FC2ブログ
| ◇ |

2007年07月15日(日) ◇ 野口健さん (エコ)

 野口健さんのホームページを見たら、東京電力やコスモ石油が、野口健さんの活動を応援していました。
 東京電力とかコスモ石油が、野口健さんを応援する理由は、これらの企業が、環境を大事にしている企業であるという情報操作をするためです。

 元々、石油会社や電力会社は、石油を採掘して発電して利益を得て、同時にCO2を大量に排出している企業です。野口健さんは、その広告宣伝費で登山をしています。
 野口健さんは、それら企業の広告に出て、情報操作に協力しているという意味では、一緒に地球環境を壊しているのだから、地球環境を語る資格があるかどうか非常に疑わしいと思います。

 そもそも、登山なんて無意味な事は、地球環境のためにはしない方がいいのです。
 環境を守るためなら、人間が生活するために不要な山には入らなければよいのです。
 登山家と称して、普通の人間が生活する以上にたくさんの資源やお金を使って登山すること。
 そのこと自体、環境破壊を拡大することですから、登山家という人は、最初から間違っているんじゃないかと思います。

 野口健さんは、清掃登山という山をきれいにする為に登山するという活動をしているそうですが、それは、過去の登山家が悪いのです。
 捨ててしまったゴミは、拾いきれませんからそもそも捨てないこと、もっと言えば、モノを持って山に入ること自体が、環境を壊すおそれがあるのです。
 ですから基本をいえば、登山しないことが大事と思います。

■野口健 公式ホームページ
http://www.noguchi-ken.com/
スポンサーサイト



  1. 2007/07/15 (日) 15:39
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2007年07月15日(日) ◇ マックフルーリー ストロベリー&オレオクッキー (食べ物)

 マックフルーリー ストロベリー&オレオクッキー(190円・インターネットクーポン使用。)を頂きました。

 マックフルーリー ストロベリー&オレオクッキーの330円という価格を聞いて、食べるの止めよう、と思ってたのですが、クーポンを見つけて、これが適正価格じゃんと思いました。
 一物二価というのか、コストに煩いお客だけ値引いて、そうでないお客からは、ずっと高い定価で販売しますよという、マクドのクーポン戦略は、最新のマーケティング理論に基づくモノか知りませんが、かなり合理的だと、改めて思いました。

 上ブタを開けてみると、ぎっちり中身が入ってて、心の中でニッコリ。ただでさえ、ボリュームのあるマックフルーリーですから、この量の満足度合いは凄いものでしょう。

 この前食べたマックフルーリーキットカットや、マックフルーリーオレオでは、ふたの色が透明でしたが、マックフルーリーストロベリー&オレオクッキーでは、ふたの色が白色です。
 トッピングの量が増えたので、良く混ぜられるように、ふたを強化して、結果、たくさん中身を入れられるようになったのでしょう。

 うまいです。うまいうまい。なんていうのか、テンションが上がる単純な美味しさです。オレオもストロベリーのトッピングも、飾りではなく、かなり大量に入っているんだと思います。中身まで、全部同じ味。
 深みを感じるものではないのですが、もうなんていうか、ファーストフードのスイーツとして見ると、最大公約数的な、甘くてスウィーティで、それでいてガッツリ量もあって、ちょっと安っぽいといういい感じに仕上がっています。
 これだけの量の脂肪を食べたのかと思うと、ぞっとするくらいの量だし、それが自虐的に美味しいです。基本アメリカンなテイストを感じつつも、日本人に合う味のソフトだと思います。
  1. 2007/07/15 (日) 00:00
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads