FC2ブログ
| ◇ |

2007年12月06日(木) ◇ 金八先生が嫌い (考えたこと)

 一番嫌いな芸能人は、武田鉄矢ならびに、金八先生です。
 大抵、同世代の人たちなんか、教育ドラマの代表みたいに見ていて、金八先生好きみたいに見ている人が多いみたいですが、私は、金八先生=武田鉄矢が、大嫌いです。

 何が嫌いかって言うと、まず一つ目は、武田鉄矢の髪の毛が長かったこと。今は、割合とまともな髪型ですが、昔の金八先生は、めちゃめちゃな長い髪でした。
 大体、子供に教育をするわけで、そういう人が、あんなに長い髪でいること自体が、模範になれていないわけです。いや、髪が長いのは、フォークシンガーならいいと思うんですよ。
 でも、学校の先生のクセに、あんなに髪が長いのは、絶対におかしいです。その上、説教までするんですよ!。自分は、あんな髪長くしていて、何、人の模範みたいな説教垂れているのか、全然先生としての姿になってないですよ、金八先生。
 水谷豊が、熱中時代っていう先生モノをやって、その受けがよかったので、そのパクリで、金八先生をやったと、当時も見ていたのですが、水谷豊は、立派でした。少なくとも、あんな金八みたいな長い髪で、見苦しい姿になることは、絶対にありませんでした。

 二つ目。武田鉄矢自体の人格が、大嫌いなのです。武田鉄矢の人格全否定、それに近いですね。「母に捧げるバラード」とか、実際の母親まで持ち出して金儲けにしようっていう根性が嫌いです。
 あと、武田鉄矢自体が、傲慢極まりない人間なのに、自分が謙虚な人間みたいに言ってるでしょ。あれが、嫌なのね。
 松山千春みたいに、「自分と並ぶ歌手は、美空ひばりかな?。」って言って、自分は傲慢をギャグに変えちゃってるでしょ。あれは、逆に謙虚と思うんですよ。ギャグにしてる分。それに、松山千春は、歌手としての技術だけを、評価して言っているわけで、それ以外は、別に自慢してもいないのです。
 武田鉄矢なんて、歌手にしても、大して歌などうまくないのに、贈る言葉とか、真顔で説教みたいな歌を作って、お前に説教されたくないと思うんです。
 どれだけ、武田鉄矢が、人に説教できる人間じゃないのか、そこを言わないで、もう金八先生の役になりきって歌まで作って金儲けする、そういう武田鉄矢の腐った根性が嫌いなのです。

 武田鉄矢の嫌いなところ、三つ目。三つ目は、あの金八先生っていうドラマ自体、嫌いなのです。教師が、主役になること自体、おかしいんですよ。どんなに教師が、良かろうと悪かろうと、大体、生徒なんて変わりようがないし、教師は、教師としての役割をしているだけで、それ以上でもそれ以下でもないんです。
 なのに、武田鉄矢の腐った三文芝居、長台詞で生徒感動、問題解決なんて、ありえないし、まるで、水戸黄門みたいな予定調和で、糞なんですよ、糞。
 人という字は、人と人が、支えあってるでしたっけ?そんな糞台詞もありましたか、あれは、しわとしわを合わせて幸せみたいな低次元の話ですよ。
 世の中なんて、金が全てなんですよ。金が。金で買えないものなんてないんですよ。そんな世の中をまるで、穢いものみたいに言い放つ金八先生。
 「金八先生が、公務員で一番収入が安定した仕事を選んでるんじゃない。」って思いますよ。
 一番穢いのは、自分を含めた世の中なんですよ。そういう自己認識がない金八先生に、愛とか、友情とか、そういうものを語って欲しくないし、語る資格もないと思います。
 金八先生には、「俺は、金が安定してるから、公務員の先生を選んだ。世の中は、金だよ。」って、まず、生徒の前で言ってもらいたいものです。そこの所、無視して、何説教垂れてるのかと、白けるし、無意味だと思うのです。

 長くなりましたね。とにかく、武田鉄矢が大嫌いです。
  1. 2007/12/06 (木) 16:29
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:18
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads