FC2ブログ
| ◇ |

2008年04月28日(月) ◇ 瀬尾佳美 (考えたこと)

 青山学院大学准教授 瀬尾佳美 さん。以下の文章を、ブログに書いて、大炎上騒ぎになった方です。

~引用ここから~
永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ(まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので、傷害致死の可能性は捨てきれないと思っている)。一審、二審の判断は、相場から言えば妥当なところではなかったろうか。【2007/09/21 18:35】
~引用ここまで~
※この文章は、http://okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-109.html で、4/27現在、閲覧不可能です。

 ブログライブ管理人としては、瀬尾佳美准教授の主張する「内容」が、正しいか正しくないかはともかくとして、「思想の多様性」は、最低限尊重しなければならないと思います。
 「世間」とか、「常識」ってものは、必ずしも、真実と一致するものでありませんから、「常識」と異なるからといって、「内容」が正しいかどうかの判定が出来るものとは思いません。
 「1.5人」っていう言い方は、ブログライブ管理人の考え方と全く相容れません。しかし、「常識」と違うという事で叩くのも、どうなのかと思います。

 ただ、瀬尾佳美准教授の事態の収拾の仕方について言えば、「最低」の一言です。これは、「学者」として許せないものです。
 一番最初に挙げた「永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ~」以下の内容が含まれているブログをパスワードがないと閲覧できないようにした上で、別のブログに、

~引用ここから~
もとの記事にアクセス制限(リンク規制)がかかっておりますので、当該部分をここにコピーしておきます。
***********
まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので「傷害致死」の可能性は捨てきれないと思っている。ひとつが傷害致死の場合「殺人」の数は1。殺意があったなら2。どちらと信じる理由もないのでここでは1.5としておく
************

~引用ここまで~

、と書いたのです。これは、別の文章を掲げて、それを前の文章の「コピー」と主張している疑いが非常に強いと考えられます。学者に「思想の多様性」が認められるのは、「真実」を追求するためです。
 この騒ぎの基になった「文章」を改竄して、それを主張するのは、「学者」として最低限のマナーすら守らないことです。
 こうなると、青山学院大学准教授 瀬尾佳美 さんは、「思想の多様性」で弁護することもできなくなったと思います。

 青山学院大学准教授 瀬尾佳美 さんは、正直に、ブログに書いたことを、もう一度、世に出すべきです。その上で、なんで、「隠蔽」して「改竄」にいたったのか、そして、その経緯と自らの責任について、きちんと説明するべきです。
 それは、つらいことかもしれません。しかし、やったことの責任は、きちんと取るべきです。
スポンサーサイト



  1. 2008/04/28 (月) 14:18
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:16
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads