FC2ブログ
| ◇ |

2008年08月26日(火) ◇ 渡辺恒雄 (スポーツ)

 渡辺恒雄(ナベツネ)巨人会長が、WBC監督に「星野監督以外に誰がいる?。」って言ったんですが、何でだろうと腑に落ちなかったんです。単に、WBC日本ラウンドでの集客力を考えて、星野監督の人気に期待したってことなのかな?と思ったんですが、あの日本代表の惨敗ぶりじゃ、どうなのと思ったのです。

■野球日本代表
 新井(阪神)は、腰椎骨折今季絶望。
 岩瀬(中日)は、予選米国戦と準決勝に連投。準決勝で決勝2ランを打たれて、決勝進出を逃す。
 川上(中日)は、準決勝と3位決定戦連投。3位決定戦で2ランとダメ押し2ランを打たれ4失点。銅メダルも逃す。
 川崎(ソフトバンク)は、左足第2中足骨の疲労骨折、10日間の安静。
 GG佐藤(西武)は、3エラーで心が折れる。

■巨人のオリンピック選手
 イ・スンヨプ、岩瀬(中日)から決勝2ランを打ち準決勝を決める。決勝でもホームランで、金メダル。
 上原、カナダ戦で登板して9回1イニングを抑える。
 阿部、キューバ戦でホームラン。予選リーグ韓国戦でセカンドに暴投。

 あれ、これ見てると、星野仙一監督が好きな中日と阪神の選手を勝手に使いまくってボロボロにして、西武のGG佐藤もボロボロ、ソフトバンクの川崎も壊すし、巨人のクライマックスシリーズ、日本シリーズを考えたら、どこのチームが有利なんだろうか。まさか、巨人会長の渡辺恒雄(ナベツネ)氏が星野監督を支持してる理由って、、と、ふとつながったのです。なるほど、「選手がひ弱」っていうのも、巨人には当てはまらないと取れないこともありません。
 渡辺恒雄(ナベツネ)氏は、大連立とか考える人ですし、巨人はクライマックスシリーズで勝てばいいって公言する人ですから、常人が考えてることとは、目の付け所が違っても不思議ではありません。

 渡辺恒雄(ナベツネ)氏はブログなんて書くわけないし、本音でどう思っているかは「ナベツネブログ」があってもわかることでもないです。
 そういえば、水面下で渡辺恒雄(ナベツネ)氏が、堀内監督の後任として星野仙一氏に巨人監督を要請して断られてっていう流れもあったっけ。あれだって、断られるとわかっていて、監督を頼んだんだよな。
 まぁ、星野監督に恩を売る位が、常識的に見れば渡辺恒雄(ナベツネ)氏の星野続投発言の真意なんでしょうか。
 しかし、他球団の社長や首脳陣は、これだけ選手を壊されて負けても、星野続投にOKって言うんでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2008/08/26 (火) 20:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

2008年08月26日(火) ◇ 星野仙一批判 (スポーツ)

 星野仙一さんのCMより。人となりがわかるんじゃないかな。

 星野仙一さんのCMより。東北地方では、流れてないと思いました。


 伊集院光さんが、「星野監督批判」について2008年8月26日のTBSラジオJUNKで語ってました。

 以下放送内容から~
 「今さあ、マスコミでね、ネットとか日刊ゲンダイは別として、マスコミが今言いにくい二大論調って、まず星野監督批判はどっからも出ないよね、星野監督批判は、もう星野監督が記者会見場で、星野監督自ら自分のこう「わしが悪い、わしが悪い」って言えば言うほど、字幕には、「それ以上だから、お前ら何も言うなよ」っていう感じで、後は、谷村奈南って何?何なの?谷村奈南に漂ってるお前何?っていう感じ。大学とGカップって歌と関係あるのっていう感じ。現役大学生と歌はわかったけど、で、何?っていうあの、すげえ上からきてる感じの、、」
 放送内容ここまで~

 確かに、星野仙一氏ってあれ、謝ってる態度なんでしょうか?。謝ってるくせに、言い方がすごい上からきてるんです。
 下から、「すみませんでした。惨敗の責任を取って日本代表の監督は辞めます。采配も選考もどんな批判でも受けます。」って深々と頭を下げるっていうのが、日本代表を預かる監督として正しい態度でしょ。
 なるほどね、伊集院さんの言ってる事は的を得てます。星野仙一氏が、「わしが悪い」って言いながら、辞めるって言わず、審判批判、ボール批判とか論点をずらす態度は見苦しいです。どこの国だって条件は同じです。仲良し組コーチじゃ勝てないとか批判もありますよ。そりゃ。選手をかばうような口ぶりで、実は、自分、星野仙一氏の選考や采配に対する批判を抑圧するのは、一番いけないやり方です。

 戦いが終わって負けた以上、星野仙一氏は1回代表監督を辞めるべきで、いや、また星野仙一氏が代表監督になる可能性もあると思いますよ。でも、1回監督を辞めることで、代表監督としての選考や采配をマスコミも含めてみんなできちんと議論できる場を作るってのが順序でしょう。
 ああやって、星野仙一氏が「わしが悪い」っていいながら、代表に対する議論を抑圧しようとする態度は、最低最悪っていう人もいるだろうし、間違っていると思いました。きちんと議論検証をする前提として、一番上の人が退かなければ、ちゃんとした証言が出てこないんです。

 私は、勝負自体は時の運の要素も絡みますから、負けただけでバッシングされるのはおかしいと思います。もし星野仙一氏がバッシングされるなら、その理由は、WBC日本代表監督は受けないという表明をしないからと思います。今のままだと、「わしが悪い」って言いながら、選考や采配に何も反省してないと思います。

 こちらのブログに、「星野仙一 ブログ」などの検索語で来られる方もいるかもしれません。星野仙一氏のブログはないようです。星野仙一のオンラインレポートという日記風のホームページは開設されているのを見かけました。
  1. 2008/08/26 (火) 06:51
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:39
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads