<< 前の記事 | ◇ |

2008年08月31日(日) ◇ シシリーの風 (食べ物)

 シシリーの風で家族と食事をしました。ここは、モダンパスタの系列店ですが、なぜか八王子にある北野店は、なぜか、シシリーの風っていう名前になってます。

 お好きなスパゲティとピザお替り自由で、1029円というのをいただきました。

 ピザお替り自由ってどういうやり方なのかと思ったら、皿を持ってきて、小さなピザを一切れ置いてゆきました。

 あっという間に食べちゃって、こういう札を立てておくと、次のピザが焼けたら、また持ってくるというシステムのようです。

 スパゲティは、カルボナーラをいただきました。美味しいカルボナーラでした。うちだと、カルボナーラは、あまりやらないのです。

 カルボナーラはあっという間に食べちゃって、次のピザがなかなかこないのです。

 これで、食べ放題って言えるのかと思ったら、食べ放題じゃなくて、お替り自由って書いてあるのね。

 いろんなピザを持ってくるのはいいんだけど、時間がかかるのが考え物。一切れ一切れ持ってこないで、小さいピザを一皿持ってきて、足りなかったらもう一皿追加ってできないんだろうか。 

 ピザは9種類あるようですけど、ダブってるのか、同じピザを持ってきてるようです。お客は、ピザの種類は選べないのね。

 ピザ生地が薄くて小さいんで、あっという間に食べちゃって、次持ってくるまでの7~8分の間が持ちません。

 シシリーの風って、こういうピザのお替り自由のサービスを試しているのかな。だから、モダンパスタっていわないで区分してるのかなぁ。

 このくらい食べたら、やっとお腹が一杯になってきました。1時間位かかったでしょうか。家族が、食べ終わって、ずっと待ってるのが暇なので、帰ることにしました。

 下は、家族の食べた小エビとブロッコリーのクリーミードリアです。

 ちょっといただきましたが、こちらも美味しいです。

 ケチャップライスが入ってるのね。

 シシリーの風、北野店の外観はこんな感じ。なぜか、瓦ブキ。シシリーの風になる前は、どっか和風レストランだったかと思いました。
  1. 2008/08/31 (日) 21:42
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2008年08月28日(木) ◇ WILLCOM D4 Ver.L (PC携帯ゲーム)

 久々に、ビックリしました。WILLCOM D4 Ver.L の登場です。
 オタリーマンさんとか、usewillcomさんが涙目になってますが、そりゃそうでしょう。9万円で買った端末が、MSoffice不搭載、長時間バッテリー標準搭載、音声端末nico.おまけつき、になって、およそ2ヶ月で、3万円値引きの59800円になるっていうことですから。

 まぁ、元々9万円っていう価格が、Eee pc901とかの同時期に出たUMPCと比べて、頭抜けて高い価格でしたから、この価格でやっと競争力が出た価格と思います。
 なんて言うのか、9万円でお買い求めになった方は、9万円の価値があると思って買ったわけで、その判断が間違っていたって事にもなるんでしょう。早々と購入して得々と自慢した記事も見かけましたが、まぁ、こういう展開になると、WILLCOM D4 と同時期に出たEee pc901と比べて価格が高すぎるという理由で、購入を保留した方は正しかったってことになるんでしょう。
 なんていうのか、キャリアに従って騙されたっていう感じは、Willcomファン度が高い方なればこそ感じることでしょう。
 正直言って、Eee pc901は、買おうかなと一瞬考える価格でしたが、Willcom D4は、この価格差分の価値があるか疑問な価格で、購入するのに躊躇われる価格差でした。

 しかし、それを乗り越えてWillcom愛でWillcom D4を買った方にとっては、WillcomD4が高かったのは、D4でしか使えないMS officeのせいだって今さら言われたら、そりゃ怒るでしょう。最初からなんで、このバージョンを出さなかったのか、即投入できなくても、発表だけでもしておけばよかったのにとか、大きな疑問が残ります。
 こんなことになるなら、Eee pc901が値段を出してきた時点で、即値引けば、まだよかったとも思います。
 こういう精神的なダメージをD4を買ってくれるようなWillcomのコアユーザに与えたっていう事は、イーアクセス、Eee-pc901陣営としては、してやったりという所なんでしょうか。
  1. 2008/08/28 (木) 22:45
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2008年08月28日(木) ◇ 椿姫彩菜 (考えたこと)

 椿姫彩菜さん、いや、この方をニューハーフっていう括りで見るのってどうなのかと思ったのです。性同一性障害っていう病気、私の知識ですと、胎児の段階で男性の遺伝子を持っているにもかかわらず、脳に女性ホルモンが作用した結果、女性脳として生まれてきた方と理解しています。
 子供の時にお飯事が好きなのか、電車が好きなのかで、女の子脳と男の子脳に分化しているかがわかるのかと理解しています。

 椿姫彩菜さんは、元々女の子脳を持って生まれてきてて、結構容姿も女の子っぽい、で、しかも睾丸とペニスがついてきて生まれてきたという障害があって、ペニスと睾丸を取って体の側を女性に近づけるように治療すると、普通の女性が子宮とか卵巣の病気になって、それを喪失した状態が、今の椿姫彩菜さんの状態に近いんだろうと、それって、芸能人でプロレスラーさんと結婚されて体外受精・代理母をされた方と似たような状態なんだろうか?と思ったのでした。

 元々健康で戸籍上女性の人が、子宮と卵巣を失うのだって、もの凄い喪失感が漂うだろうし、それって心の傷になるものと思いますが、元々健康で戸籍上男性で女性脳を持ってるからって、子宮と卵巣のない女性になるっていうのが、どれほど想像を絶する体験なのか、いわゆる男性脳を持ってる健康な男がフェティシズムで女装をしたりとかいうのとは全く違う話だろうなと思うのです。

 しかし、椿姫彩菜さんは、ああいうモデル並みの美貌をお持ちな訳で、ああいう美貌だからこそ、こういう選択というか治療ができて、脳の側に外見の性をあわせて生きられるという意味では、性同一性障害を持ってる方の中では、極めて幸福な方なんだろうなと思いました。

 「女性としてマイナスからスタートしている」っていう発言を、椿姫彩菜さんがネットでしてるのを聞いて、この人は、根っから本物の女性なんだなぁと、改めて思ったり、そうやって見ると、なんか、うん、「この人元男性なんですよ!」、「え~?ホント?」みたいなバラエティでありがちなリアクションは、椿姫彩菜さんにとって、とても失礼なリアクションなんだろうなと思ったり、もっと言うと、すごい肉体的に傷を持った女性に、「この人、子宮がない女性なんですよ」、「え~?」みたいな事も言わないし、リアクションも取らないだろうなと、そのリアクションは、もの凄い不謹慎ですし、それと椿姫彩菜さんに対するリアクションは、かなり似てる意味があるんだろうなと思ったのでした。
 そこまで、昇華しちゃうと、なんか、逆にうん、椿姫彩菜さんを男性の女装の究極としてみるみたいな萌え感情は萎えちゃう訳で、そうなると、椿姫彩菜さんの商品価値は、また別の次元に移動しちゃう感じもします。

 「椿姫彩菜 ブログ」で検索すると、椿姫彩菜さんのブログが見つかって、アメブロなのね。本を出版してアメブロを書く、椿姫彩菜さんは芸能人ブログの王道を行ってると思ったのでした。
 いや、ベストセラーなのかな、椿姫彩菜さんの「わたし、男子校出身です。」 コンビニで見かけたのですが売れてるんでしょうね。手に取ろうかと思ったのですが、たぶん、読むと女装の究極みたいな萌え感情は完全に消されるんじゃないかと思って、手に取るのは止めました。

 はなまるマーケットで、はるな愛さんが広重玲子アナに、カラオケの時の女性らしいしぐさを教えていて笑えました。あれは、はるな愛の方はフェイクなのに、本物の女性に女性のしぐさを教えているっていう辺りが笑いどころなんですが、椿姫彩菜さんがあれやったら、フェイクっていう感じが全然ないんで、笑いの要素がないっていう、うん、似て非なる方なのかなと思ったのでした。
  1. 2008/08/28 (木) 11:08
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

2008年08月28日(木) ◇ 太田雄貴 (スポーツ)

 太田雄貴さん、フェンシングフルーレの北京オリンピック銀メダリストです。北京オリンピックの興奮が冷めた時に、太田雄貴さんの記事というのもなんですが、その、なんですが、、、感を見てゆきたいと思います。
 太田雄貴さんが、事ある毎に言うのが、「フェンシングはマイナーですから」という言葉。あと、「ニートです。就職活動中です。」という言葉。で、「フェンシングのゲームとか作って、普及したい。」っていうのも、よく言ってます。

 いや、日本にフェンシングをやってる人がどれだけいるのか知りませんが、あれ、要は西洋剣道じゃないかと思うんですが、剣道なら、高校の授業でやらされたんで、家にも竹刀があります。
 太田雄貴さんみたいに、まじめにフェンシングをやられている方にとっては、西洋剣道って言われると、「それは違う」って事になるんでしょうが、面とか小手とか防具をつけて、竹刀ならぬ剣を持って打ち合う訳で、似てるんじゃないかと、似てないのかな、、と思うのです。
 
 実際、文部科学省にとっては、安上がりで銀メダルが一個増えたって事なのかなと思うのですし、フェンシングをやる人が増えるのか増えないのかわかりませんが、男子がしても、お金にならないスポーツって事は、太田雄貴さんが銀メダルを取ろうと取るまいと変わらないのかなとは思うのです。
 日本で、お金になるスポーツでオリンピック競技になってるのといえば、競輪ですか、自転車競技は、ヨーロッパでも盛んらしく、それでも、銅メダル一個です。
 いや、何が言いたいかというと、競技者がオリンピックで頑張ることと、お金の儲かるスポーツのシステム作りとは全く別物で、普及させるには後者が有効っていう事です。じゃ、お金の儲かるスポーツのシステム作りがあれば、メダルが取れるのかって言うと、競輪とか野球とかサッカーとか見ると、それもそうでもないって事です。

