FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2008年08月26日(火) ◇ 渡辺恒雄 (スポーツ)

 渡辺恒雄(ナベツネ)巨人会長が、WBC監督に「星野監督以外に誰がいる?。」って言ったんですが、何でだろうと腑に落ちなかったんです。単に、WBC日本ラウンドでの集客力を考えて、星野監督の人気に期待したってことなのかな?と思ったんですが、あの日本代表の惨敗ぶりじゃ、どうなのと思ったのです。

■野球日本代表
 新井(阪神)は、腰椎骨折今季絶望。
 岩瀬(中日)は、予選米国戦と準決勝に連投。準決勝で決勝2ランを打たれて、決勝進出を逃す。
 川上(中日)は、準決勝と3位決定戦連投。3位決定戦で2ランとダメ押し2ランを打たれ4失点。銅メダルも逃す。
 川崎(ソフトバンク)は、左足第2中足骨の疲労骨折、10日間の安静。
 GG佐藤(西武)は、3エラーで心が折れる。

■巨人のオリンピック選手
 イ・スンヨプ、岩瀬(中日)から決勝2ランを打ち準決勝を決める。決勝でもホームランで、金メダル。
 上原、カナダ戦で登板して9回1イニングを抑える。
 阿部、キューバ戦でホームラン。予選リーグ韓国戦でセカンドに暴投。

 あれ、これ見てると、星野仙一監督が好きな中日と阪神の選手を勝手に使いまくってボロボロにして、西武のGG佐藤もボロボロ、ソフトバンクの川崎も壊すし、巨人のクライマックスシリーズ、日本シリーズを考えたら、どこのチームが有利なんだろうか。まさか、巨人会長の渡辺恒雄(ナベツネ)氏が星野監督を支持してる理由って、、と、ふとつながったのです。なるほど、「選手がひ弱」っていうのも、巨人には当てはまらないと取れないこともありません。
 渡辺恒雄(ナベツネ)氏は、大連立とか考える人ですし、巨人はクライマックスシリーズで勝てばいいって公言する人ですから、常人が考えてることとは、目の付け所が違っても不思議ではありません。

 渡辺恒雄(ナベツネ)氏はブログなんて書くわけないし、本音でどう思っているかは「ナベツネブログ」があってもわかることでもないです。
 そういえば、水面下で渡辺恒雄(ナベツネ)氏が、堀内監督の後任として星野仙一氏に巨人監督を要請して断られてっていう流れもあったっけ。あれだって、断られるとわかっていて、監督を頼んだんだよな。
 まぁ、星野監督に恩を売る位が、常識的に見れば渡辺恒雄(ナベツネ)氏の星野続投発言の真意なんでしょうか。
 しかし、他球団の社長や首脳陣は、これだけ選手を壊されて負けても、星野続投にOKって言うんでしょうか。
  1. 2008/08/26 (火) 20:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

2008年08月26日(火) ◇ 星野仙一批判 (スポーツ)

 星野仙一さんのCMより。人となりがわかるんじゃないかな。

 星野仙一さんのCMより。東北地方では、流れてないと思いました。


 伊集院光さんが、「星野監督批判」について2008年8月26日のTBSラジオJUNKで語ってました。

 以下放送内容から~
 「今さあ、マスコミでね、ネットとか日刊ゲンダイは別として、マスコミが今言いにくい二大論調って、まず星野監督批判はどっからも出ないよね、星野監督批判は、もう星野監督が記者会見場で、星野監督自ら自分のこう「わしが悪い、わしが悪い」って言えば言うほど、字幕には、「それ以上だから、お前ら何も言うなよ」っていう感じで、後は、谷村奈南って何?何なの?谷村奈南に漂ってるお前何?っていう感じ。大学とGカップって歌と関係あるのっていう感じ。現役大学生と歌はわかったけど、で、何?っていうあの、すげえ上からきてる感じの、、」
 放送内容ここまで~

 確かに、星野仙一氏ってあれ、謝ってる態度なんでしょうか?。謝ってるくせに、言い方がすごい上からきてるんです。
 下から、「すみませんでした。惨敗の責任を取って日本代表の監督は辞めます。采配も選考もどんな批判でも受けます。」って深々と頭を下げるっていうのが、日本代表を預かる監督として正しい態度でしょ。
 なるほどね、伊集院さんの言ってる事は的を得てます。星野仙一氏が、「わしが悪い」って言いながら、辞めるって言わず、審判批判、ボール批判とか論点をずらす態度は見苦しいです。どこの国だって条件は同じです。仲良し組コーチじゃ勝てないとか批判もありますよ。そりゃ。選手をかばうような口ぶりで、実は、自分、星野仙一氏の選考や采配に対する批判を抑圧するのは、一番いけないやり方です。

 戦いが終わって負けた以上、星野仙一氏は1回代表監督を辞めるべきで、いや、また星野仙一氏が代表監督になる可能性もあると思いますよ。でも、1回監督を辞めることで、代表監督としての選考や采配をマスコミも含めてみんなできちんと議論できる場を作るってのが順序でしょう。
 ああやって、星野仙一氏が「わしが悪い」っていいながら、代表に対する議論を抑圧しようとする態度は、最低最悪っていう人もいるだろうし、間違っていると思いました。きちんと議論検証をする前提として、一番上の人が退かなければ、ちゃんとした証言が出てこないんです。

 私は、勝負自体は時の運の要素も絡みますから、負けただけでバッシングされるのはおかしいと思います。もし星野仙一氏がバッシングされるなら、その理由は、WBC日本代表監督は受けないという表明をしないからと思います。今のままだと、「わしが悪い」って言いながら、選考や采配に何も反省してないと思います。

 こちらのブログに、「星野仙一 ブログ」などの検索語で来られる方もいるかもしれません。星野仙一氏のブログはないようです。星野仙一のオンラインレポートという日記風のホームページは開設されているのを見かけました。
  1. 2008/08/26 (火) 06:51
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:39

2008年08月25日(月) ◇ 野村ジャパン (スポーツ)

 「野村ジャパン」というタイトルで、記事を書くことにしました。いや、星野仙一北京オリンピック日本代表監督続投でNPBが動いていると記事にされててビックリして、星野仙一氏には、次のWBCの監督をして欲しくないと思ったのです。
 「野村ジャパン」の可能性を記者に聞かれて、野村監督は、「俺にはスーパースターは束ねられない。」って言ったそうですが、ある意味、大正解です。最も否定的な面をすっと掬い上げるいかにも野村監督らしい分析です。
 日本代表の勝利のみを考えた正確な代表選考と采配が求められる短期決戦では、その分析力を生かして選考と采配をしてもらいたいんです。

 日本代表の野球はどうあるべきなのか、短期決戦はどう戦うべきなのかを、リーグ優勝5回、うち日本シリーズ優勝3回の経験を生かして見せてもらいたいのです。確かに、集金力や人気では、野村監督は、星野監督にかなわないかもしれませんが、監督としての選手を見る目や采配、実績では、野村監督は星野監督の数段上を行ってると思います。それに、目の前の勝負に徹した采配をしてくれると思うのです。今回のGG佐藤が準決勝でああだったのに決勝でも使った事をみるにつけ、星野監督の采配以下になることだけはないと思うのです。
 古田ヘッドコーチなんていう身内で固めないで、色々な意見を持ったコーチを集めて、野村監督とぶつかりながら、正しい選考と采配をしてもらいたいと思うのです。「守備コーチカツノリ」とかやって代表を私物化しなければ、優勝できるできないでなく、日本野球のレベルにあった選考と采配をして、納得のゆく結果と成績を残してくれると思うのです。

 そう、星野監督は、「一番光り輝けるものを持って帰る」って大口叩いたのが、まず、間違いだったんです。まさに、星野ジャパンは、「驕る平家久しからず」っていう諺が当てはまりました。
 野村ジャパンなら、謙虚に月見草の様に、地味だけど、着実に成績を残してもらえると思うのです。野球日本代表の再建には、もっとも相応しい人物と思います。
 あと、落合ジャパンとか、原ジャパンとか、梨田ジャパンも考えたんです。この方々はどなたもいずれ、代表監督をされると思います。年齢経験実績から、野村克也さんが最も上だし、年齢的に今しかないと思うのです。あとは、広岡ジャパンも考えましたが、年齢的に、無理だろうなと。中畑ジャパンは、ある意味長嶋ジャパンとして、アテネで結果は銅メダルで堂々たるものと思いますが、今じゃないと思います。高田ジャパンは、日本一っていう実績がないからなぁ。
 楽天の監督も3年で契約が切れるし、今年3月のWBCには、丁度タイミングがいいと思います。

 野村克也氏が、WBC監督になった「野村ジャパン」を見たいと思いました。
  1. 2008/08/25 (月) 10:42
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年08月23日(土) ◇ GG佐藤 (スポーツ)

 GG佐藤選手の3エラーで星野ジャパンが沈む、、、、まぁ使った星野監督がいけないんですがね。
 ネット上では、GG佐藤選手について、色々なブログとか掲示板があって、GG佐藤は国賊か?とか、EE佐藤に改名しろとか、いや、EEE佐藤(エラー3つだから)とか、GG佐藤選手が帰国した時にぶつけられるモノを予想しようとか、中学生でもそうそうしないエラーとか、酷い言われようです。

 西武ドームに帰ってくるんでしょうけど、GG佐藤はどんな顔して戻ってくるのかなぁ。
 また、「キモティー」とか言うんでしょうか。準決勝が終わった後かなり落ち込んで泣いてたし、丸坊主にしてたし、それでも3位決定戦に使われてまたエラーして、これじゃ立ち直れなくなるんじゃないかとGG佐藤選手が心配です。

 DHでGG佐藤選手を使ってやらない星野監督が悪いとか、本職はライトなのにレフトをやらされて可哀相とかいう同情的なブログも見つけました。「GG佐藤 ブログ」でGG佐藤公式ブログを探したのですが、見つかりませんでした。
 しかし、ネットで調べると、GG佐藤選手は、アマ学生時代~プロになっても、全く外野手の経験のない選手のようです。元々キャッチャーで、一塁かDHで、2006年に初めて外野にコンバートされ、それもライト。2007年は、ライトの定位置を守ったのですが、レフトは全くの未経験。外野手をやって1年半で国際試合、それもオリンピックの守備をしたんです。こうやって見ると、こんな経歴の選手をレフトに使った星野監督の采配ミスというか、GG佐藤選手をこう使えば当然こうなるし、外野手4人という選考から間違ってたのかと思います。

 うん、ちゃんと日本に戻ってこれるんでしょうか、GG佐藤選手。精神的にダメになって、もうボールが取れなくなったりとかして引退、、なんてことにならないか心配です。
 がんばって、GG佐藤選手。ブログとか書いて、今回のオリンピックの事を振り返ってみてください。GG佐藤選手は、悪くありません。立ち直ってください。
  1. 2008/08/23 (土) 18:35
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:7

2008年08月23日(土) ◇ 星野ジャパン惨敗 (スポーツ)

 しかし、星野ジャパン、北京オリンピックではキューバ、米国、韓国には、一つも勝てませんでした。
 これで、星野監督、山本コーチ、田淵コーチ、大野コーチらは責任を取って総退陣でしょう。
 けが人ばかり代表に選んであげく打てず追いつかれて、エラーで大量点を取られて自滅。星野ジャパンは、星野監督の選考と采配で負けた史上再弱の野球オリンピック代表、日本代表といっていいでしょう。

 昨日の韓国戦で2つ得点に絡むエラーしているGG佐藤を、なんでスタメンに使うのか全く理解できません。
 昨日の記事では、投手陣の継投のおかしさを書きましたが、今日の試合でも、川上が2人ランナーを抱えた時点で、代えていいはずです。
 さらに、その後2ランを打たれて、それでも交代しないのは素人目にもおかしいです。ホームランを打たれて川上が動揺してるのは目に見えてるんだから、あそこで、成瀬なりダルビッシュを入れるべきです。あそこで、さらに2ランを打たれて4点差で勝負ありです。あそこで代えない時点で、やっぱり星野監督は絶対に短期決戦は勝てないと思いました。

 上原投手の代表選出など、今年の成績でなく過去の実績、名前に拘った選考、川崎、西岡、新井、村田、みんなケガや病気なのをわかっていて代表選出。
 センター青木、ライト稲葉は妥当でしたが、レフトなら金本とか、何で選ばないんだろう?。G.G.佐藤がレフトを守ってましたが、結局、これが最大の選考采配ミスのひとつでした。
 これで短期決戦に勝てるの?って疑問に思っていたまま、オリンピックが始まり、結局、GG佐藤なんかエラーしても、内野手の選考ミスで外野手にはDH枠がなく、翌日の3位決定戦でもG.G.佐藤を起用してエラーして、3失点に結びつくなど、代表選考のミスが試合の負けにつながりました。

 日本のプロ野球は強い筈なのに、星野監督の代表選考、采配で沈んだといっていいでしょう。
 こんな、酷い試合はオリンピックで見た事がありません。オリンピックでの野球の最後の試合で、星野ジャパンは、日本野球の歴史に汚点を作ったといっても言い過ぎじゃないでしょう。
 試合後のインタビューで苦痛にゆがむ星野監督の顔。ただ、インタビューの内容は、何で負けたのか把握できてないようでした。それじゃ、困るんです。
 今後、星野監督が采配を取って、選手や日本のファンを苦しめる事がないようにして欲しいと思いました。
 さようなら、星野ジャパン。さようなら、星野仙一監督。もう二度と指揮を取ることなく、ゆっくりと休んでください。
  1. 2008/08/23 (土) 15:41
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads