FC2ブログ
| ◇ |

2007年08月20日(月) ◇ 解離性障害 (スポーツ)

 今度の朝青龍の病名は、「解離性障害」だそうです。
 っていうか、朝青龍の病名が変わり過ぎじゃないかと、みんな思うんじゃないでしょうか。最初の病名は、神経衰弱及び抑うつ状態。次は、急性ストレス障害。今度は、解離性障害。
 診る医者によって、精神科っていうのは、違う病名が付く病気なんでしょうか。

 ブログライブが、朝青龍の病名をつければ、「不満病」と思います。

 朝青龍は、「俺は横綱だし、先場所だって優勝してるんだから、巡業を仮病で休んで、モンゴルのためにサッカーしたくらいで、2場所も出場停止かよ、俺が相撲界を支えてきたのに、相撲協会の仕打ちは酷すぎるよ。酷いよ、日本人。」位に本音は思ってるのでしょう。

 だから、記者会見や外出しちゃうと、本音が出ちゃうんで、ずーっと、自宅に引きこもっているのでしょう。この本音が口から出たら、決定的に相撲界から追放させられちゃいますから。
 朝青龍が帰国した時の不満そうな顔が、今回の騒動についての本音を語ってると思います。
 朝青龍が本音を我慢してるうちに、「この畜生、相撲協会の馬鹿が。」みたいな怒りが、訳判らなくなって、精神に異常をきたしているのでしょう。

 にしても、モンゴルの国民感情とか考えると、このまま長引かせる訳にもいかないんじゃないでしょうか。一応夏巡業やってる間に、帰国を許しちゃうのは、協会のメンツで許せなくても、夏巡業が終わったら、国に帰してもいいんじゃないでしょうか。
 また、モンゴルに帰ったら、明るい元気な笑顔の朝青龍にすぐ戻ってしまうことがあっても、この日本での謹慎は、お灸になったんじゃないでしょうか。
 モンゴルに帰せば、「やっぱ、やばかったな」と冷静に反省するんじゃないでしょうか。
 ここら辺りで、相撲協会も折れて、朝青龍の謹慎場所に、「モンゴルの自宅での謹慎」も加えていいと思います。
 そもそも2場所出場禁止という根拠だって、あんまり無い訳だし、温情という事で、朝青龍のモンゴル帰国を許可すれば、今回の騒動にケリがつくと思います。
  1. 2007/08/20 (月) 20:46
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads