FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2008年05月28日(水) ◇ 船場吉兆廃業 (考えたこと)

 船場吉兆廃業ですか。再建に際して、大勢の社員を切り捨てたことで、当然、湯木佐知子社長の責任を問う声が、切り捨てられた社員から上がる訳で、「使いまわし」とか、そういうスキャンダルが切り捨てられた社員の証言から、次々と発覚したのでしょう。
 なんていうのか、湯木佐知子社長が、自らの保身を考えて、大勢の社員を切り捨てるっていう、その結果、こんなことになったのかな、と思います。再建を考えるにしても、順序として、最も責任の重い湯木佐知子社長が、まず身を引くべきでした。

 これで、船場吉兆っていう船が、丸ごと沈むことになる訳で、船長がダメで、船長がしがみいて、次々と社員を切り落とすという図は、まるで、未来少年コナンで、レプカが飛び立つ飛空挺にしがみつく部下を蹴落とす図に似ている様です。
 そういう意味では、蹴落とされた部下がスキャンダルっていう弾丸で、船場吉兆を打ち落とした図にも見えるわけで、それはそれとして、まったくもって阿鼻叫喚の人間模様です。
 これって、胸がすっとする図、、、でもないんですよね。社長を追い落としたわけでなく、丸ごと沈むわけですから。

 パワーハラスメント、職場いじめっていう図だと、お客様は大切にして、社長や上司は、従業員をいじめるっていう図式ですが、船場吉兆は、社長が、お客様も従業員も大切にしないわけで、そんな会社、誰からも必要とされないという図式で、パワーハラスメントで蹴落とされた従業員が、社長を蹴落した訳じゃないんです。

 ブログライブで書き忘れてたみたいですが、使いまわしが発覚した時に、湯木佐知子社長は、「もったいないから」って言いました。捨てるのが「もったいない」なら、従業員が賄いで食べればいい話ですが、湯木佐知子社長には、「もう一度、客に出せば仕入の金額を減らせる」としか見えなかったんでしょう。お金が「もったいない」のと、食べ物が「もったいない」の違いもわからないというマヒぶりが決定打になったと思いました。
  1. 2008/05/28 (水) 11:19
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年05月28日(水) ◇ メール依存症 (考えたこと)

 「メール依存症」だそうです。なんでも、小中学生に、持たせる携帯にGPS機能と通話機能以外を入れないようにする議論を政治家さんたちがしていて、そこで言われるのが、「メール依存症」なる弊害だそうです。
 まず、気味悪いですね、こういうマスコミの皆さんの記事の作り方って。政治家さんたちが、主張というか、考えていることの提灯記事を、なんか独自の取材であるかのように、「メール依存症」みたいに、タイトルをつけて記事にするのって。

 どうせ大人になったって、メール定額みたいな世界になるわけで、子供だからって、携帯メールから遮断っていう発想が、よくわかりません。子供の頃から慣らしておく方が、いいんじゃないかと、むしろ、どうやってメールと付き合うかを、マナーとして教える方が重要じゃないかと思うのです。

 円より子参議院議員だっけか、「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」って主張して、ブログ炎上とか猛反発食らってるみたいですが、あの類の議員の方々かな、と思うんです。
 単純単調で、「悪いもの」は全部規制しましょう、って考える方々です。

 エロゲーは規制、青少年のメールも規制、みたいな単調なことしか考えられない人が、議員やってるのかと思うと、呆れるだけです。
  1. 2008/05/28 (水) 10:57
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2008年05月27日(火) ◇ ベンツで練炭 (考えたこと)

 TBSラジオでやってる「伊集院光 深夜の馬鹿力」を、聞きました。伊集院さんといえば、川田亜子さんが独立する直前まで、日曜日の秘密基地のアシスタントを月一回務めていましたから、川田亜子さんの訃報については、当然知ってるはずです。
 しかし、人の生き死には、笑えないから、どうするのだろう、、と思って聞いたのです。

 すると、番組オープニングの「今週気付いたこと」での話は、コンビニで買ったチーズ鱈が美味くて高かったんで、パッケージを見たら、「オランダ王室御用達のチーズを使ったチーズ鱈」で、チーズ鱈なのに、オランダ王室御用達って、なんだそりゃ?といった話でした。
 チーズ鱈なのに、そんな格差社会ってないんじゃない?という話でした。

 その話を広げて、「純金のライオンの口からお湯が出るコインシャワーみたいな、チーズ鱈の世界にそんな上下は要らなくね?調べたら値段も50円くらい違うのよ、おそらくチーズ鱈を食べてる同志で、ちょっと一歩上の空気出す人はあれ食べると思うんですけど。ちょっと残念なのは、うまいのこれ。さすがオランダ王室だよね。なんか俺の中では、オランダ王室でもコップ酒やんだっていう、正確に言えば、オランダ王室御用達のチーズを使って、チーズ鱈にしてるのは、日本での話なんだけど、イメージとしては、なんかさ、連中がさ、肘まである手袋してるような連中がさ、チーズ鱈食ってるんだろうなって。でその、三色松葉とかも、王室御用達の三色松葉があってさ、俺ら下々だったら、ホントに、こう、このチーズ鱈ひとつでワンカップ二杯開けてやろうってな気持ちでゆくけど、あいつらもっしゃもしゃ食うだろ、もっしゃもっしゃもっしゃもっしゃ、絶対食うな。普通は王室は、ビーフジャーキーでコップ酒飲んでると思ったんだけど、要は何だそりゃっていう話ですよ。」って伊集院さんは話してました。

 またすごい話ですね。川田亜子さんが、ベンツで練炭自殺したのが頭にあって聞いてるもんだから、ベンツに練炭持ち込んでっていう違和感、普通、貧乏人が軽トラックとか、そういうとこで練炭自殺するのに、セレブの象徴ともいえるベンツに練炭持ち込んだっていう違和感と、チーズ鱈に王室御用達を持ち込んだっていう違和感が、微妙にシンクロして、シンクロしてないようでもあり、こっちの解釈で、そうともとれるな、っていうレベルの暗喩ですごいのです。

 ダウンタウン松本さんの放送室での硫化水素自殺問題のJ-CAST報道とか踏まえて、伊集院さんが川田亜子さんの話をしたら、揚げ足を取られかねないなという危機感があって、「川田亜子」っていう固有名詞は出さなくて、そのベンツと練炭自殺っていう「違和感」を、チーズ鱈と王室御用達の「違和感」に置き換えて話を組み立てるっていう、えぇ、聞き手の解釈っていうレベルを越えない範囲で、言いたいけど言えない事を話すっていうやり方なのかなと思いました。

 すごいよなぁ、いや、川田亜子さんの話がなければ、わざわざ、チーズ鱈の話をオープニングにする必要はないでしょうから。でも、J-CASTなんかの揚げ足取りからは、しっかり逃げるよっていう意図が伝わりつつ、川田亜子さんの話をみんな知ってるから、っていう前提で聞くと、ダークな笑いになるっていうスレスレの線です。凄かったです。
  1. 2008/05/27 (火) 16:11
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2008年05月26日(月) ◇ バラジュース (食べ物)

 バラジュースを、神代植物公園にバラフェスタ2008を見に行った時に頂きました。

 200円で、コップ一杯。暑い中、バラを撮りまわった後で喉が渇いてて、もう美味しいのなんのって。

 バラジュースは、ダマスクローズ種の花弁をしっかり煮詰めて作ったバラの香りがしっかりする飲み物でした。

 バラロールも一緒に売ってたのですが、こちらは写真に収めただけ。1個400円。高くはないのでしょう。美味しいのかな?。気になりました。

 神代植物公園のバラ園の半分の絵。たくさん人が出ています。

 この後は、前回紹介しなかった、バラのカットを幾つかご紹介します。

 こうやって見ると、それなりにその場の雰囲気を捉えています。

 人がやっぱり多く写りこんでいますね。

 ホント、この一面のバラは、凄い数でした。

 どこを写しても基本綺麗なバラです。

 人が映りこんでるっていう以外は、結構綺麗な写真なので、ボツにするのはもったいなくて、ご紹介してみました。
  1. 2008/05/26 (月) 22:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008年05月26日(月) ◇ 川田亜子 (考えたこと)

 川田亜子さん、自殺ですか、練炭ですか、悲しいですね。普通に考えれば、TBSの女子アナウンサーを経てフリーになって、エビちゃんと同じ事務所で、仕事はそこそこあって29歳で美人でって考えれば、合理的に見て、そこいらのどの女子アナよりも勝ち組で、もちろん、普通の人に比べれば、全然収入だってあるし、いずれどっかの社長と結婚引退っていう花道もあるんだし、どう考えたって、自殺しなきゃならない合理的な理由なんて見つかりません。

 精神的に病気、うつ病だったとしか、考えられません。川田亜子さんがブログに、
「母の日に私は悪魔になってしまいました。もともとそうだったのかもしれません。産んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました。母の涙が 私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです。」
 って、書いて削除になるという騒ぎがあったりしたのも、今から思えば、川田亜子さんの精神がかなりおかしくなっていたサイン、、、でしょうか。この謎めいたブログの内容を巡り、色々な噂が立つようで、「川田亜子 中絶」で、ググってしまいました。まぁ、もう、真実は闇の中でしょう。

 しかし、仕事的にみれば、川田亜子さんより良い状況にいる人は、ほとんどいないでしょうから、仕事の不振が理由なら、生きてられる人はほとんどいないでしょうに、ホントひどいうつ病をこじらせちゃったのかなと思います。お医者さんにかかって、治療をしっかりすればよかったのにと、残念で悲しくてなりません。

 ご両親も関係者も、とにかく、川田亜子さんには、生きていてもらいたかったと思っているでしょう。ブログライブ管理人も、辛くても悲しくても、死にたくても、とにかく、川田亜子さんに生きていて欲しかったという思いしかありません。

 川田亜子さんのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2008/05/26 (月) 13:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads