロスカットになるか。
1
20 1,000,000 1,000,000
80
2 20 1,000,000 500,000
40
3 20 1,000,000 333,333
26.66666667
5 20 1,000,000 200,000
16
10 20 1,000,000 100,000
8
10 20 1,000,000 200,000 2 16
10 20 1,000,000 300,000 3 24
10 20 1,000,000 1,000,000 10 80
20 20 1,000,000 50,000
4
100 20 1,000,000 10,000
0.8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  (1ドル100円として概算 ブログライブ作成 注:間違いがあったら、コメントでお教えください。)

 FXは、「レバレッジ」という、実際にFXの取引会社に預けた現金(保証金)の何倍もの外国為替を取引できるという考え方がある事と、「ロスカット」という、そうやって取引した結果生じた損失が保証金の何割かに達したら、自動的に反対売買がされて、損失が確定される事。

 この「レバレッジ」っていう考え方は、実に不思議。1倍~100倍なんていうレバレッジ(倍率)が設定できて、要は、外貨預金は、<レバレッジ 1倍:ロスカット率0%>という事と同じなんだけど、2倍とか、3倍っていうのは、外貨を売ったり買ったりしてるのは、自分のお金を超えている金額なわけで、概念的には、取引会社が個人に「貸す」のと近いんだろうなと思ったのでした。

 で、相対取引という事で、取引会社と個人でレバレッジを付けたりするんですが、外為ドットコムのFXstageは、「レバレッジが10倍以上で、取引手数料を取らない」という、いや、けちをつける訳じゃなくて、実際、個人がレバレッジ10倍の取引をした時に、取引会社は、そのレートで、取引所とか別の所と、取引をしているんじゃないだろうなと推測しているんです。
 株なんかは、個人がネットで売り買いすれば、それは、実際の取引所で株を買ってるわけで、証券会社は手数料を取って代行しているんですが、FXの取引会社は、実際に個人が一々ネットで売買しただけじゃ、取引所で同じ取引はやってないんだろうなと思うのです。

 手数料を取らないで、実際に個人から預かった額の10倍とかの「資金」を用意して、実際に取引所で取引してたら、取引会社が儲かるはずがないと思うのです。
 で、たぶん、実際には取引所と取引はしてない、、そうすれば、ロスカットになった時の「ロス」は、実際には、取引会社は外部に対して発生していないんで、ロスカットで個人から集めたお金は、全部取引会社の収益になって、実際には、これが取引手数料の代わりになるんじゃないかと思うのです。

 で、上の表を見ると、<レバレッジ100倍:ロスカット20%>の場合、ドルを買って80銭円高になると、ロスカットになって、手数料として保証金の8割が取引会社に持っていかれる計算になります。

 いや、色々、FX関連のブログとか探してみたんですが、これだけわかりやすく、<レバレッジとロスカット率と幾ら円高(安)になるとロスカットになるか>っていう相関関係を表にした記事って見つからないんです。なんでだろうと、いや、そもそも、1万円とかFX会社に預けて8000円持ってかれるなら、合法的で問題ないしで、わざわざレバレッジとか、ロスカットのリスクをレートの変動と結びつけて数値化しないということなんでしょうか。

 確かに、アフィリエイトなんかで、いい話だけをして、FX加入者を増やしたいっていう向きだと、わざわざ書くこともないし、逆に、こんなのは知ってて当然だからわざわざ記事にしないという考え方もできるんでしょう。

 この表を見るとわかる事は、<レバレッジ10倍、ロスカット率20%> で、ドルを買って、8円円高になるとロスカットされて、反対売買されちゃうこと。(反対売買されないためには、取引形態によっては、保証金を積み増しすれば、いいこともあるようです。)
 1ドル110円が、102円になって反対売買されたら、8万円の損が確定します。手元に2万円しか残らないので、数ヶ月(あるいは数年)でドルが110円に上がっても、どうにもならないという事です。
 してみると、今回の急激な円高で、レバレッジ10倍以上は、個人はかなり損をしていて、取引会社はロスカットで儲かるんだろうなと思います。
  1. 2008/10/20 (月) 14:59
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年10月17日(金) ◇ 吉田栄作 (考えたこと)

 「だんだん」っていうNHKの朝ドラ、見てるわけじゃないんですが、チャンネルをザッピングしてる時に、映る事があるんです。その中でも、とりわけ印象に残るのが、吉田栄作さんが映った姿。

 なんか、「もう誰も愛さない」っていうドラマだったか、山口智子さんとか、田中美奈子さんが出てたあのドラマの時から比べると、今の吉田栄作さんは萎んだバブルみたいな感じがします。時の流れというか、年とったなという以上に、若さの勢いで見せる演技だったのが、それが無くなっちゃうと、何も無い感じで、人気が急に落ちていったのもわかる気がします。「もう誰も愛さない」の時代、1991年ですか、まだ、バブルの余韻の残る時代でした。ジェットコースタードラマなんて言われて見た記憶があります。

 「吉田栄作」って、ホリプロだっけ、ナベプロだっけか、とにかく大きな事務所に所属してて、その力で生き長らえている感じがしてたんですが、ここにきて、NHKが朝ドラマに使うとは、NHKもどうかしたのか、、しかも、「だんだん」はNHK大阪の製作でしょ、関西臭を薄めようっていう狙いなんだろうけどね。それが当ってない感じが、画面からするんですが、どうなんでしょうか。

 「吉田栄作 ブログ」で検索したら、吉田栄作さん本人のブログもあるようです。うん、最近目だった作品の記憶がないし、ブログという手段まで使って、「吉田栄作」を一生懸命事務所がプッシュしてる感じもよくわかるんですが、お客が手をつけなかった鮎の塩焼を、調理場で再度チンして出されてるみたいで、見てると、あ~ぁ的な感じがするのは、拭えないなぁ。
 織田裕二みたいに、ずっと第一線で活躍し続けるみたいな感じになるのかな?って、「もう誰も愛さない」の頃は、一瞬思ってたんです。そういう期待があっただけに、今の吉田栄作さんが映ると萎んだ感があるんだろうなぁ。
  1. 2008/10/17 (金) 16:05
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。