 そんな意味では、太田雄貴さんが、銀メダルを取られて清清しい笑顔を見せてくれるのは、オリンピックのアマチュアリズムを正しく体現していると思いますし、逆に言うと、オリンピックで男子が活躍できないのは、男子的には、仕事としてお金になる生き方を社会が求めているって事で、仕事としてスポーツが成立してない場合、メダルを取ろうと努力しても食えないからやらないという事なんで、日本男子がメダルが取れないから、ひ弱とかそんな簡単につながる話ではないと思います。

 いや、太田雄貴さんに、誰も連覇とか、次は金をとかいう期待のコメントを聞かないのが、柔道とかマラソンとかと対照的でおもしろいと思いました。実際、結構な確率で、太田雄貴さんには次もメダルの可能性があると思いますが、ビジネス的にお金をスポンサーから集めるっていう事がないと、期待をかけるっていう話にもならないのかなと思いました。

 「太田雄貴 ブログ」で、検索してみたんですが、太田雄貴さんのブログは見つかりませんでした。ブログは書いてないのかなと思いました。まぁ、書いてもしょうがない、お金が儲かるシステムを構築した上で、アクセス数をとるとか、グラビアアイドルが写真集を売るみたいなのが、ブログのお金儲けのシステムですから、太田雄貴さんにとってはブログ書くより、就職先を探すのが先決という事なのでしょう。

 いや、なんでフェンシングっていうお金にならないスポーツをやってるのか、太田雄貴さんに聞いてみたいと思ったのです。多分、フェンシングが好きだからってお答えになるんでしょうが、だったら、企業とか学校の援助のお金がなくてもメダルが取れたわけで、お金になるスポーツにしても、それとメダルってつながらないんじゃない?っていう矛盾した構造があって、太田雄貴さん独自の強い精神構造と肉体がメダルにつながったのかと、改めて思ったのです。
 いや、企業にとっては、うちが広告宣伝のためにお金を出したから、メダルにつながったんだよっていう構造が欲しい訳で、応援して太田雄貴さんがメダルを取ろうと取るまいと、なんか、企業の手柄っていう感じが薄い感じがするのが、痛し痒しという所と思います。

 なんか、長いだけで、まとまりが欠いた文章になりました。いや、私は頭悪いなとつくづく思います。もっとちゃんとまとまった文章にならないものかと思います。
 「太田雄貴さん、がんばって、フェンシング応援してます。太田雄貴さんのブログ見てみたいです。」という言葉で締めたいと思います。
  1. 2008/08/28 (木) 02:49
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年08月27日(水) ◇ 大野豊 (スポーツ)

 大野豊投手コーチ、広島カープ出身、アテネ、北京と投手コーチとして手腕を振るった方です。
 また、野球の話、しかも、終わった北京オリンピックの話で恐縮です。たぶん、これで終りと思います。

岩瀬、決勝弾献上…炎上ブルペン大混乱 「北京五輪・野球、韓国6-2日本」(22日)
> その裏ではブルペンも混乱していた。岩瀬が金東柱に中前打を許したところで、ベンチは涌井への交代を決断。だが本人は一度、肩を作って休憩していたところだった。
> 「金東柱のところでダルが行く予定だったけど…。スンヨプに打たれて涌井ということになったけど、ダルが投球練習をしていた」と大野投手コーチ。準備不足の右腕は、失策も重なり決定的な2点を奪われた。

 しかし、このデイリーの記事を読むと、星野監督がダルビッシュ投手を投入する予定で、大野豊投手コーチに指示を出してたのを、急遽岩瀬投手に変えたっていう風に読めます。
 同点の時点で、大野豊コーチがダルビッシュ投手投入を準備していて、星野監督は、岩瀬投手を投入したのか。これ、大野豊コーチのせいじゃなくて、星野監督のせいじゃん。
 というか、準備させてたダルビッシュ投手を投入せず、岩瀬投手を投入した星野監督が悪いんじゃん。

 年末のスポーツ特集とか、、、あぁ、星野監督続投じゃ語れないな。
 その後の北京秘話みたいな話になるのかな。「大野豊コーチが語る、北京オリンピック惨敗の真実」みたいな本での話になるんでしょうか。「大野豊 ブログ」で検索しましたが、大野豊さんのブログは見つかりませんでしたし、まぁ、大野豊さんの公式ブログがあっても、ブログに書くような話じゃない、本のネタになるプレミアムな話でしょう。
 やっぱり、星野ジャパンの癌は、星野監督。WBC監督続投に進んでるみたいですが、こんな采配を経験したコーチ陣、選手はどう思ってるんだろう。思うところがあっても、今の状況じゃ何も言えないなぁ。こんなことでいいんでしょうか。
  1. 2008/08/27 (水) 06:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads