FC2ブログ
| ◇ |

2007年12月11日(火) ◇ 湯木佐知子 (考えたこと)

 船場吉兆の記者会見、唖然としました。湯木佐知子取締役が、生プロンプタ状態で、「頭が真っ白になっていて」と、湯木喜久郎取締役にささやくという、なんじゃこりゃな記者会見でした。
 組織ぐるみでやっていたコトを全部認めて、物販事業からは完全撤退して、湯木佐知子取締役以外の、湯木正徳社長、長男喜久郎取締役、次男尚治取締役は、辞任ということですよ。

 あれ、喜久郎取締役に耳打ちしてた、湯木佐知子取締役は、辞めないのですか?。

 なんかおかしいな?と思いつつ、ワイドショーをザッピングしてると、スッキリで、テリー伊藤が、「あれは嘘泣き、0点、最低の会見」っていう風に言っていました。
 まぁ、普通に考えても、湯木佐知子取締役が、食品偽装を指揮していたか、黙認していたんだろうから、この湯木佐知子取締役が残るって事は、食品偽装の大本の一族支配が変わらないという事と思います。

 なんか、食品偽装の一番の責任者の湯木佐知子取締役が会社に残るのって、全くおかしいですね。それで、反省してるとかいっても、ちゃんちゃらおかしいですね。それでいて、指示に従った、物販部門のパートの皆さんは、職を失うわけでしょ。
 普通考えて、湯木佐知子取締役が辞めるのが、最初なんじゃないでしょうか。
 食品偽装で美味しいところを一緒になって吸っていた一番責任のある人が辞めないで、トカゲの尻尾切りで人を切る。
 そんな、船場吉兆の体質が、はっきりした記者会見でしたね。
 船場吉兆は、料亭を復活させたいみたいですが、あんな湯木佐知子取締役がやってる所に、接待でも何でも、人を連れて行こうっていう気になるんでしょうかねぇ。というか、あんなコトをやって高級料亭を復活させようっていう湯木佐知子取締役は、頭がどうかしてるんじゃないかと思います。
 普通に考えれば、湯木佐知子取締役は、料理業界から引退するしかないと思います。
スポンサーサイト



  1. 2007/12/11 (火) 09:58
  2. | トラックバック:6
  3. | コメント:2
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads