FC2ブログ
| ◇ |

2008年05月16日(金) ◇ 平家の郷 (食べ物)

 平家の郷、八王子店で、ランチのハンバーグを980円で頂きました。

 注文したら、5分と経たないうちにハンバーグが到着。目の前で、ソースをかけるパフォーマンスがされ、ジュージューいってる内に頂きました。焼き具合を聞かれたので、レアをお願いしました。
 味は、おいしいです。つけだれ、ポン酢だったかな?。これも美味しく、つけあわせから、つけだれにつけて、ご飯(おかわり無料)は4杯頂きました。お肉も、ジューシーで、でも、あらびきとはちょっと違うのかな、柔らかで味わいのあるお肉でした。

 残念というか、腹が立ったのは、食べ終わった後に、店員さんに、「片づけますか?」って聞かれたので、「はい、ごちそうさま」って答えたら、店員が紙ナプキンごと、鉄板の皿を持ち上げて、ナプキンの上にあった「つけたれの皿」がひっくり返り、タレがひざの上にガバっと落ちたこと。店員さんは、若い男の子だったので、バイトの方なんでしょうが、「食器の後片付け」っていうことすら、きちんとできないのかぁ。
 味はともかくとして、嫌な思いをして、他の方にお勧めできなくなりました。

 そう、紙ナプキンを持ち上げて、つけだれの小皿をひっくり返したんです。こんな有様ですから、平家の郷の店が長くもつのか、疑問に思いました。

 平家の郷、八王子館の内装は、こんな感じ。

 平家の郷、八王子館の外観はこんな感じ。

 2008年8月5日追記:食器を店員の方がひっくり返した件について、補足しておきます。
 お客の側としては、こちらがテーブルにいるうちに、食器を片づけてもらわなくても、一向に構わないんです。というか、むしろ、ゆっくりしたいんです。それを、なんで、わざわざ、お客がいるところに来て、食器を片づけるのかがわからないんです。
 食器を片づけるっていう作業をすれば、当然、ミスしてひっくり返す可能性もあるわけです。片づけの作業中に食器を落としたりとか、ミスすることについては、しょうがないと思います。
 でも、お客が帰ってから片づけをすれば、お客に迷惑がかかる可能性は完全に排除できるんです。

 私が食事した時間は、お昼過ぎで、店員さんも時間的に余裕のあった時間と思います。
 そんな時間なら、食器の片づけは、お客が帰った後にやればいいんです。
 そこを、わざわざ片づけに来て、乱暴に食器を扱ってるように見えて、それでも、こぼさなきゃ文句はいいませんよ。でも、こぼすくらいなら、後で片づけてくれよと思うのです。
 これって、単なるミスじゃなくて、店員さんの側にお客さんへの配慮が足りなかったから起きたトラブルと思うのです。
  1. 2008/05/16 (金) 21:25
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2008年05月16日(金) ◇ 中国大地震 (考えたこと)

 中国の四川省で、巨大地震が起きました。マスコミでも、連日報道してますね。5万人?程の方が亡くなられたんじゃないかという報道もあります。こういう巨大な災害に、私達は何ができるのでしょうか?という問いかけをする番組も見かけますね。じゃ、何ができるのか。ブログライブなりに考えた答えを書いてみたいと思います。

 答えは、「ほぼ何もできることはありません」。「無力」という言葉が、一番近いでしょう。5万人とも10万人とも知れない人が、日本より広い地域のあちこちで瓦礫の山に埋まっているようです。日本からレスキュー部隊が行って、その内、何人を救えるのでしょうか?。5万人の内、10人を救出したとしても、残りの方は4万9千990人です。

 これって、被害者全体から見れば、0.02%。そんな割合になります。「感動的な救出場面」、その図は画面に映っても、ほとんど全ての瓦礫の下で亡くなった方は、画面に映りません。マスメディアって怖いですよね。なんか、こういう救出映像を見ることで、なんか、地震被害者をそれなりに救えているんじゃないかという、錯覚がありますから。

 誤解を恐れずにいうと、「生きている人にとっての自己満足」としての効果があるのでしょう。なんとかして救おうとしたっていう。救おうというベクトル、方向性は間違ってないんですよね、だから、間違いやすいんですけど、ベクトルがあっても、地震被害者全体から見ると、ほとんどの人は救われない、それが悲しいかな現実と思います。

 ミャンマーのハリケーンでも、同じでしょう。そうやって見ると、海外から救援の要請があっても、断るというのも、わかる気がします。被害者全員から見たら、極めて少ない割合の人しか救えない状況に、海外の救援部隊を入れても、国内の状況、被害の状況が海外や国内に報道されるだけで、ミャンマー政府や国民、被害者にいいことがあるという保障は何もありません。
 巨大な自然災害では、誰も圧倒的に無力です。それを言わないと最も大きな事実に蓋をしていると思います。
  1. 2008/05/16 (金) 11:43
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads