FC2ブログ
| ◇ |

2008年07月10日(木) ◇ 洞爺湖サミットの感想 (エコ)

 洞爺湖サミットが終わりました。
 洞爺湖サミットの感想を書くと、CO2削減で、2050年に現在比50%削減っていう超長期で、もの凄い大きな目標を掲げて、どこの国も削減義務とかでは合意しないで、目標を共有するという形にして、日本は、エコ推進国なんで、きちんとした目標を掲げたんだけど、他の国が合意しないでね、、、という形にしたのは、大成功かと思いました。

 京都議定書みたいに、アメリカとか中国やインドなんかが参加しない枠組みで、できそうな目標を設定されて、排出権取引とかやられた挙句、日本が2兆円も排出権を買わなきゃいけないっていう、あんな枠組みには戻らないよ、っていう、要は、日本がエコ推進国というアピールを十分にして、その実、京都議定書後の枠組みを壊すっていう狙いからすると、十分に評価できると思いました。

 いや、京都議定書後に、似た枠組みに戻ることだけは、絶対に避けないといけないわけで、その意味では、「エコ推進」の立場からは、非常に評価できる厳しい枠組みを提案して、それを他国に否定されて、枠組み自体が無効化するっていう、よく考えた提案だったのかなと思いました。

 そう、日本だけが不利なCO2排出権抑制の手形を書かされるのが、一番いけないわけです。どこの国も合意できない提案なら、日本だけが手形を書かされる心配も無いわけです。
  1. 2008/07/10 (木) 15:59
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年07月10日(木) ◇ 藤原幸一 (考えたこと)

 いや、考えちゃいました。写真家の藤原幸一さんが、J-WAVEに出て、ガラパゴス諸島の自然破壊について語ってました。藤原幸一さんがガラパゴス諸島の写真集を出して、その当時は、きれいな図鑑を作るつもりで、環境については全く語らなかったとか、その後、世界遺産になって、たくさんの観光客が来るようになったり、定住する人が出てきたりして、自然破壊が進んだっていう話でした。

 そうなんだよな、貴重な自然をきれいな写真に撮って、本にして、多くの人に売る行為自体が、悪意とか金儲けを考える人間に晒す行為なわけで、自然破壊の急先鋒だろうと思ったのです。
 貴重な自然を守りたければ、誰にも紹介しない、写真なんて撮って見せない、人の立ち入りを禁止するっていう方法しかないんだろうと思ったのです。
 うん、写真に撮られて、場所を人間に広く紹介された段階で、ガラパゴス諸島の「終り」の始まりなんだろうと思ったのです。

 そういう意味では、ズバッと斬ると、藤原幸一さん自身も、ガラパゴスの写真を撮って本にして商売にしたわけで、自然破壊の一端をになったんだろうと思うのです。いや、そんな自然破壊の先鋒を担った藤原幸一さんが、ガラパゴス諸島の自然破壊について嘆くように語るわけで、自然破壊について語るっていう方法で、骨の髄までガラパゴスで商売するのかな、と思ったのでした。

 世の中には、私達の知らない観光化されない未知の自然があって、それは、知られないことでしか、人間から守られないんだろうなと思ったのでした。そういう自然にとって、写真家は、迷惑この上ないものだろうと思ったのでした。


  1. 2008/07/10 (木) 15:04
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年07月10日(木) ◇ 梅果水 (食べ物)

 もらい物の「梅果水」(永井製菓)をいただきました。
2008_07060002.jpg
 寒天?ゼリー?と思ったのですが、どうもゲル化剤(増粘多糖類)というので、固めてあるみたいです。
2008_07060003.jpg
 この梅果水は、変わっている開け方をするようです。こうやって、はさみで袋を切って、
2008_07060007.jpg
 一回じゃ切り足りなくて、2回目も切って、
2008_07060008.jpg
 こんな風に、先っぽに梅果水の中身が見える所まで見えるようにしてから袋を開けていただきます。
2008_07060009.jpg
 こんな、中身のつるつるしたゼリー状のものを袋から直接いただきます。
2008_07060010.jpg
 味の方は、おいしい、梅酒っぽい甘いっぽい、やわやわのとても柔らかい梅ゼリーっぽい感じでした。つるっと頂け、涼しげ。夏にぴったりのお菓子でした。梅果水に書いてあった永井製菓のホームページは見つかったのですが、梅果水の記事は見つかりませんでした。価格はいくらなんだろ?。
  1. 2008/07/10 (木) 14:44
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年07月10日(木) ◇ 二岡智宏 (スポーツ)

 しかし、二岡智宏選手と山本モナとは、また、びっくりするような組み合わせですネェ。二岡智宏選手とモナ、二人は、あの夜初対面だったのかなぁ。とすると、ラブホに誘った二岡選手もそうだけど、ついていった山本モナもすごいなぁ。二岡的には、山本モナの不倫OKの噂は聞いてて、ダメ元で誘ったら、ホテルまでOKだったってことなんでしょうね。

 山本モナ的には、また一つ勲章が増えたって事だろうけど、二岡智宏選手的には、二軍で練習してないといけない時期に、夜遊びで不倫ですから、巨人ファンや巨人のオーナーには、巨人の顔に泥を塗ったってことで、大反感を買うことになりました。二岡智宏選手は、巨人生え抜きで選手会長。将来は、巨人の幹部にっていう目があるのですが、今回のことで、ひょっとすると、坂本がいるし、最悪、トレード要員ってことすら考えられます。二岡智宏選手にとって、不倫の代償は、想像できないくらい大きいっていうことになるんでしょう。

 ブログライブ管理人は、巨人ファンですが、山本モナっていう旬な芸能人と不倫っていうのは、巨人の選手になりたい若者達の夢をかきたてる、巨人の選手のステータスを上げるっていう意味でプラスの面もあると思います。メジャーじゃ、なかなか、アメリカの芸能人には相手にしてもらえないでしょうから、いや、例えば、松坂がパリスヒルトンと不倫とか、松井がマドンナと不倫とか、そうは、ならないでしょう、といいたいのです。日本にいれば、まだまだ、いい事あるよと。

 いや、山本モナだって、降板云々いわれているフジテレビのキャスターを続けたっていいと思うんですよ。フジの「サキヨミ」は報道番組っていっても、ニュース23と違って、ワイドショーのちょっと報道っぽい感じでしか視聴者も見てないと思います。このくらい話題作りに、ちょうどよかったんじゃないかと思うのです。にしても、芸能とスポーツ、その垣根を越えた不倫という、すごい話題ですね。
 二岡智宏選手、山本モナさん、がんばって。

 追記:あと、「二岡 ブログ」で検索したんですが、二岡選手のブログは見つかりませんでした。やっぱり、二岡選手は、ブログは書いてないようです。
  1. 2008/07/10 (木) 10:44
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:7
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads