<< 前の記事 | ◇ |

2007年07月31日(火) ◇ エンゼルフレンチ (食べ物)

 ミスタードーナッツのエンゼルフレンチを頂きました。

 エンゼルフレンチ、美味しいです。軽くて、さくっとしていて、ふわっとしている感じです。

 これで、100円なら適正価格かなと、30%割引のチケットが、ミスタードーナッツのチラシに付いていますから、実質70円だと思うと、安いと思います。

 エンゼルフレンチは、さすが売れているミスドだけあって、なかなか工夫をしているドーナッツと思います。これだけうまくて安ければ、クリスピークリームドーナッツが、話題になってても、そうはミスドは負けないと思いました。
 これだけミスドが、ドーナッツに工夫しているのに比べると、ミスタードーナッツの麺類とか、肉まん類は、力が入ってないせいか、不良品騒ぎが相次いだり、ミートホープの肉も入ってたりと、やらなくてもいいのではと思いますが、やると儲かるので、やっちゃうのでしょうなぁ。
  1. 2007/07/31 (火) 11:32
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007年07月30日(月) ◇ 上地雄輔さん (考えたこと)

 フジテレビの27時間テレビで、面白かったところをピックアップ。

1、サッカー日韓戦の途中で見た、ネプリーグのキムタクの「いずのおと」。
 「古池や 蛙飛び込む」の続き、五文字は何か?という問題で、(正解は、「みずのおと」。)木村拓哉さんが1文字目を間違い、「ずのおと」という誤答。ふるいけや~って言ってるんだから、もう一回、いけ→「いずのおと」ってのは、なかろうと思いました。
 国民的アイドル・キムタクが、常識問題で想定外の誤答をして、場が静まり返り、微妙な空気になってるのが、可笑しかったです。
 木村拓哉さんの言い訳で、「芭蕉派じゃない」っていうのも、ナイスでした。

2、日曜日の朝、ヘキサゴン生スペシャルでの上地雄輔さんの誤答連発。
 あんなボケは、放送作家が書けない、というかお笑いのセンスで、あんな斬新なボケができるなら、上地雄輔さんは、大天才です。
 「アルファベットを全部いってみ?」という質問に、
上地雄輔さんは、「A B C D E F G H I J K Who are you?」で大爆笑。
 「海にいる気持ち悪いものは?」という問題に、上地雄輔さんの答えは、「ふなよい」。これも、誰も考え付かない回答で、大爆笑。
 横浜高校で、松坂大輔とバッテリーを組んでいたという上地雄輔さん。真剣で、かつユニークな発想に、久しぶりに心の底から笑わせていただきました。
 27時間テレビのMVPを選ぶなら、間違いなく上地雄輔さんです。

3、フジテレビの本田 朋子アナが、マキアージュのinfoCXで、ピンクの口紅をつけた唇をとんがらせて、何度も投げキッスをするCM。
 これは、日曜の午後3時半頃だったかなぁ、ぼーっと見てたら、素人っぽい若いかわいい女の子が、小芝居をして、チュッチュッ、チュッチュッ、チュッチュッ、とカメラに向かって投げキッスを連発してました。
 正直言って、ハート(注:自主規制)が熱くなっちゃいました。カワユイ。
 で、ネットで調べたら、フジテレビの売り出し中の女子アナ、本田 朋子アナと判明。もはや、アイドルだなぁ、このカワユサ。フジのアナウンサーと言われると、ここまで進化しているのかと、アナウンサー臭が微塵もしませんから。
 アナウンサーって、会社員ですよ、会社員。なんか、業務命令に、投げキッスが含まれているフジテレビもすごいけど、ああやって、アイドルより上手にこなしちゃう本田 朋子アナも凄い。
 このCMは、Youtubeでも探したんですが、見つからないし、一回限りですかしら。

 この「いずのおと」と「ふなよい」と「本田朋子」の3箇所位かなぁ、面白かったのは。全体としては、ボーリングとか、いいともとか、慎吾ちゃんの衣装替えとか、グダグダ感が漂っていました。
  1. 2007/07/30 (月) 16:49
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

2007年07月30日(月) ◇ 小沢一郎 (考えたこと)

 参議院選挙が終わった。小沢一郎民主党代表が、選挙特番などに、健康問題を理由にして、一切出演していないし、記者会見もしていない。

 なるほどと、思った。今回の勝因は、安倍総理の自滅、要は、アンチ安倍。汚職を問われた閣僚の自殺、閣僚の繰り返される失言、年金問題、事務所費問題、格差問題等、自民党にNOを思う人が、民主党に投票したからで、民主党が評価されて、勝ったわけではないから。
 今回の勝因を、そう分析すれば、黒子の様に小沢代表の笑顔が見えない方が、都合が良い。
 小沢代表の笑顔がなければ、画的には、安倍総理の苦悶する顔が表すものは、「自民惨敗」で、「民主勝利」とはならない。

 民主党が、勝ったという印象を与えなければ、自民党が負けても、安倍総理が反省していないという印象が際立つ。そうすれば、まだまだ、民主党への風につなげられる、次の衆議院選挙まで、引っ張らないといけないという戦略なのだろう。

 点を取ろうとするのではなく、じっと我慢して、相手が失点に繋がるミスを起こすのを待つというのが、小沢流。民主党が勝ったという印象を与える画を作らせないという小沢代表の戦略は、いかにも小沢流の真髄と思う。
  1. 2007/07/30 (月) 13:16
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007年07月30日(月) ◇ すいか (食べ物)

 スイカを頂きました。英語だとウォーターメロンなんて言ってますけど、スイカの方がおいしそうですよねぇ。

 日本の夏の果物シリーズ3弾。桃、メロン、に続いて、スイカですよ。スイカ。しゃきっとした舌触り、滴る果汁、スイカの香り、普通のスーパーで買うスイカなんですけど、うまいです。美味しいです。
  1. 2007/07/30 (月) 09:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007年07月29日(日) ◇ 八王子花火大会 (FinePixF30)

 八王子花火大会に行き、FinePixF30で撮影してきました。
 富士森公園の坂上のデニーズ近くから、富士森公園にちょっと入った辺りで、撮影しました。

 八王子花火大会では、富士森公園野球場と、富士森公園陸上競技場で打ち上げしてて、球場か、陸上競技場の中に入れば、真上に花火を見られるのですが、入場開始時間が1時と早いのと、一杯になったら入場できなくなります。花火を撮影するのに近すぎると、画面に入らなくなるんじゃないかと思います。
 撮影日は、2007年7月28日です。

 花火の撮影は、難しいです。

 最初は、花火モードに合わせて撮りましたが、ISOをオートでしか設定できないので、シャッタースピード優先にかえたりしました。

 4秒~1秒の間、ISOは、100から200位の間を行き来し、ISO100、1~2秒が多いです。

 花火の光の強さ、夜空にとどまっている時間の長さは、考えていたより、花火によって違うせいで、アップしていませんが、白っぽく煙っぽくなってしまう写真も多かったです。

 ISO100が適性ぽいので、あとは、光が留まる時間からシャッタースピードを考えて、光の強さから、露光を調整して、こうなるだろうと予測して、被写体が見える前にシャッターを切りました。

 同じ系統の花火が、何発か上がることが多いので、音と光の時間差から光るタイミングを予想して、何も光ってないところにシャッターを切ったり、シャッタースピードを調整したりと、運の要素がかなり強いと思います。

 プレビューを見ては、シャッタースピードを変えて、じゃんじゃん撮ってるうちに、メモリが一杯になってしまって、花火の間に、サムネイルを見て、何も写っていないのを消しながらとか、結構忙しい。

 FinePixF30だと、電池が心配になることはなかったです。電池の持ちは、ものすごくいいですね。1時間半くらい電源を入れっぱなしにしても、全然平気。

 あと、高感度モード(ISO400以上)は、使わないです。花火って肉眼でしっかり見える位、光の量があるのと、シャッタースピードを上げちゃうと、光の点になっちゃうので、感度は上げられず、シャッタースピードは、1秒から4秒くらいにせざるを得ないです。

 ということなので、三脚は必須。機械式手ぶれ補正、CCD移動式手ぶれ補正は役に立つかもしれません。

 激しく光って、色も鮮やかっていう花火が、白っぽく撮れちゃっていたのは、露光をいじらなければいけなかったのかなと、反省しました。

 2007年の八王子花火大会は、終わり。人出は、そこそこでしょうか。八王子花火大会では、駐車場は確保するのが難しいようで、電車で来て、駅から歩いて来てる人が多いようです。
 3千発と、少なめの玉数かもしれませんが、打ち上げている場所の近くに、わりと簡単に行け、手軽に見た目大きな花火が見られる、八王子花火大会には、そんな魅力があります。
 この日は、立川の昭和記念公園で花火大会があったり、隅田川花火大会があったりしたようで、同じ日にやらなくてもいいのにと思います。八王子花火大会と別の日なら、立川とか、隅田川も見に行きたかったです。なぜ、一緒にやるのでしょうか。

 隅田川花火大会だと、夜景で川と橋が一緒に撮れれば、その場所っていう画になるでしょうが、八王子花火大会だと、ちょっと、難しいのが残念です。

 初めて花火をFinePixF30で撮ったのですが、シャッターを切ってから、実際に露光されるまでのタイムラグとか、花火撮影の経験にはなったと思います。
 8月には、東京湾大華火祭にも行き、撮影したいと思います。
  1. 2007/07/29 (日) 08:07
  2. | トラックバック:7
  3. | コメント:5
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads