FC2ブログ
| ◇ |

2008年08月06日(水) ◇ 持田香織 (考えたこと)

 2008年7月に、とくダネの「朝のヒットスタジオ」のコーナーに、Every Little Thing が出ているビデオを見ました。
 アレンジとか、キーとかは、完全に昔のままというか、「Time goes by 」の昔のカラオケのままで、スタジオでそのカラオケに合わせて、持田香織さんが生で歌うという形式でした。
 いちおう、昔といっても、10年前になるのですね。「 Time goes by 」は、インターネットにある試聴(サビだけ)が出来るサイトで、聞き比べてみました。

 このとくダネのパフォーマンスは、持田香織さん、ELTから、視聴者、ファンへのメッセージという意味では、とくダネが生放送ということもあって、持田香織さんの喉の状態を伝えるというメッセージが込められたパフォーマンスと思います。
 あれが、録画放送だったら、ディレクターから、もうワンテイク撮りましょうか?という、ダメ出しが出るかもしれませんが、生放送なので、そういうこともありません。今の持田香織さんの喉の状態を、視聴者やファンの方に伝えるためには、生放送という間に邪魔なものが入らない形を選んだのだろうと思いました。
 アレンジもキーも全部昔のまま、それは、持田香織さんの今の喉の状態を伝えるためという意味が込められているということなのかなと思いました。キーだって、アレンジだって、歌い方だって、過去と違うやり方でやれば、過去との違いは目立ちません。同じパフォーマンスを目指すことで、過去との違いがとても際立って、持田香織として、ELTとして追い詰められた感じがありました。
 持田香織さん、Every Little Thingの真意がわかるかと思って、「持田香織 ブログ」で検索しても、持田香織さんのブログは見つかりませんでした。持田香織さんがブログに書いてあればわかるところですが、真意がどこにあるのか、わかりかねる所でもあります。

 思うに、20代と同じ声が、30代、40代、50代で出ることはないし、加齢とともに、声質は変わってゆくものと思います。ただ、持田香織さんの声質の変化、というより、高音域が出ない状態は、加齢が原因と考えるには、急激過ぎます。
 元々、喉が強くなかった所に、無理な喉の使い方か、または病気、その両方かで潰してしまったんじゃないかと懸念します。喉は、筋肉の塊ですから、正しくトレーニングと休養を続けることで、必ずや持田香織さんの現在の年齢に見合った「声質」が戻ってくるものと信じたいと思います。
 今までの例だと、八代亜紀さんが、喉にポリープが出来て、それを除去した時に、歌がうまくなくなったと一時言われましたが、現在では、そうは言われなくなりました。それまで、何年かかったかなぁ、結構年数がかかってると思います。1回潰した喉を再生させるのって、とても時間がかかると思います。

 まず、喉を大事にして、必要な量のボイストレーニングはされて、そして、長期間かけて、喉を再生して欲しいと願う所です。その為に、長い休養が必要なら、仕事より休養を優先された方がいいと思いました。

 同じ事務所の浜崎あゆみさんも難聴を抱えて、片耳が聞こえないのに仕事を続けていると聞きます。エイベックスは、アーティストの長期的な活躍を望むのなら、必要な休養を取らせるべきなんじゃないかと思います。
 今の状態の持田香織さんに歌わせるエイベックスの姿勢に疑問が沸きました。
 エイベックスは、アーティストの健康より、当期の利益を重視しているのか?と思いました。

 がんばって、持田香織さん。
スポンサーサイト



  1. 2008/08/06 (水) 15:55
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:23
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads